FC2ブログ
2011/12/13

いぬ。

今日のお昼は、某社との契約書を郵送で送るために、駅前のポストへ。

駐車場兼タバコの自販機屋さんが飼っていると思われる、わんちゃん。

いぬ

今日は陽射しがあたたかくて、わんちゃんも眠そうにしていました。
そういえばこの前、この子、風邪を引いたのか、鼻水たらしていたんですよね。
こういう人間味(?)のある犬を見ると、和みます。


今日のランチ。
珍しく駅前付近を歩いていたら、ひっそりと定食屋がオープンしていました。
なので入りました。

ひるめし

これで650円だったかな。
なかなか美味しかったです。

が。
この店、多分ダンナさんと奥さん、お二人で営んでいると思うのですけど、
いかんせん活気がない。
13時過ぎに入ったのですけど、お客は僕ひとり。
ガラガラガラと扉を開けて、店内に入っても
しばらくお二人は客が来たことに気づかない。

あとで、もう一人お客さんらしき人が、ガラガラガラと扉を開けたんですけど、
店主さんも奥さん(おそらく)も、気づかずに。
結局、そのお客さん、ムカっときたのかどうか知りませんが、
引き返して、お店を出てしまいました。

あぁ、もったいない。


ここ、ご飯お代わり自由なのですけど、
お代わりしてみようと、ジャーを開けてみたら、
誰もお代わりした形跡がない。笑
おそらく、今日お代わりしたの、13時過ぎにこの店に入った僕が最初。
ひぇーーーっって感じです。


せめて、お店玄関のところ、お客さんが入ってこられたら、
チャイムが鳴るようにするとかさ。
ちゃんと「いらっしゃいませ」って言いましょうな。
お客さんが入ってきたことに気づかないお店って、あきませんよ。


味は、別にそこまでこだわらなくていいのです。
だって、味覚って抽象的なものだし、
んで、いいものが分かる人って、そんなにいません。
たいていの人は、二流の味に慣れているのです。

それよか。
この店、なんか落ち着くわぁ、とか。
なかなか愛想のいい店主さんだね、とか。
お店の方から元気がもらえるわ、とか。
そんなお店の方が、繁盛すると思います。



僕の持論ですが。
味がめっちゃ美味しくて安い店は、廃れます。
むしろ、むっちゃ特長のある味か、そこそこ美味しい平均的な値段のお店。
それか、ちょい不味くてもそこそこお安い店。
そういうお店の方が長続きしています。

美味しい料理は、それなりのお値段をつけないと。
んで、それなりのお値段をつけるには、それなりの場所で出店しないと。



とかとか。
年明けくらいに、もういっぺん今日の店、覗こうと思います。
次に行く時は、「いらっしゃませ!」って元気な挨拶が聞けますように。
ただの日記 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示