--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2008/09/23

エリミネーター250V 2000年バージョン

エリミネーター250V 2000年バージョン

だいぶん、フォトショップで補正したのですが、これがぼくの腕の限界かも。笑
本当はもっと暗くて見づらい画像です。
夜景モードにしたり、人物(夜)モードにしたり、いろいろ試したのですけどね。

いや、よく行くスナックの女の子が、2週間前にエリミネーターを買いまして。
ちょっと見せて~って感じで今日、見に行ったのです。

待ち合わせ場所でしばらく待っていたら、電話がかかってきまして。
「途中でバイクが動かなくなった」って。
で、現地に行ってみたら、なんのことはない。ガス欠です。
予備タンクに変えましてね。すぐにガソリンスタンドに直行。

もう、そこから調子狂いました。
はい。

ま、結局、軽く乗せてもらったのですけでど。
シート、むっちゃ座りやすいですね。
やっぱりクルーザーです。

ただ、あれです。
ずっとオフとかモタードに乗ってきたぼくは、ステップの位置に思いっきり違和感を感じました。
あるべきところにステップがない!って感じです。
あんな前にあるステップからギアチェンジするの???って感じ。
もう、根本が違いますね。

今度、もうちょいゆっくり乗せてもらおうと思います。
出来れば、だだっ広い空き地とかで。
はい。
スポンサーサイト
その他(バイク関連) | Comments(0) | Trackback(0)
2008/09/15

D-tracker X のレビュー その3(だったと思う。。。)

さて。6月24日に納車したウチのD-tracker Xですが、そろそろ3ヶ月になるので、おおよその感想を書きます。
走行距離は多分、4千キロ近く。
前に乗っていたXT250Xと違って、液晶ディスプレイにオドメーターとトリップ、それぞれ別に表示されないので、いちいちオドメーターを確認していないんですよね。
普段は、トリップを表示させています。
ちなみに、液晶ディスプレイには、トリップA・トリップB・オドメーター、タコメーター、時計の機能があります。
はい。

D-tracker X

乗っていての感想。
全体的に余裕がありますね。
ま、でも。
引っ張れない感じはします。
例えば、車を追い抜こうと思って、アクセルをひねる時、何となく頼りないので、やはりギアを一つか二つ落とします。

そうそう。全体的に粘りはありませんね。
特に、セロー系やおそらくスーパーシェルパからの買い替えユーザーは、この粘りの無さにちょっと「へ??」ってなると思います。
多分、セロー系(おそらくスーパーシェルパも)が粘りすぎるんでしょうね。
ぼくは、他に感触を覚えているのが、2ストロークのランツァくらいしかないので、セロー系のXT250Xをデフォルトで考えてしまうところがあったと思います。
今は、慣れてきたので、これが当たり前だと思うようになりました。
適切なギアに入れさえすれば、かなり乗りやすいと思います。

速度的には多分ですが、130は出ると思います。
ぼくは高速で100キロ強しか出していませんが、XT250Xのように若干不安定になることもなく、「エンジンをまわしてるぞ!」って感じもあまりなく。
ごく普通に100キロ巡航できますね。
うん。

このバイク、なぜかスピードを出そうという気になりません。
XT250Xの時は、「エンジン、まわしてナンボじゃ~」って感じもあったのですが、
DトラXは、「気持ちよく走れたらいいや」って感じですね。
必要な時に、スピード出せばいいじゃん、って。

タンデムですが、
例えば、タンデマー。50キロくらいの子を乗せた時。
後ろに人を乗せているっての、感じないくらい安定しておりました。
TWとかであった、「きしむ」って感じはまったくなく。
ほんと、一人で乗っている時と変わらない感じです。
タンデマー的には、XT250Xの時より、座りやすかったと申しておりました。
シートが広いからでしょうかね。

ただ。ぼく的には、シートはXT250Xの方が好きでしたね。
DトラX。ぼく的にはシートが硬くて、お尻がすぐに痛くなりました。
今は、だいぶん慣れましたけどね。
それでも、1時間以上連続で乗ると、お尻は痛くなります。
XT250Xの時は2時間くらいは大丈夫でした。

ポジションですが、ぼく的には、未だに慣れない時があります。
おそらくですが、前にも書きましたが、ハンドルの位置が若干低いのです。
というか、おそらくヤマハのオフロード系が、ハンドルの位置、若干高いのでしょう。
これは人それぞれ、感じることが違うと思います。
ただ、あれです。
ハンドル、ちゃんと絞れているんですよね。
おまけに、クラッチとブレーキレバーが、握りやすい形です。
ま、でも。クラッチレバーを握るの、結構力がいります。
女性にはしんどいと思います。

驚くのは、燃費。
今でも、だいたい1リッターあたり32キロ以上走ります。
多分、ストップアンドゴーより、高速とかでぶん回した方が、燃費悪くなるんじゃないでしょうか。
普段、街乗り中心でも、32キロいきますのでね。
だから。7.7リッター入るガソリンタンク。
インジェクションですので、フューエルランプがつくの、175キロ前後です。
ぼくはだいたい200キロくらいで、給油します。

D-tracker X

あ、そうだ。
ミラーの形状。
これ、慣れが必要です。
一番確認したい「すぐ後ろの車」が、ミラーの形状のせいで見づらい。
んで、あまり見なくてもいい、遠くの車がよく見えます。
ま、XT250Xみたいに、ミラー自体は小さくないので、ジャケットの袖とかでミラーの大半が隠れるってことはないのですが。
それでも、多分、大げさなジェスチャーしていると思います。後方確認。後ろの車からするとね。
その分、安全運転に貢献しているって感じでしょうか。

あと、気になるところ。。。
うん。あれです。
ギア。セカンドから直でニュートラルに入れようとすると、「カラカラカラ」って引っかかることが多いです。
「引っかかる」って表現が正しいかどうかは知りませんが。
なので、このバイク。ニュートラルに入れる時は、ローから入れましょう。その方が精神衛生的にいいです。
ほんで、多分ですが、4速から5速に入れる時。シフトペダル、深いところまで入ります。
他のところでは浅めなんですけどね。4速から5速に入れる時だけ、グイって入れます。
ぼく的には「いつかシフトペダル、外れるんちゃうか?」ってチト心配です。笑

ほんで、ヘッドライト。
光は広いですけど、そんなに明るくはないです。普通です。
XT250Xやランツァと感じは変わりません。
いや、XT250Xの時の方が明るく感じられました。あんな小さなライトなのにね。
ただ、DトラXの方が手前の明るさが広いって感じ。
あと、おそらくですが、対向車、まぶしいと思いますよ。
少し高めの位置に光が当たります。
遠くまで光が届くって感じですかね。
最初、ハイになっているんじゃないか?って思いましたもん。
もしかすると、これは個体差かもしれませんが。

んで、最後に。
後ろ部分に、ラジエーター液の予備タンクがあるのですが、
これ、最初の1ヶ月くらい、えらく早く減っていきました。
で、「こりゃ、こっちにもお金がかかるかも」って思っていたんですが、
ラジエーター液を補充してそろそろ2ヶ月の今、ほとんど減っていません。
多分、乗り始めだから減りが早かったんでしょう。
チェーンもそうでした。最初は早く伸びたのですが、今はなかなか伸びてきません。


だいたいこんな感じですかね。
今、気づくところ、バーって書きました。
もし、DトラXに関して、質問とかあればお気軽にお問い合わせください。
ただし、あまりメカニック的なことは詳しくないので、抽象的なところですかね。笑
カワサキ D-TRACKER X | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。