FC2ブログ
2012/05/20

母校。

4月から休校になって来年より廃校となる予定の、我が母校を見に京都の南区まで車を走らせました。
第一初級学校です。

母校

あれ、こんなに小さかったっけ?
僕が通っていた頃にはプレハブ小屋があって
そこが保育班と幼稚班の教室になっていました。

画像の左側が校舎。
画像の正面、2階建ての建物、
一階が職員室で、二階が金日成元帥革命活動研究室って名前だったっけな。

もちろん中には入れず、建物の外から眺めていただけです。
っていうか、画像撮ってよかったんかな。もしアカンかったら連絡ください。
すぐに取り下げます。


世間を騒がせた公園ですが、ここも
「あれ?こんなに狭かったっけな???」って感じ。
今日行ったら、もう運動場ってイメージはなかったです。
周辺住民の憩いの場となっていました。
親子連れや子供たちが楽しく遊んでいました。


ウィキペディアやその他のニュースサイトによると、
今、この学校で学んでいた生徒たちは一旦北区の第三初級学校に編入したそうです。
来年春に第一、第二、第三の初級学校が統合して
完成予定の伏見の新校舎に移行するそうです。



帰りの車の中で。

僕 「朝鮮学校、引っ越すらしいで」
母 「なんでや?」
僕 「古くなったし、生徒の数も少なくなったから、いくつかあった小学校が伏見の方に全部集まるらしいで」
母 「朝鮮学校に行かす人、減ったんか。もう国に帰る人もおらんやろうし。日本学校の方がええやろな」
僕 「北朝鮮、悪いことばっかりしているから、日本の人にええように思われてへんのんや」
母 「なんでや。金日成、悪いことしよったんか?」
僕 「その息子さんが、日本の人を誘拐したりしよってん。そりゃ日本の人に嫌われるわな」
母 「そんな悪いことしたらアカンがな」

みたいな会話をしばらく。
母の中では多分、僕がこの学校に通っていた30年前の在日の環境のままなのでしょう。
認知症なので仕方がありません。

僕は母と上のような会話をしながら、
頭の中で、うちのばあちゃん、生きとったら今の現状どない思うんやろとか考えていました。

祖母は今から12年前に他界しましてね。
その時、葬儀にこられた、朝鮮総連の元幹部の方。
僕に対して冷たかったなぁ。まるで裏切り者みたいな感じで見られていました。
僕、主体思想が大嫌いで朝鮮学校を中学で辞めましたのでね。

ま。祖母はバリバリの活動家でした。
金日成信者(って言葉はないのですが)だったのです。



前、とある普通の日本の方と話していた時。
たまたまこういう在日の話になって。
その子、22歳くらいの女子大生だったのですけど、
彼女の在日に対するイメージは、
「中にはとても能力のある人たちがいるのに、どうしてそんな閉鎖的なコミュニティの中で生きようとするのだろう」
ってな感じでした。

ま。そういう印象を持つのは間違いでもなく。
ある意味、その子は在日のことをよく知っている子だと思います。



えっと。
この周辺、結構街が変わっているようで。
昔ずっと仲良かったクラスメートの家、あるかなぁと車を走らせたのですが
道が変わっているので、さっぱり分かりませんでした。

時代と言いましょうか。
時が経つにつれ、今まで頑なに身構えていたことも
僕の中で少しずつ変化を受け入れられるようになってきたかも知れません。

とにかく。
僕は、今日行った学校の真ん前の公園。
ここでね。
子供たちが、きゃっきゃきゃっきゃ言いながら遊んでいたことに
少しホッとしました。
ただの日記 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示