FC2ブログ
2012/02/05

今日は祖母の命日が近かったので

またお墓に行ってきました。
あらかじめ近所のディスカウントショップでお花とお酒を買っといて
母を連れてお墓参り。
ただ母は坂道を上がるのがしんどいので、車の中にいてもらって
僕だけお墓に行きました。

祖母と4番目の叔父は命日が一日違いです。
叔父は1987年だったかな。2月8日が命日。
祖母は2001年2月9日が命日。
で。同じお墓に入っています。

んで、少し離れたところに
2番目の叔父のお墓があります。
1995年10月27日が命日です。


今日、あらためてお墓に刻まれた命日を確認したので間違いないと思います。

4番目の叔父は交通事故により31歳の若さで他界しまいた。
2番目の叔父は脳梗塞で43歳の若さで他界しました。
祖母は心臓麻痺らしいです。83歳でこの世を去りました。

祖母と4番目の叔父が入っているお墓には、祖父も入っていて
1964年に54歳で他界しています。
肝硬変と聞きました。



多分。僕の母は親戚の誰よりも長生きしてもらうつもりですが、
お墓は同じ霊園のちょっと離れたところに買おうと思います。
んでそこには僕も入りたいですね。



高齢者専用賃貸マンションに帰ってきて。
カラオケ喫茶に少し行ったり、
ま、母の晩飯まで時間をつぶしてね。
んで無事母の晩飯を見届けて、オムツの交換もして。
さ、帰ろうか、と。

なんか今日の母は「ありがとう」とたくさん言ってました。
お墓に行ったことで何か感じるものがあったんでしょうか。


マンションの下でタバコを吸っているおばあさんがいらして。
ここ2~3週間のうちにマンションに入られた方だと思います。

「今日はまだ暖かくてよかったですね」と僕に話しかけてこられました。
「もうすぐ花粉症の季節ですね」とか僕もその方に返して。

そう。今日も目が軽く痒かったんですよね。
僕は毎年2月中旬に花粉症らしきものを発症します。


「ここにおっても、することないでしょ?」
「えぇ。まぁ」
「ここのみなさん、みんなそうゆーてはりますわ」

「誰かここにお住まいなんですか?」
「はい。ウチの母がいます。軽い認知症になってしまいましてね」

「私は認知症はまだなんですけど、足が動かなくなってしまって」

まぁ、こんな会話をしながら。

「私の家族がここに入れ、と言いましてね。私の家も空けて、なくなってしまいましたわ」

あぁ。やっぱりみんなそうなんだなぁ、とか思いながら。


そのおばあさん、3月になるとデイケアに行くと行ってました。
そこには友だちが何人かいるそうです。

ウチの母も自立支援を使って、春ごろ週に一度程度どこかのセンターに行ってもらおうと考えています。
昨日、そのためのお話をケアマネさんとしました。



あとどれだけ時間があるのか、とか
その時間をどう使えば、幸せなんだろうか、とか
いろいろ考えますね。



家に帰って。
空気清浄機のフィルターを交換しようと思って、近所の電気量販店に行きました。
それとは別に、ちょっと見たい商品があってね。
その売り場へも行きました。

すると、メーカーの担当さんがいらっしゃいまして。
ちょっとその製品を体験させてもらいながら、世間話をしていたのです。
その担当さん、去年、お父様に車を買ってあげたそうです。

担当さん
「親父もあと何年生きるか分かりませんしね。ちょうどいい車が安くあったので、ちょいええカッコですわ」


「分かります。分かります。その気持ち」

担当さん
「買ってから、あぁお金遣ってしまったってなるんですけどね」


「景気もよくなりませんしね。いつリストラされるか分からない世の中ですし」

担当さん
「リストラだけでしたらいいんですけど、会社がなくなって働くところがないってなるのが、一番ショックかもしれませんね」


うん???それって深読みしていいの?笑




ま。そんなこんなで。
明日からまた一週間、働くわけです。
はい。
ただの日記 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示