2013/01/12

同じドコモでも。

先日、加入したIIJ mioのSIMは、結構使えましてね。
ブラウザをOpera miniにすると、公称128Kbps(実測は200Kbps程度)とは思えないほど快適なブラウジングができます。

今現在、僕が持つドコモのSIMは2枚。
1枚は去年の秋に契約したOCNモバイルエントリーdのSIM。
そしてもう1枚はIIJ mioのSIM。

モバイルエントリーdのSIMは、今、P-01Dに挿しています。こいつはFOMAプラスエリア対応。
IIJ mioのSIMは、もともとモバイルエントリーdを契約した際にキャンペーンでもらえたDELL VENUEに挿しています。こいつは残念なことにFOMAプラスに対応していません。

えっと。要は。
800MHzに対応しているのが、P-01Dで、
2.1GHzに対応しているのが、P-01DとDELL VENUEとなります。
あ。SIM自体はどっちも対応していますよ。
端末が対応・非対応ってあるのです。

そうです。この2機種は受信する周波数に差があるので、
同じドコモのSIMを挿しているのに、こっちは使えてこっちは使えないってのがあるのです。


いくつかの場所で試してみました。
今回画像は用意していませんが、まずウチの家。

これ、どっちも2.1GHzの電波を拾っているようです。
P-01DもVENUEも、同じ受信感度でした。
あとで出てきますが、受信感度を計測するアプリで計測すると、どっちも30%前後。


あと。高齢者マンションの1階。
これはね、VENUEが圏外になりました。
で、P-01Dはおおむね30~40%を行ったり来たり。
外に出るとVENUEもアンテナが立つので、
単に建物内で2.1GHzがはじかれただけなのでしょう。

あ。基本的に、2.1GHzの電波が届くところには800MHzも来ているようです。
800MHz単独はあっても、2.1GHz単独のエリアって
ドコモではないのかも知れません

推測です。もっと詳しい人が調べたら、あるかも。



で。これは画像ありなのですが。
どっちも来ていて、端末がそれぞれ違う周波数を受信しているのでは?ってところがありました。
ウチの実家近くの堤防です。

堤防


P-01D。

P-01D


VENUE。

DELL VENUE


この画像じゃ7%ほどの差なのですが、もっと差が出ることもありました。
堤防の辺は風が強いんでね。そのせいもあるかも知れませんが。

ただね。
この電波受信感度を計測するアプリ。
2台同時に使用すると、ほぼ同じ数値が出るんです。
P-01Dが30%って出るとVENUEも30%って。
もちろん800MHzしか届いていないらしいところだと、VENUEは圏外になるんですけど。

それがこの堤防の上で、初めて2台の数字にばらつきが出ました。
ということは、もしかしてここでは
P-01Dは800MHzを受信して、VENUEは2.1GHzを受信しているんでは、と。

まぁそれまでは、僕はてっきり。
800MHzと2.1GHzなら、2.1GHzが優先されて800MHzは補完的な役割をする、
って思っていたので、「へーっ、こんなこともあるんだぁ」と思ったわけです。



まぁあまりこんな実験をする人っていないでしょうから。笑
ちょい何かの参考にしていただけたら、、、と。
はい。
ドコモ2.1GHz帯とDELL Venue | Comments(0) | Trackback(0)
2012/11/07

「でんぱまる」ってのを買った。

うちの家の中じゃ、アンテナが1~2本程度しか立たない、
ドコモでは2.1GHz帯しか拾わない、DELLのVenue。

ま。ダメもとで、ってことで
アマゾンでこれをポチっとしました。

【特許取得】 携帯の感度UP!受信感度・通信速度向上 【電波マル】 でんぱまる [フローティングシールド装置]【特許取得】 携帯の感度UP!受信感度・通信速度向上 【電波マル】 でんぱまる [フローティングシールド装置]
()
Ohse LAB

商品詳細を見る


もうちょっとサイズの大きい「でんぱまるS」ってのと迷ったのですが、
Venueって電池サイズが小さいんですよね。

だから結構電池の減りが早く感じる。

こんな商品。

でんぱまる

説明書きを読んで、っと。
まずは電源を切って、裏ブタをあけて、シートを置く。
その上からバッテリーを装着する。

でんぱまる

そして電源オン。


で、受信感度をチェックするアプリを起動してみる。

でんぱまる

どうやら、アンテナは4本中2~3本に安定しているみたい。
電波の受信感度も、このシートを置かない時は、19~25%だったのが、
これを置くことによって、25~39%にアップ。

うん。効果あるわ。
ちょっとびっくり。


なになに。仕組みは、シートが携帯内部のノイズを軽減することで、受信感度をアップさせているとな。

でんぱまる


なんやよーわかりませんが、一理あるような気がします。

えっと、このシートは2.1GHz帯に最も効力を発揮するそうで。
だから、今回の2.1GHz帯しか拾わないVenueにはもってこいだったのです。

具体的な例をあげると、
たとえばソフトバンクの携帯だとまだほとんどが2.1GHz帯なので、
外ではアンテナが3本とか立つけど、家の中じゃ1本くらいしか立たないってケースには向くのでしょう。

でも、ドコモだと、田舎の方じゃもしかすると800MHz帯しか届いていないかもしれないので、
そういうケースだと、いくら外でアンテナが3本とか立っていても、家の中でこれを敷いたら感度がアップする、とは限らないかも知れません。



とりあえず買ってよかったみたい。
お値段も1,000円ちょっとでお安いですし。

インターネットショップ大瀬研究所さん、ありがとうです。

しかし。いかにも、って屋号ですね。笑
ドコモ2.1GHz帯とDELL Venue | Comments(0) | Trackback(0)
2012/11/06

ドコモとソフトバンク 2.1GHz帯比較。

先日、僕はDELL Venueの受信感度が悪いってこのブログで書きましたが、謝ります。
ってのが今日分かったので、ご報告と言いましょうか。

よく考えたらね。僕はソフトバンクの回線をひとつまだ持っていたのです。
そのSIMをDELL Venueに挿してみて、
それでも、受信感度が悪かったら、そりゃVenueのせいだわ、と。

家の中では、ソフトバンクの携帯はアンテナ3本中3本立つのです。
でも、ドコモのアンテナはいつも1~2本。時々3本。それもVenueに挿しているから、4本中1~2本って感じ。

だから今回は、僕の家の中でテストです。

ドコモとソフトバンクのSIMです。
ソフトバンクはボーダフォン時代のものですね。

ドコモとソフトバンク 2.1GHz帯比較。

まず、いつもの通り、ドコモのSIMをVenueに挿してみました。

ドコモとソフトバンク 2.1GHz帯比較。

で、アンテナチェック。

ドコモとソフトバンク 2.1GHz帯比較。

アンテナは4本中1本。アプリによると受信感度は25パーセントだそうで。


次にソフトバンク。
SIMをさっきと同じように挿して。

ドコモとソフトバンク 2.1GHz帯比較。

電源オン。
しばらくすると、おおっ、ボーダフォンの表示が。
ボーダフォン時代からのSIMなのでね。やっぱりボーダフォンって出るのでしょうね。

ドコモとソフトバンク 2.1GHz帯比較。

っていうか、アンテナ、バリ4じゃん。

そして、さっきと同じように。受信感度を計るアプリを開いて。

ドコモとソフトバンク 2.1GHz帯比較。

おおっ。72パーセントですって。



ってことはですね。
やっぱ、ドコモの2.1GHz帯がソフトバンクに比べて、貧弱ってことなんですよ。

っていうかさ。
ドコモ、800MHz帯がなければ、こんなもんなの?って感じ。
逆に、ソフトバンクは今まで2.1GHz帯だけで(正確に言うと1.5GHz帯も少しある)、ドコモやauとタメ張ろうとしてたんだ。



まぁ。なんせ。
ひとつ分かったことは、DELLのVenueは受信感度が悪くないってこと。
んでドコモの2.1GHz帯が、想像以上に貧弱だったってことです。
はい。
ドコモ2.1GHz帯とDELL Venue | Comments(0) | Trackback(0)
2012/11/04

DELL Venueを郊外で電波チェック。

郊外っていうより、山の中でチェックって感じでしょうか。
室内だと、ホント電波の通りが悪いドコモの2.1GHz帯。
でも、外だと結構つながるんですよ。
っていうか、この数日間で寒くなった外。
立ちんぼ状態でネットをするって状況、あんましないだろ。笑

ま。室内は半分諦めたけど、外でどんだけつながるのかな、と。
場所は、京都府宇治田原町の猿丸神社を選びました。

猿丸神社で電波チェック

場所はここ。

猿丸神社で電波チェック

ドコモのエリアマップだと・・・

ドコモのエリアマップ

ピンク色で塗られているところが2.1GHz帯。黄色のところが800MHz帯のところ。
なんと、ちょうど境目。

WiMAXはもちろん圏外。
ウィルコムも圏外。

猿丸神社で電波チェック

ソフトバンク3G(2.1GHz帯)はバリ3状態。

猿丸神社で電波チェック

机の引き出しで眠らせていた731SCを持ってきました。


そして。ドコモ2.1GHz帯しかサポートしない、DELLのVenueはというと。

猿丸神社で電波チェック

アンテナ4本中2本。
そして回線スピードは

・下り・・・約1Mbps
・上り・・・114kbps

そうなんですよ。
昨日から使っていて思ったのは、アンテナバーが1本でも2本でも、
つながっていれば、そこそこスピードが出ます。
ま。この辺田舎なんでね。
ここでネットをしている人ってこの時はおそらく誰もいなかったのでは?と思うのですが。


ま。なんせ。室内でもうちょっと受信感度が上がってほしいのです。
せっかくの3G回線なので。固定で毎月2,700円弱払うのですから。

ってなことで。
今朝、アマゾンを見て、これを注文しました。


【特許取得】 携帯の感度UP!受信感度・通信速度向上 【電波マル】 でんぱまる [フローティングシールド装置]【特許取得】 携帯の感度UP!受信感度・通信速度向上 【電波マル】 でんぱまる [フローティングシールド装置]
()
Ohse LAB

商品詳細を見る


なんや仕組みはイマイチ分かりませんが、これをバッテリーのところに挟むと、
受信感度が若干アップするそうな。
2.1GHz帯に効果があると書かれていました。
ま。ダメ元です。

今週末くらいに届くのかな。
少し楽しみにしておきます。
ドコモ2.1GHz帯とDELL Venue | Comments(0) | Trackback(0)
2012/11/03

DELLのVenue

「OCNモバイルエントリーd」に加入して、キャンペーンでもらったDELLのVenueの感想です。
 ↓
VenueとiPhone4

左はiPhone4。右がVenueです。
解像度はiPhone4の方が高いですが、画面サイズはVenueの方が大きいです。
動画サイトで動画を観ると、Venueの画面の大きさが嬉しいですね。

Venueは最初から日本語化されて届きました。
なので、SIMカードを挿して、APNの設定をすればすぐに使えました。

が。Venueの受信感度が極端に悪いのか。
建物の中だと、3G回線での通信が難しい。
どうやら端末の持ち方で結構受信感度が変わるみたいです。
iPhone4でも携帯の持ち方によって感度が悪くなるって話がありましたけど、
それよりもひどいみたい。
持ち方によって、アンテナバーが4本中3本だったり1本だったり。
んで、母がお世話になっている高齢者マンションの中だと圏外になったので、
やっぱりこの端末自体の受信感度がよくないんでしょう。
そしておそらくNTTドコモの2.1GHz帯自体も、ソフトバンクの2.1GHz帯と比べて弱いと思います。
だって、ソフトバンクの端末、いくつか使ってきましたけど、
家の中でこんなに感度が悪く感じるものってありませんでしたし。
っていうか、iPhone4を契約していた時でも、高齢者マンションの中は普通にアンテナ4本くらい立ってましたよ。

やっぱせっかくドコモを使うんだったら、800MHz帯をサポートした端末を使いたいなぁ。
アマゾンで白ロムのスマホを買うか。
パナソニックのP-07Cってのが1万円ちょっとで買えるようなので、今それを検討中です。
ただ日本で売られていた携帯を使うには、いくつか工夫をしないと機能をフルに使えないようで。
APNロックを解除しないといけないとか、不要だけど消せないアプリを強引に消さないと重くて使えないとか。
そのままだとGPSがうまく作動しないから、ちょい触ってあげないといけないとか。
面倒くさいですよね。

だから、海外製の850MHz帯が使えるスマホを買うのが一番楽なのかもしれません。
ただそれだと、日本語化しても日本語フォントが不完全で、漢字が中国語の漢字で表示されるケースがあるとか。
ま。MVNOでドコモの回線を使うにはちょっとしたハードルがあるってことです。


昨日ちゃちゃーっとVenueを触っていて。
この子、結構サクサク動きます。
で。OSが2.2なんですけど、GooglePlayで落とせるアプリはそんなに不自由もなく。
ただあれですね。よく言われることですが、Androidってやっぱいろいろ設定を変えないと使いづらい。
前に、Windows Mobileを使っていた時のことを思い出しました。
あれよりはだいぶん楽です。


ブラウザ、デフォルトで入っていたものは使うのをやめました。
Boat Browserってのを今使っています。
これ、完成度高いです。
使っていて、iPhoneのMercuryより優れていると思いました。

Boat BrowserでYahoo!Japanを表示させたところ。
画面を押すと大きなサイズで閲覧できます。

VenueとiPhone4

同じくiPhoneのMercuryで表示させたところ。

VenueとiPhone4

解像度が違うのでキャプチャの画面サイズも違います。
ブラウジング自体は、画面が小さいのがしんどいけど、解像度の高いiPhone4の方が見やすい。
でも、Venueの方はフラッシュを見ようと思えば観られるみたいで。
Yahoo!のキャプチャで一部表示されていないバナーゾーンがありますが、あれクリックすれば多分フラッシュが見られるのでしょう。
iPhoneの方はハナから画像バナーが表示されています。


Venueには800万画素のCMOSカメラがついています。
iPhone4は500万画素のCMOSカメラ。
比べてみました。

これは2点のサイズを合わせています。他は加工をしていません。

Venue

VenueとiPhone4

iPhone4

VenueとiPhone4

iPhone4の方はもうちょっと綺麗に撮れたかもしれません。
若干オートフォーカスがうまく作動しなかったような写りですね。



あと。これは画像がありませんが、GPSを作動させていると電池の減りがとても早い。
なので、GPSを切っているんですが、マップを使おうとしてGPSを作動させると、GPSが現在地を特定するのにえらく時間がかかる。
iPhone4は普段からGPSを切ってないのですが、そのせいで電池の減りが早くなることはない。
おそらくアプリの処理の仕方が、iOSとAndroidは構造的に違うのかもしれません。
iOSって基本はシングルタスクで動きますんでね。
他のアプリが作動している時は、GPSはスタンバイ状態みたいのなっているのかなぁ。


ブラウジング程度なら、Venueで電池の減りが早いって思うことはありませんが、YouTubeを観たり、GPSを作動させたりすると、減りが早いと実感します。
WiFiをオンにする程度なら電池の消耗は意識しないでいいと思いました。


と言いますか。
3G回線、ほとんど使っていません。
というのも、昨日・今日の僕の行動範囲ではWiMAXの電波が届くところばかりで、逆にドコモの2.1GHz帯が満足に使えるところの方が少なかった。
建物の中に入ると、ドコモは不安定なのにWiMAXはバリ安定している、みたいなのばかり。

今日も、昨日アマゾンで購入した10,000mAhのモバイルバッテリーをWiMAXのWM3600Rに繋ぎっぱなしにして、電源をオンにしたまま、ずっとWiMAXで通信をしていました。

いつもなら電波が不安定な京都の実家近くの堤防沿い。
そこでも、モバイルバッテリーとWiMAXを繋げっぱなしにすると、電波の受信感度がよくなるのか、バッグの奥底に端末を入れっぱなしにしても、普通にiPhoneやVenueでネットできましたのでね。



って感じなので。
ドコモの電波の強さにひかれて、OCNモバイルエントリーdに申し込んだはずの僕なのですが、その恩恵を授かろうとするのなら、800MHz帯もしくは850MHz帯が使えるスマホをゲットしないといけないようです。
今のままじゃ、普通にNEXUS7をゲットしてWiMAXで繋いだ方が、性能はいいわ・画面も大きいわ、お金もかからないわでよかったのかもしれません。




Venue自体は、電波受信感度を除けばとてもいい端末だと思いました。
サクサク動くし、画面も大きいし、解像度も高くはないけど普通。
これがあれば、特に4.0や4.1にこだわらなくてもいいかな、って感じ。

ただね。
ほんと、くどいようですが、ドコモの2.1GHz帯が、実は、WiMAXより電波が弱いってのが、今回の僕の一番の誤算でした。




追記。
DELLのVenueの受信感度、上では悪いかも、って書きましたが、
本当はそうじゃなかったみたいです。

ドコモとソフトバンク 2.1GHz帯比較。

こちらに簡単ですけど、まとめましたので、よかったらご覧ください。
ドコモ2.1GHz帯とDELL Venue | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »