--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/07/13

XT250XとDトラッカーXとWR250Xを簡単に比較してみた。

ま、多分3台とも自分のバイクとして所有した人ってそうそういないと思うので。
この経験を少しでも皆様のお役に立てていただけたら、と。笑

えっと。
XT250Xはキャブ版。2006年の5月に新車で購入。

114735471312901.jpg

初期ロット版だったと思います。
2008年6月まで乗っていました。
距離は3万2千kmくらい乗ったかな。
ポジションの窮屈さに耐えられなくなって、DトラXに乗りかえました。
大きなトラブルはカムがグシャっとつぶれて、エンジンが止まった→1ヶ月ほど入院
くらいでしたね。笑

DトラッカーXは2008年6月から2009年7月初旬まで乗っていました。
これも2008年度版(多分初期ロット)新車で購入。1万4千km走りました。
尋常ではない量のオイル漏れやインジェクションのトラブルが多発しまして、
結果、売りました。笑

image6994199.jpg


WR250Xは2009年度版。2009年7月11日から乗っています。
ただいま240kmほど走行。
これも新車で購入。

DCF_0424.jpg


あ、便宜上、DトラッカーXの名称を型名のKLV250と記しています。

========================================
■ライト
XT250X ★★★★☆
KLV250 ★★☆☆☆
WR250X ★★★★☆

 DトラXはただでさえ暗いのに、ライトの形状のせいか光が伸びない。
 一点に集中するという感じ。
 09年版KLX250のヘッドランプに交換すると明るくはなったが、
 一点に光が集中して伸びないのは変わらなかった。


■足つき
XT250X ★★★★★
KLV250 ★★★★☆
WR250X ★★☆☆☆

 ぼくの身長は177cm。
 XT250Xは窮屈。膝が曲がりすぎる。
 DトラXはちょうどいい感じ。両足がベタッとかかとまで着く。
 WR250Xは両つま先なら着く。


■音の静かさ
XT250X ★★☆☆☆
KLV250 ★★★★★
WR250X ★★☆☆☆

 DトラXは時々エンジンが止まっているんじゃないか、と思うほど静か。


■伸び
XT250X ★☆☆☆☆
KLV250 ★★★☆☆
WR250X ★★★★★

 実際、DトラXとWR250Xでもこれくらい違うと思った。
 それほどWR250Xはよく伸びる。


■小回り
XT250X ★★★★★
KLV250 ★★★★☆
WR250X ★★★☆☆

 XT250Xは思い通りに操れる感がある。
 DトラXもXT250Xまでとはいかないけど、クイックイッと曲がれる。
 WR250Xはちょっと次元が違う気がした。


■一体感
XT250X ★★★☆☆
KLV250 ★★★☆☆
WR250X ★★★★★

 WR250Xはバイクと人間がフィットする感じ。
 だからユーターンをする時も、人間とバイクが一体となって曲がるって気がする。
 XT250Xはその小ささから、人間が完全にバイクを支配しているって感じ。
 DトラXは人間とバイクの間に若干の不安定さをワザと作り出していて、
 その不安定さゆえに小回りやユーターンがしやすくなっているって感じ。


■燃費
XT250X ★★★★★
KLV250 ★★★★☆
WR250X ★★★☆☆

 XT250Xキャブ版はリザーブにいかない状態でも240kmくらいの航続距離が可能。
 だいたい燃費は平均32~35km/リッターくらいだった。
 多分リザーブまで使い切ると300kmくらいは走ると思う。
 DトラXはだいたい160~175kmくらいでガソリン警告ランプが点灯(残2.5リッター)。
 多分210kmくらいは平気で走ると思う。
 燃費は28~32km/リッターくらい。
 WR250Xは140kmくらいでガソリン警告ランプが点灯(残3リッター)。
 おそらく185kmくらいは走ると思う。
 今のところ燃費は26~28km/リッターくらいかな。

 →09年10月9日 追記
 WR250Xですが、ガソリン警告灯がつくの、たぶん残2リッター強ではないかと。
 今日、警告灯がついて2キロくらい走って給油したら、5.6リッター入りました。
 (この2回ほど、警告灯が点灯するのは160km越えてからです)
 ちなみに、最近のWR250Xの燃費は、28~30km/l です。
 夜、空いている道を走ることが最近多いので。


■シート
XT250X ★★★★★
KLV250 ★★☆☆☆
WR250X ★★★★☆

 ま、どれもオフロード系なのでお尻は痛くなりやすいと思うけど、
 ぼくはDトラXのシートが一番、お尻が痛くなりやすかった。
 結構硬いんですよね。


■タンデム
XT250X ★★☆☆☆
KLV250 ★★★★★
WR250X ★★★★☆

3台とも後ろに乗せたことのある友だち(小柄な女性)に聴くと、
だいたいこんな感想でした。


■高速道路
XT250X ★★☆☆☆
KLV250 ★★★★☆
WR250X ★★★★★

 XT250Xは90km/hを超えたあたりからうるさいです。
 110km/hくらいになると乗り手に余裕がなくなります。笑
 DトラXは90km/hくらいならごく普通。6速で6,000回転くらいだったかな。
 110km/hくらいから少し乗り手が怖さを感じます。
 120km/hくらいから乗り手に余裕がなくなると思う。
 (↑それくらい出した経験がないけど。あの感じなら)
 WR250Xはまだ慣らしの段階ですが
 6速・94km/hでもおおよそ5,000回転くらいだったと思います。
 あの音の感じだと。静かでした。


→追記 前にWR250Xのカテゴリーで書いた比較もここにコピペしときます。
■クラッチ操作
・XT250X 
 かなり適当でも大丈夫。粘りがすごくあるので、
 多少乱雑なギアチェンジでもエンストする恐れはありません。
 っていうか、このバイクにエンストって文字はあるのか?と思うくらい。

・DトラX 
 XT250Xに比べるとシビアですが、適度なギアで適度な速度、
 要はバイクに合った乗り方をすれば、とても綺麗に走れます。
 ただ低速を低回転で走るとスカスカ。フラストレーションが溜まりますね。
 全体的に6速以外はナローレンジです。だからギアチェンジの回数は多かったですね。
 そこが楽しかったりするのですが。

・WR250X
 全体的に多少無茶な操作でも大丈夫なようですが、
 元がえらくパワーがあるので、ギクシャク感は出ますね。
 でもね、DトラXに乗っていた時に比べて、ギアチェンジの回数はえらく減りました。
 どうも、頭打ち感があまりないバイクなので、ギアチェンジをするにも、
 「経験的に何となくした方がいいかな」って。笑

 09年10月9日追記
 WR250Xは、発進時の1速、ちょっとシビアです。
 XT250XやDトラXのようにはいきません。
 慣れるまで1か月くらいかかりました。
 今でも時々ギクシャクすることがあります。
 どうも、他のバイクに比べて
 クラッチ操作での許容範囲とでも言うのか、それがえらく狭い気はします。


========================================


ざっとまぁ簡単に3台の比較をしてみましたが、
ぼくの印象ではすべてにおいて、
XT250Xの1.2倍がDトラX。
DトラXの1.4倍がWR250X。
そんな印象を受けました。


もし、この3台の比較について、質問とかございましたら、何なりと。
バイクは乗るだけの素人ですが、答えられる範囲で答えます。
はい。

並べてみた

3台並べてみたら、こんな感じかな。


最後に。車に例えるなら(運転したことのある車から、何となく近いなぁと思えるもの)。
XT250X → マーチとかパッソとか。
DトラX → トヨタのイスト。
WR250X → 2,000ccクラスのBMW。
って感じかなぁ。

乗っていて乗用車っぽいなぁと思ったのはDトラXでした。
静かさとか乗り心地とか。フィーリング的には一番落ち着くバイクです。
等身大に一番近いバイクです。

XT250Xは、カブが250ccになったらこんな感じなのかなぁ、って。
道具というのか。スニーカーっぽい感じですかね。

WR250Xは、うまく例えが思いつかない。。。笑

そうですねぇ。
XT250Xが、何でも言うことを聞く、従順な女の子。でも芯が強い。
DトラXは、友だち感覚で楽しく付き合って、癒してもくれる、波長の合う女の子。
WR250Xは、北新地の高級ラウンジで働く、超べっぴんで頭のいい女の子。自慢できるけど、ちょっと緊張もする。

こんな感じかしらねぇ~。
笑。
スポンサーサイト
XTX DトラX WRX 比較 | Comments(44) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。