--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2014/09/29

悔しいのでイラストにしてみた。

なかなか上手く描けた。

割れたタブレット

くっそ~。
悔しい。
スポンサーサイト
Colorfly G808 3G | Comments(2) | Trackback(0)
2014/09/29

床に落っことしてしまって…

液晶のガラス板が割れてしまった。

割った

あっけない終わり方でした。
ガラス板が割れたので、タッチパネルも聞かなくなりました。

短いお付き合いでした…。
修理すると高いだろうし。
残念です。
Colorfly G808 3G | Comments(0) | Trackback(0)
2014/08/28

Colorfly G808 3G、ケースと保護フィルム

こないだアマゾンでポチっとしました。
送料込みでトータル1,400円弱だったと思います。

Colorfly G808 3G 専用保護フィルムColorfly G808 3G 専用保護フィルム
()
ノーブランド品

商品詳細を見る


Colorfly G808 3G 専用レザーケース (黒)Colorfly G808 3G 専用レザーケース (黒)
()
ノーブランド品

商品詳細を見る


そして先ほど、ゆうメールで届きました。

G808 ケースと保護フィルム

正直、保護フィルムが貼りにくかったです。
ってか、フィルム自体はしっかりしています。
が、G808の画面側がたわむんですよ。
気泡を指で外側に押しやろうとするんですが、画面側がたわむので力が逃げます。
あと、セロテープで何度か剥がしながら綺麗に貼ろうと思ったのですが、
画面にピタッとつきすぎてか、セロテープごときでは剥がれません。笑
ある意味、屈強な保護フィルムです。
まぁ、100均で売っている保護フィルムより傷もつきにくいと思うし、
そんでもって、いつか気泡も自然になくなるでしょうし。
あ。注意点とすれば、フィルムのサイズ。
横がピッタリすぎます。なので横だけでも慎重に位置を合わせた方がいいです。
縦は数ミリ短いので多少気を抜いてもOKです。

ケースはいたって普通と言いましょうか。

G808 ケースと保護フィルム

蓋を開ければ、自動的に液晶がオンになります。
もちろん閉めれば液晶はオフになります。

G808 ケースと保護フィルム

普段は横画面ロックで使っています。

G808 ケースと保護フィルム

もちろん立てかけることも可能。

G808 ケースと保護フィルム

カメラの位置もばっちり確保されています。

G808 ケースと保護フィルム

スピーカーの位置も塞がっていません。

G808 ケースと保護フィルム

こないだ買ったN70 3Gのケースがスピーカーのところ塞がれていましたので、これはうれしいですね。


そもそも、端末本体が微妙にやわい(きしむ)ので、このケースのおかげでだいぶんしっかりしました。
13,000円のSIMフリータブレットが、3~4万ほどする高級タブレットに見えないこともありません。
はい。
Colorfly G808 3G | Comments(0) | Trackback(0)
2014/08/15

Colorfly G808 3G 電池の持ち具合。

時々チョコチョコっとメールやフェイスブックをするくらいです。

Colorfly G808 3G

家にいる時はWi-Fiを使っています。
スクリーンオフ時のバッテリー消費、ほとんど気になりません。
メールとかフェイスブックをしていると、バッテリーが減っていっているなぁと思う感じです。
体感的には、Fonepad7よりは劣るけど、HW-01Eよりは持つ。
そんな印象です。

ってか、最近の中華タブレットって電池でも優秀なんですね。
こないだ買ったN70 3Gもバッテリーの持ちがいいし。

今まで使ってきたスマホ・タブレットでバッテリーの持ち。
あくまで僕の体感的な比較だと、上のような使い方で

Fomepad7 → 原道N70 3G/Colorfly G808 3G → HW-01E → edenTAB 3G

って感じです。
Fonepad7は充電し忘れても、2日間くらいならまったく気になりません。
ポリゴンを使ったゲームでもしない限り、数時間遊んでいても、1日は持ちます。

Colorfly G808 3Gはスクリーンオフにしていることが多ければ、2日くらい平気で持つだろうって感じ。
ただずっと触っていると、それなりにバッテリーが消費されますので、やっぱ寝る時には充電しておきたいなと。

N70 3Gはスクリーンオフにしていても1時間に2パーセント程度、バッテリーが消費されるので、1日1回、寝る前には充電しておこうかなと。
ただ、解像度が低いし、デュアルコアってのもあって、使用中のバッテリー消費はなかなか優秀だと思いました。

HW-01Eは、満充電でもしない限り、スクリーンオフでもバッテリーが1時間あたり2~5%ほど消費されるので、夕方気がつけば残40%ってこともざらにあります。
なので、これだけを持って歩くには不安です。

edenTAB 3Gは、常時3G回線をつないでおくと5時間程度でバッテリーが0になります。
だから、メールの待ち受けなどには使えません。
普段、スクリーンオフには3G回線を切っておいて、使う時だけつなぐ。
そういう使い方しかできないです。


ま。そんな感じで。
今回購入したColorfly G808 3G。
今のところ、充分合格点です。
ってか、むしろこの性能でこの値段、本当にいいの???
って感じさえします。
はい。
Colorfly G808 3G | Comments(0) | Trackback(0)
2014/08/15

Colorfly G808 3GとFonepad7、ブラウジングしてみると。

こちらはFonepad7。

Colorfly G808 3G

もうちょっと近づいてみた。

Colorfly G808 3G

こちらはColorfly G808 3G。

Colorfly G808 3G

近づいてみた。

Colorfly G808 3G

横幅がほぼ同じで、Fonepad7が7インチ、Colorfly G808 3Gが8インチです。
ともに解像度は1280×800ピクセル。
まぁ保護フィルムのせいもあるかも知れません。
Fonepad7の方が優しく、またバックライトのムラをあまり感じません。
Colorfly G808 3Gは優しいけどクッキリ。なんかHW-01Eの液晶と似ているかもです。
しいて言えばバックライトのムラを多少感じられます。

まぁ本体のお値段がこの2機種じゃほぼ倍違いますのでね。
ってか、Colorfly G808 3G。なんでこんなに安いの?って思っちゃいます。
Colorfly G808 3G | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。