--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/06/09

「リコール(無償修理)のお知らせ」

今日、カワサキさんから封書が届きました。

「リコール(無償修理)のお知らせ」

「リコール(無償修理)のお知らせ」

ご丁寧にありがとうございます。

なになに。
前照灯と燃料タンクとECU・転倒センサと電気配線の点検と、必要によって別途部品交換とな。
対象モデルは2008~2011年モデルのD-TRACKER Xですか。
あと、アンケートのお願いってのも書いてありますね。

・・・
カワサキさん。。。
遅い。
僕、2年前にDトラX、手放しちゃいました。
そう。上に書かれているような症状で、もう僕自身が耐えられなくなりましてね。

好きなバイクでしたけどトラブルが怖くて、
年に17,000キロほど走る僕には、
このバイクは似合わないって判断してしまいましたよ。
もっともっと早くにリコールを実施してくれていたら、
カワサキさんに対する僕の評価も変わっていただろうに。


ま。でも。
こうやってリコールのお知らせを送ってくださるだけでもマシかな。
笑。

スポンサーサイト
カワサキ D-TRACKER X | Comments(0) | Trackback(0)
2011/06/05

あの~。ひとつだけツッコミ入れさせてください。

僕、DトラッカーXを2年前の7月に手放しましてね。
その時のブログは さよなら、D-TRACKER X をご参照ください。

あれは確か。。。DトラXの走行距離が1万キロを越えたあたりから、いろいろ出てきたと思うのです。
・えげつないオイル漏れ。
・ライトがすぐ切れる。
・インジェクションの調子がおかしい。

えーい!もう、こんなバイクいらん!
ちょっと感情的になってしまって、彼女とはお別れしてしまったのですが、
今思えば、いい子でしたよ。
乗り味的には素直でしたしね。
でも。まぁ。人が別れを決意する時、たいがいこういったグズグズがあるものです。

別れて。もうすぐ2年になります。
で。
これよ、これ。
カワサキさんが5月末に告知したリコール情報。

リコール情報
リコール情報 : KLX250・D-TRACKER X (2011年5月30日届出)

ちょっと一部分を転載させていただくと。

1.前照灯において、電球用電気配線及びメインハーネスの配索が不適切なため、電球の端子とソケットの端子が接触不良となるものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、当該端子間の電気抵抗が増大して端子の温度が上昇することにより当該端子や電気配線が損傷し、すれ違い用前照灯または走行用前照灯若しくは両方が不灯となるおそれがある。

2.燃料タンクにおいて、取付け構造が不適切なため、燃料タンクと固定用ゴムダンパの間に隙間が生じ、防振効果が不十分となる場合がある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、振動により燃料タンク取付け箇所溶接部に亀裂が生じ、最悪の場合、燃料が漏れるおそれがある。

3.燃料噴射用電子制御コントロールユニット(ECU)及び転倒センサにおいて、ECUと転倒センサ間の電気配線の防水対策が不十分なため、洗車時または雨天走行時の被水により水が当該電気配線内を伝わり、ECU及び転倒センサと電気配線の接続部に浸入する場合がある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、当該接続部の端子が腐食して導通不良となり、最悪の場合、エンジンが停止するおそれがある。

4.ECUに接続する電気配線において、配索が不適切なため、当該電気配線がフレームパイプと接触する場合がある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、電気配線の被覆が摩耗し、芯線がフレームパイプと短絡し、最悪の場合、エンジンが停止するおそれがある。


1.と3.は、僕が乗っていたDトラXでも症状がみられました。
要は組み立てが粗い、ってことじゃないのですかね。


そして。
ここが一番ツッコミたいところ。
リコール対象車の製作期間。

平成20年1月26日 ~ 平成23年4月27日

これって、発売されてから今までずっとじゃん。
3年と3ヶ月。
何とも言えませんが。
こういうところにその企業の見えない社風とかが出てくるんだろうなぁと思いました。

ま。いいように考えれば。
遅くなってもこうして、ちゃんとリコールとして発表してくれたところ。
きっと正直な会社さんなんだなぁと、思えないこともない。
うん。
笑。


2008年7月撮影。

DトラX

故障さえなければ多分もっともっと。行けるところまで乗り続けていたバイクだと思います。
カワサキ D-TRACKER X | Comments(0) | Trackback(0)
2009/07/04

さよなら、D-TRACKER X 

今日も、昨日と同じ症状が起きまして。
こう、引っ張るとトルクがついてこない、ってやつ。
なので、意を決してバイク屋さんに行きました。

ちょうどメーカークレーム対応で処理してくれる水温センサーの新品が到着しましたので、
それと代えてもらう作業云々。
↑をしている間に。
いろいろ考えまして。

DトラXちゃんとサヨナラすることにしました。
一年間、お疲れ様。

DCF_0414.jpg

DトラX、気に入ってたんですけどね。
ぼく、毎日の距離が50km弱乗りますので、いつ故障するか分からない、っての
それがすごくストレスになるのです。

結局、1万4000km強の走行距離。
ライト交換2回。あとオイル交換くらいでしたかね。
ぼくが自費で支払ったメンテ代。
あとの
 ・エンジンの極端なオイル漏れ
 ・インジェクションランプの点灯→インジェクション部分、ハーネスまで交換
 ・水温センサーの交換
といった大掛かりな修理はすべてメーカークレーム対応でした。

ほんと、いいバイクなんですよ、こいつ。
低速は粘らないけど、非常に扱いやすい。
よく曲がるし、エンジンも丈夫そう。
一度DトラXで、芦屋→姫路→守口と高速で移動した時も、
バイク自体はへっちゃらでしたしね。
人間はしんどかったですが。

このジャンルのバイクでは珍しくタコメーターもついていますし。
んで燃費も普通に走ればリッターあたり30kmくらいは走ります。
ガソリン警告灯はおおよそ165~175kmを越えたあたりで点灯しますし。
ま、航続距離は200km以上は固いバイクです。

ブレーキもよく効きますしね。
タイヤは、雨の日は滑りやすいかな。

などなど。

いいバイクだったんですけど。
しかし、ほんといろいろ考えまして。
やっぱり安心して乗れるバイクがいい、と。

結果、ローン残高増えましたけどね。
ま、これからしっかり働いて、少しでも前倒しして払えるよう頑張りたいな、とか。


ああ、なんてテンションが低いんだぁ。。。
こんな複雑な気持ちでバイクを乗りかえるの、初めてかも。

そもそも。
結構、ぼくはバイクに愛着を感じる人でして。
ジョルカブを売る時なんて、マジで泣きましたしね。
何とか2台持つことも考えたのですが、
ぼくの元で乗る率が減るくらいなぁ、毎日乗ってもらえる人に引き取ってもらった方が
ジョルカブのためだ、とか思っちゃいまして。
お別れの日、泣きながらバイク屋まで乗っていった記憶があります。

本当はDトラXも、5年くらい乗って。
そうですね。走行距離が7万キロくらいまで行って、
「おお、7万キロ越えちゃったよ~」とか言ってみたかったのですが。

一年じゃ、こいつ、仕事したって感じじゃないですね。
面接の時、優秀だと思って採用した新人の子が
会社の雰囲気に合わなくて、すぐ辞めた。
そんな感じでしょうか。
だから、ありがとうとか言えないなぁ。


えっと。
これ以上書くと、もっとテンションが落ちそうになるので。

次に乗るバイク。
そう。長いローンを組んでしまったバイク。
それはこいつ↓

wr250x_001_800.jpg

やっぱり、ヤマハのバイクに乗ってきた者としては、ヤマハに帰るべきかな、とか。
きっと、ぼくはカワサキの匂いが合わなかったんでしょう。
そう思うようにします。

え~。
今回、08年型DトラX(走行距離14,000キロ強)を25万で下取り。
↑通常はこの年式と距離だと20万らしいのですが、今回いろいろご迷惑をかけたので…らしいです。
ぼくとしては想像していた額なのでOKかな、と。

で、09年型WR250Xを10%引きしておおよそ63万円。
その他諸経費云々を入れて。
あ、そんであれです。
今回、ついでだしメットも新調したのですよ。
アライのモタード用のやつ。43,000円以上するやつね。
あれを値引き交渉して税込30,000円にしてもらいました。
これは安い!って思いましたね。はい。

で、トータルの出費70万くらいですかね。
それにDトラXのローンの残高とかありましたし。
結局は、ぼくは大損してはいるのです。
ま、それより安心して乗れるバイク、ってところでしたので。

などなど。

納車はうまくいけば次の土曜日。
それまでは、代車を借りることにしました。
代車は↓ アドレスV100です。

DCF_0415.jpg

一見、ボロボロですが、これがまたよく走る。
さすが名車と言われるだけのことはあるな、と思いました。
はい。
カワサキ D-TRACKER X | Comments(4) | Trackback(0)
2009/07/03

うちのDトラXちゃん、今度は。。。

おとといくらいから、また調子が微妙に悪いみたいです。
そう、この「微妙」ってところがポイント。笑

えっと、遅い車を追い抜こうと、4速くらいでアクセルをグイッと回したのですが、
エンジン回転数が5,000くらいから、約2秒ほど伸びません。
これって毎回じゃなくて時々なんですけどね。
なんかつまったような感じとでもいうのでしょうか。

最初この症状が起きた時、ヤバっ!エンジン止まるかもって思いましたもん。

多分、これ、インジェクションのせいなんでしょうかね。
誤作動ってやつでしょうか。
今日の帰りでも起きたし。

うーん。。。もう、よくわからん。
しらん!
って感じ。

ま、それでも走れますのでね。
ちょっとまたバイク屋に相談しに行こうと思います。


で、思ったのですが。
もしかして、D-TRACKER Xは本当は
アイドリング時のエンジン回転数、1,500回転くらいが正解なんじゃないかな、と。
うちのDトラXは、高い時は2,000回転前後から落ちない(ってのも不具合なんだけど)のですが
通常は、1,200回転前後なんですよね。
ちょっとこれ低いのかも、って思うようになりました。


っていうか。
普通に乗れるバイクであれば、何だっていいんですけどね。
ホントに。。。
よーわからんバイクです。
はい。



マジでWRに乗りかえたろかな。。。
カワサキ D-TRACKER X | Comments(0) | Trackback(0)
2009/07/01

DトラッカーXのライトに水が入り込む件。

DCF_0411.jpg

これですね。笑

今日のお昼。バイク屋さんから電話がありました。
カワサキの営業さんに聞いてみたそうです。
で、返事。

「仕様だそうですぅ~」

あははは。
あはは。
あは。
笑。


えっと。
ヘッドライトで反射板などが熱くなりすぎて焼け付かないように、
あらかじめ、いくつかの空気穴を空けているそうな。
なので、結露とか起きても仕方がない仕様だそうです。

で。
それだと、ヘッドランプ(ぼくは豆球と呼んでいる)が割れないのですか?
となる訳ですが、
「割れることはない程度に空気穴を空けている」そうな。

となると。
ぼくのDトラッカーXちゃん。
買って一年の間に2回、ヘッドランプを交換しているのですが、
あれ、寿命ってことですかね???
笑。

とりあえず。
ひとつだけ確信して言えること。
バイク便や毎日の通勤などで雨の日などにもバイクを乗られる方。
DトラッカーXはその用途に向いていないようです。
はい。



ちなみに。
アイドリング時のエンジン回転数が下がらない件。
これ、メーカークレームで温度センサーを交換してもらえることになりました。
いくつかカワサキさんの方にも事例が届いているようです。



カワサキさん、おもしろいメーカーですね。
なんというのか。とても人間味のある、というのか。

ぼくはこれからどうDトラXちゃんと付き合っていこうか、
考え中です。
はい。

いや、ほんと。
面白いメーカーだこと。
これなんでしょうね。
カワサキ車が愛される理由。(←違うと思うけど)
ぼくもカワサキさんに対して、よくも悪くも親近感を得ましたもん。


んで、バイク屋さんに
「これからたびたびヘッドランプが切れる可能性も考えられますので、対策を考えないと。。。」
と言われました。
対策って言われてもねぇ。
雨の日も乗るし。
もう、ヘッドライトの周りだけ、ビニールかなんかで覆ったろうかな、とか。
なんと、人間的な、アナログライクな対応策。笑


えっと。
部品が入り次第、バイク屋さんに行くことになっていますので、
また、ここで報告したいと思います。
はい。
カワサキ D-TRACKER X | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。