--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2012/11/25

チャイニーズウィスパー。

今日、母がお世話になっている高齢者マンションを出て。
その帰り、マッサージ屋さんに行ったのです。
京都方面からその店に行くことってあんましないので、ナビを頼りに行ったのですが。
3回も道を間違えた。。。

予約時間の5分前にお店に到着。
おかしいなぁ。高齢者マンションを出たの、1時間以上前のはずなのに。笑

で。今日担当してくれたのは珍しく女性。
何歳くらいだろう。多分30代前半かそんなもの。
話していて、どうもイントネーションにクセがある。
言葉の最初、濁音で始まる単語でも清音で発音することがある。

「大阪の方ですか?」
「いえ。違います。私外国人です」

「ハングッサラミイェヨ?」(韓国人ですか?)
「???」
「ニーシーチュングウォーレンマー?」(中国人ですか?)

中国語はこれと「シェイシェイ」と「ニーハオ」と「サイチェン」と「チャオズー」くらいしか知らん。


えっと。4年前に北京から日本に来たそうです。
結婚で来日されたということなので、おそらくよくある中国人とのお見合い結婚斡旋所を通してじゃないか、と。

そこまでは初対面の人に聞けなかった。

「日本人、やさしいから」

結婚で日本にきて、すぐにバイトを始めたそうです。
最初のバイトは京橋のスーパー玉出。

「あぁ。玉出のレジ係ってチャイニーズが多いもんね」

中国でもマッサージ師を4~5年ほどやっていて、
日本でまさかマッサージ師の仕事があるって思わなくて、
だから今ここで働いているのが楽しいそうだ。

ただ。日本にきて4年。友だちがまったくいないとのこと。
週に1度、ネットのビデオチャットで北京にいる家族と話すのが一番のストレス発散らしい。

「ご主人、カタコトでも北京語を学ぼうとしないの?」
「全然です」
「おもしろくないでしょ?」
「おもしろくない!です」

ってか、国際結婚するんだったら少しは相手の言葉を学べよってんだ。
じゃないと、相手にむっちゃ負担かかるじゃん。


しかし。本場中国のマッサージは効きますね。
肩が軽いし、腰も張りが和らいだようです。
この90分4千円ちょっとは価値あるわ。


彼女。何で日本にきてすぐ働き始めたかというと。
ま。これもよくある話で。
中国にいる家族に仕送りをしたいからだそうだ。

「日本と中国の物価ってだいたい3倍違うんです」

そっか。
そしたら例えばこのマッサージのバイトで月10万稼いだとしたら、
それ全部仕送りをすると向こうで30万くらいの価値になるんだ。
そりゃ働くわな。

っていうか、何か。
彼女、ご主人のこと本当に好きなんだろうか。
うーん。。。
ま。人さまのことですしね。


今、中国人が就労目的で日本に来ることはかなり難しいみたいです。
留学生としてか、もしくは結婚して日本に来る。
それくらいしか手立てがない。

僕はこれに関しては何とも言えん。

でも。何だかなぁって気はします。
彼女、話していてとてもいい子でしたし。ウソをつく感じの人じゃない。


ま。何度も書きますが、人さまのことなんでね。
ただ。彼女4年も日本にいて友だちがおらんってのがかわいそう。
大阪にもたくさん中国人おるし。
僕が週3回昼飯食べているうどん屋のウェイトレスもチャイニーズですし。
努力すれば中国人の友だちは増やせるはず。
そこだけですね。僕が気になるのは。

だって。遠い中国から単身で日本にきて。
一番そばにいるはずのご主人と完全な意思疎通ができない。
かと言って、同じ言語を話す友人もいない。
孤独ですやん。


「今日はおもしろかったわ。勉強になりました。ありがとう」
「わたしも楽しかったです。・・・もっと話したかったですか?」
「うん」
「わたしももっと話がしたいです」


せっかく自分の人生をかけて日本にきたんだから。
彼女には日本を好きになってほしいと思ったわけです。
はい。
ただの日記 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。