--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2012/09/24

またまた しゅうじラーメン。

何となく。あの味が忘れられなくて。。。

しゅうじラーメン

あぁ。また来てしまった。熱鶏ラーメン しゅうじ さん。

しかし。あれ?少しだけ味が変わったのかな。
それとも前の僕が少し舌が鈍感だったのか。
今日のドロ鶏パイタンは、ほんの少しピリっとした塩味がしました。
これならちょうどいい。

でも。あれ。
このカルボナーラもといラーメン。
美味しいんだけど、ものすごい塩が入ってんだろうなぁ。
一週間に一度程度がいいかも。


こうしよう。一週間のローテ。

月はしゅうじラーメン。
火は甲州麺。
水はしゅうじラーメン。
木は、甲州麺のバイトの中国人のおねえさんが休みだから、わっしょい。
金は甲州麺。

なんて偏った食生活だ。。。





話は変わって。
昨日、母と一緒に実家にふらっと寄ったんですけど。
すると、めっちゃ忙しそうな叔父がやっぱりいました。
久しぶりなんでね。30分くらい立ち話をしていたのですが。
忙しそうでしたし。お茶誘うのも何なんで。

「お前、もう遅いくらいやけど、そろそろ自分のために生きろ」

叔父は、僕のことを心配してくれてましてね。
身体も一度壊しているし。

自分のために。かぁ。



てな話を、今日仕事が終わって帰る間際に、
ウチの会社の主任としてましてね。
「こんなん叔父に言われたんですわ~」みたいな。

んで「自分のためにって難しいですね」ってなって。
「でも、あれでしょ。お金があれば自分のために生きられるでしょ?」
「そりゃ。お金があれば自分のために生きます」


ってなわけで。
やっぱりお金が必要ですわ。はい。


そういやぁ。
この前、夕方。高齢者マンションで。
母と二人でベンチに座って、夕ごはんの時間を待っていたら、
とあるヘルパーさんが通られて。
ま。関西人っぽく僕は「何か儲かる話、ないですかね」と聞いたわけです。

ヘルパー「うん?儲かる話?何で儲けたいですか?」
僕 「うっ、怖っ!その目。さすが元不動産屋さん」
ヘルパー「いえいえ。でも。やっぱり好きなことをやって儲けるのが一番ですよね」
僕 「そっかぁ。好きなことかぁ。なんやろ。好きなことって」
ヘルパー「何です?好きなこと」
僕 「・・・北新地」

話はそこから、北新地でアラフォーばかりを集めた熟女バーをしたらどうや、って展開に。
「心のリハビリ アラフォーバー・すこやか」
女性陣はみんなお昼、ヘルパーしてはりますねん。
んで、夜は新地でサラリーマンたちのお世話をしますねん。
ちゃんとケアマネがケアプランを立ててね。

・・・アカンわ。こりゃ。
笑。
ただの日記 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。