2011/09/18

久しぶりのLANZA

今日、うちのWRがタイヤ交換などなどで1時間半ほどバイク屋に預けることになったので、
その間、代車を借りました。
久しぶりのDT230 LANZAです。

DT230 LANZA

2年ちょっとぶりですね。
DトラッカーXのインジェクションのトラブルの時以来です。
距離は、44,721キロ。

DT230 LANZA

約2年の間に、シートもボロボロになっちゃって。

DT230 LANZA

このシート、バイク屋さんが言うには近いうちに取り替えるそうです。

久しぶりに乗ったのですが、
多分、WRに乗ってからは初めてのLANZAだったと思います。
跨った瞬間、ちょっと沈むなぁと感じました。
ウチのWR250Xは前後ともに2cmローダウンしているのですが、
それでも、サスペンションの沈み加減などでしょうか。
跨った感じはLANZAの方が沈む感じがします。

で。実際に乗ってみて。
ちょっとタイプが違いますのでね。比較しにくいのですけど。

ハンドルバーの幅、全く違和感感じなかったので、もしかするとLANZAとWR250Xは同じ幅かもしれません。
跨った印象は、さっきも書きましたが、LANZAの方が沈みます。
で、ポジションですが、若干LANZAは後に座った方がしっくりくる。
WRはもうちょいオフっぽく、前の方にカチっと座った方がラク。

あと、ブレーキは比較しちゃなんだけど、全然違いますね。

DT230 LANZA

フロント。

DT230 LANZA

リア。

やっぱディスク、小さいもん。
オフだしね。


ま。今回LANZAに乗って。
やっぱ2ストロークなだけあって、伸びますね。
でも、40馬力のLANZAと31馬力のWR250X。
スペック値の差は感じませんでした。
っていうか。
スピードメーターだけ見ると、WRの方がスピード出しやすい。



ま。そんなこんなで。
タイヤ交換などなどを経て、帰ってきたWR250Xとの2ショット。

DT230 LANZA

どちらも、ヤマハ250ccデュアルパーパスの一時代を担った、フラグシップモデルです。
カッコいいですね。
ヤマハ DT230 LANZA | Comments(0) | Trackback(0)
2008/04/12

代車・LANZA。

かれこれ代車・LANZAに乗ってもう4日目です。
まだ、相棒・XT250Xの修理、終わっていないようです。
電話一本もかかってきません。笑

えっとせっかくなんで、ちょっとしたLANZAの使用感を。
ひとことで言うと、『乗りやすい!』ですね。
もちろん、気になるところもありますけど、
とても完成度の高いバイクです。

身長が177センチのぼくにとっては、
まず、フルサイズなのが楽です。
XT250Xは、オフロードやモタードのジャンルだと、一回り小さい部類なのです。
ま、その分、グイグイ回せるし、小回りがききます。
乗っていて、ライダーが自由にコントロールできるバイクって感じです。
ただ、ちょっと窮屈でして、特に腰ですかね。
なんか無理している感じはします。
んで、足も曲げる角度が若干フルサイズより大きいので、窮屈な感じはします。
LANZAは、シート高が860mmくらい。
ぼくが乗ると、ちょうどいいくらいの足つきです。
(ちなみにXT250Xは790mm)

んでたぶんこのLANZAは、ハンドルバーをカスタムしていると思います。
若干狭いハンドルバーですね。
街乗り用にカスタムしていたんでしょう。前のオーナーさんが。

あと、燃費はいい方です。
今日、ガソリンを入れたのですけど、リッターあたり23~25kmくらい。
これはヤマハの今、イチ押しの4ストモタード・WR250Xと同じくらいだと思います。

6速ってのもポイント高いですね。
ちょうどいい具合に割り振りされています。
XT250Xは5速なんですけど、5速で走っていて、あとひとつ上にギアが入れば、って思うことがあります。
LANZAは6速あるので、XT250Xで物足らなかったところが補えるって感じでしょうか。
んで、パワーがあるので、6速で走っても充分加速します。

パワーはXT250Xが21馬力で、LANZAは40馬力ですね。
トルクもたしか3.4くらいはあったと思います。
XT250Xが2.1くらいだったので、やっぱり力強いですね。
感覚的に言うと、スズキのDR-Z400SMと似ているのかな、て。
ま、あれは5速ですから、操作感は違うんでしょうけど。

んで、気になるところは。
ま、シートがツルツルで滑りやすいってのもありますが、
一番はエンジンブレーキですね。
2ストだから、エンジンブレーキが頼りないです。
なので、こんな感じになります↓
 ・2ストなので馬力があって、加速がいい → スピードが出る
 ・停まろうと思ってギアを下げる → エンジンブレーキが頼りない
 ・前後のブレーキをグンと踏まないといけない
たぶん、このバイク、評判でブレーキがプアといわれるのはこの辺りが要因では、と思います。
ま、サスがオフの設定なんで、若干フワフワするのもブレーキの印象に影響しているのでは?って感じですけど。

あとは2スト特有の現象ですね。
エンジンの回転が低いと、若干ムラを感じます。
でも、回せば、モーターみたいに気持ちいいですし、静かです。

排ガスとエンブレと白煙が気にならない人にはお勧めです。
燃費もいいですしね。パワーもこのクラスじゃ最強だと思います。
あと、2スト特有の耐久性でしょうか。
ま、耐久性と言っちゃうと、3万2千kmで故障した
ウチの4スト・XT250Xはどやねん、て感じですけど。笑

とにかく、いいバイクです。
ただ、ぼく的には、エンブレが頼りないってとこが、どうもしんどい。
あまり前後のブレーキを使いたくないタイプでしたので。

以上、LANZAのインプレでした。笑
ヤマハ DT230 LANZA | Comments(0) | Trackback(0)
2007/04/30

DT230LANZA

image6194639.jpg


DT230LANZAに乗りました。

今日、我が愛車・XT250Xの定期点検があったので、レッドバロンさんに行ってきました。
あらかじめお願いしていた代車を借りることになっていたのです。
予約の電話を入れた時は「250のスクーター」と聞いていたのですが、実際に借りることになったのは、DT230LANZA。

「え、DTですか?」
「はい。ちょうどいいかな、と思いまして」
どうやら、レッドバロンさんに私はオフロード好きと思われているようです。
いや、実際にそうなんですが。

で、実際に乗ってみました。
あー。DT230LANZAとは、2ストローク単気筒バイクです。
もう売られていません。多分10年くらい前のバイクじゃないでしょうか。
距離は33,000キロほど乗られていましたが、ちゃんと整備されているようです。

いやぁ。いいですね。
なにしろフルスケールなのがいいです。
あとで調べてみたら、シート高が865mmなのだそうですが、
私が乗ってみたら、何とか両足がつく程度。でもほとんど気になりません。
乗ったときのポジションもとてもしっくりきます。
多分私の体格だと、これくらいが一番いいんでしょうね。
XR250に跨ったときもそう思いましたし。

で、走ってみた感想は。
やっぱりいいですね。確かに低速時には2ストロークのせいか、スカスカ気味なのですが、ちょっとスロットルを回すと、伸びる伸びる。

そうですね。
スロットル回した感覚だと、だいたいXT250Xよりも10~15キロは上乗せしている感じです。
そこそこスピードを出していると、おそらく4ストロークのXT250Xより静かかもしれません。

今日は約50キロの距離を走ったのですが、燃費は街乗り中心で26キロ/リットルくらいでした。

なんかそのまま乗って家に帰ろうかなと思ったくらいです。

ただ気になるところも少しありまして。
いや、DTの乗り心地からすると些細なことなんですが。
まず、シートがすべる。なので体重移動するとき、ちょっとだけ怖い。
そして、2ストロークだから仕方がないのですが、白煙が出ます。
乗ってて、ちょっとだけオイル臭い。
あと、オフロードだからだと思うのですが、若干ブレーキに遊びがあります。
これは慣れたら気になりません。

いやぁ。
今度乗り換えるときは歳のことも考えて、また便利だし、250のスクーターにしようと思ったのですが。
これを乗っちゃうと、次はやはりハイエンドのモタードにしたいなぁ、と思いました。
足つきも、DTで大丈夫だったので、だいたいのモデルでも大丈夫でしょうし。

えーっと。とても端的にXT250XとDT230LANZAの乗り心地だけを比べて表現すると。
XT250Xは「ネバネバ」、DT230LANZAは「サラサラ」って感じです。
だから低速時はXT250Xの方が数段ラクですし、高速とか乗っているとおそらくDT230LANZAの方が数段ラクでしょう。

次乗るバイクはやっぱり今度出るWR250Xかな。
今日はホント、いい経験になりました。
レンタルバイクじゃなくて、代車でこういうのを経験できるというのは、とても得した気分です。
ヤマハ DT230 LANZA | Comments(2) | Trackback(0)
 | HOME |