FC2ブログ
2012/10/06

土曜午後からのKBS京都ラジオがすごい。

車に乗っている時、たいがいラジオを聴いているのですが、
土曜はKBS京都を聴くことが多いのです。
お昼、車に乗ることが多いのでね。
山崎弘士さんの番組をよく聴くのですが。

10月からのタイムテーブル。

KBS京都ラジオ

なんと。10月から、土曜の午後。
こりゃすごいわ。

山崎御大から、池田幾三先生を挟んで、つボイノリオ師匠。
んで、締めは森脇健児アニキ。

うわぁ。京都で育ったアラフォー世代にとっちゃ夢のようなリレー。

京都人以外にはなんのこっちゃ分からん話だと思うのですが、
軽く説明させていただくと。

まず、山崎弘士さんとは、KBS京都のアナウンサーさんでして。
今、お歳いくつだ?多分60代半ば。
なのでおそらく嘱託っぽい感じだと思うのですが。
なんせ、一時期この方、KBS京都のテレビにもラジオにも出ずっぱりって時がありました。
KBSがイトマン事件でしんどい時も、この方はKBSに残って喋り続けてはりました。
ヘアスタイルがユニークな方でしてね。
森脇さんからは黒電話って茶化されていらっしゃいます。
普段は走らないけど、夜の祇園ではお店とお店の間を颯爽と走って移動される、とか。
ま。いろんなところでネタにされる方です。

で、池田幾三さんは、本職は放送作家かな。ちょっと記憶があいまいですが。
ただこの方、30年ほど前かな。KBSテレビの朝の番組をやってはりました。

そしてひとつ飛ばして、森脇健児さん。
この方は有名ですね。走る男です。
実はこの方が松竹芸能に入ってすぐくらいかな。洛南高校を卒業されてから。
KBSでハイヤング京都って番組のDJを始められたんです。
その時のキャッチフレーズは、日本で今一番若いパーソナリティ。みたいな感じだったと記憶してます。
今もKBS京都で15年ほど続く番組をもたれています。
「走る男」もKBS京都制作ですね。


最後に。つボイノリオさん。
名古屋の方には有名ですが、京都人にもある特定の年代ではかなり有名な人でして。
一言で言えば、ハイヤング京都って番組のDJをされていた人。

ハイヤング京都ってのはMBSラジオで言うヤングタウンみたいなもんです。
ただKBSとMBSは周波数は近くて、京都ではMBSが入るところが少なく、
だから京都人でヤンタンを聴いていたって人はあまりいなかったと思います。
断然ハイヤンの方が浸透していました。

そのハイヤンで水曜日を担当されていたのが、つボイノリオさん。
(数年後に復活したハイヤンでは金曜日を担当されていました)
第一期ハイヤンが終わったあとはしばらくKBSラジオで朝の番組もされていました。

ちょうど僕がラジオってのに興味を持った頃、KBSでつボイノリオさんが全盛の頃でして。
多分小学校高学年の頃だったかな。
最初つボイさんの放送を聴いた時、衝撃を受けましてね。
下ネタも多かったのですけど、話があっちこっちにそれる。
で、曲がほとんどかからない。ずっと話しっぱなし。

つボイさん、中日ファンでして。
いつだったか。中日と巨人が優勝争いをして、巨人がペナントを制した時。
(巨人だったと思うけどもしかしたら違うチームかも)
あれは中日が負けてやったんだ、って話を延々と数十分。

カッパのカータンのネタも好きでしたね。
「しーんぺいちゃーん、ぷーんぷんぷんぷん、ぷんぷんぷーん!」
てな感じで、カータンの天気予報とかやっちゃったり。

第2期ハイヤンでは、ニッポン放送支給のJリーグ番組(10分程度)を勝手に早送りして早く終わらせたり。
朝の番組では、番組途中で挟む、
多分文化放送かどこかの永六輔さんのコーナー(もちろん録音)に勝手に話しかけたり(もちろん無視される)。


もし、僕に話術ってのがあったとしたら、その大半は思春期の頃に聴いた、つボイさんのトークがかなり影響されていると思います。



そんな感じで、土曜の午後からのKBSがめっちゃ面白くなったのです。
ま。つボイさんが新たにKBSに復帰される以外は、
森脇さんも山崎さんも池田幾三さんも、時間こそ若干違うけど
ずっと番組をもたれていたんですけどね。
その間につボイノリオさんが入るだけで、こんなにも印象が変わるものか、と。


車を運転する時間と、若干つボイさんの時間がズレているので全部聴けないのが残念なところ。
せめて家のラジカセとかで録音をしようかと思うけど、家ではKBS京都ラジオは入らない。
ラジコは大阪じゃKBS京都を聴くことができない。
もっと言うと、WiMAXでラジコを聴くと、地域が特定できないらしく
東京エリアの番組しか聴けない。

便利なのになんて不便なんだ。笑。


「つボからボイン」だけKBSでポッドキャスト販売してくれないかしら。
つボイリスナーは濃い人が多いので、きっと有料でも購入する人、多いと思います。
はい。
ただの日記 | Comments(4) | Trackback(0)
Comment
私も聞かないと。
私もハイスイを聞いていました。高校の時代でしょうか。
自衛隊に入り、北海道まで、テープを送って頂いたこともあります。最近では、以前乗っていた、ジムニーでCBCの聞ける、奈良県の道の駅まで行き、聞いていたのを覚えていますが、車を売り、バイクだけの生活になると、なかなか、ラジオを持って、奈良県と三重県の県境までは行けないですよね。
現在はシフト勤務なので、なかなか、聞けないかもしれませんが、これで、ラジオを録音する機械(ラジカセがないもんで)を購入するきっかけになりました。もっとも、KBS京都がくっきりはいるかどうかは不明です。
Re: 私も聞かないと。
やっぱり40代といえば、ハイヤンかヤンタンかヤンリクですよね。笑

っていうかすごいですね。北海道までテープを送ってもらうってのもそうですが、
CBCが入るところまで車で行くってのが、根性入ってはります。

以前iTunesで配信されていた「つボイ楽耳王」みたく、「つボからボイン」もどこかで配信してもらえたら、とても嬉しいんですけどね~。

まぁ、つボイ信者にとっては、つボイさんの一言一句。それがたとえ枝葉的なものだとしても、かみ締めながら聴きたいですもの。

僕がハイ水で一番思い出すエピソードは、いつぞやのリスナー大賞で1位獲った人だったかな。
その方につボイさんが電話して、本人さんも出てきたのですが、
途中からその方のお母さんが「あんた何してんの!」的な入り方をされて。
それがラジオで実況中継されたっての。
本人さんには悪いけど、ハラハラドキドキしながらも、腹かかえて笑っておりました。
はい。
高かった。
16800円。オリンパスのラジオが録音できる機械。ICレコーダーラジオ付きのようです。ラジカセしか知らない、私にはどう使えばいいのか悩みましたが、なんとか使って録音しております。
ラジカセがあれば、簡単なんですが、120分テープは手に入るのでしょうか?そう考えると、もっと効率のいい録音の仕方があるじゃないかと考えて、購入しました。
秘訣のコーナー相変わらず面白いです。菊池桃子に浣腸する秘訣、決定版とか、板野友美といつも一緒にいられる秘訣など、くだらないんですが、面白い。通勤時間の電車の中で聞いているのですが、笑いたくても笑えない、苦痛に歪む私の顔を真向かいで見ている人は、体の調子が悪いのではないかと、心配されても困るなと思う、今日この頃です。
おわり。
Re: 高かった。
あぁ、ひとつだけご配慮いただきたかった。
菊池桃子のところ、伏字にしてほしかったです。
ラジオだと音なので後に残らないのですが、文章だと、それもネットだとそれが遠因で嫌なスパムコメントとか入る可能性がありますので。
何とぞご理解のほどお願いします。

16,800円のICレコーダーラジオ。
多分需要が少ないからお高いんでしょうね。
今、MDラジカセも値段が高いんですよ。
うちのMDラジカセ、壊れたので買い直そうとしたら、高くて手が出ませんでした。

やっぱ、番組内でもリスナーさんが投書してましたが、
ポッドキャスト販売が一番理にかなっていると思うのです。
はい。

管理者のみに表示