--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2012/11/25

また万灯呂山展望台に行ってきました。

今日は朝イチにバイク屋に行ってオイル交換とチェーンの調整をしてもらうため、早めに家を出ました。
今朝は寒かったですね。山城大橋の気温計は朝8時半の時点で3℃でした。

こちらはP-01Dで撮った画像。

万灯呂山展望台

こちらはニコンのコンデジ(たしか8,000円くらいだったかな)で撮った画像。光学3倍ズーム。

万灯呂山展望台

バイク屋が開くのが10時ですので、9時半くらいにここを出たらいいか。
そんな感じでボーっとこの景色を眺めていたら、
後の方から「こらこらこらー!」って怒るおっちゃんの声。
振り返ってみると。
オフロードのバイクに乗った2人が展望台敷地内にバイクで入ろうとしてて、
おっちゃんが怒ってました。

マナーの悪い人がいるもんですね。
同じバイク乗りとして恥ずかしい。

ってか。展望台。地面や芝生を見ると、ところどころゴミが落ちている。
缶やタバコの吸殻。

タバコを吸ったのなら、マイ灰皿に捨てなさい。
缶飲料を飲んだのなら、持って帰りなさい。
ほんとに。


怒ったおっちゃんの方を振り向いた僕は、おっちゃんと目が合いまして。

「おはよう」
「おはようございます」
「ここなぁ、よくバイクで上がってくるんやけど、そのせいで芝生がボロボロやし、階段も崩れてもうたんや」
「マナーの悪い人らですね」

「僕、ここ時々来てるんですよ。なんかここから見る電車とか家とかちっちゃいでしょ。そんなん見てると、ちっぽけやなぁって思うんですわ」
「そやな。ここから景色を見ると、普段こんなちっぽけなことでクヨクヨしとったんかなって思えるわな。来てくれてありがとうな」

ありがとうって言われてしまった。笑
こちらこそありがとうです。
あ。このおっちゃん。この町の人なんでしょうが、自治体の方ではないみたいです。
ボランティアでもないみたいですが、単にこの展望台が好きなのでしょうね。
町の誇りと思っていらっしゃるのかも知れません。

数分ほどこういう言葉を交わして。
おっちゃんはどこかへ行かれました。

さて。おいらもそろそろバイク屋に行きましょうかと。
バイクに向かうと、向こうからおっちゃんが。

「そろそろ帰りますわ」
「どこから来たん?大阪か?」←ナンバープレートを見て。
「はい。実家がこの辺にありましてね。この辺にはしょっちゅう来るんです」
「そうかいな」
「でも。まぁ。歳を取るとやっぱこの辺に帰ってきたいですね。仕事さえあれば帰るんですけど」
「そやなぁ。仕事がなぁ。やっぱ大阪の方が多いもんなぁ」
「じゃ、行きます」
「おおっ。ご苦労さん!」

ご苦労さん???笑

ま。でも。こんなカッコいいおっちゃんと出会えたの、ラッキーです。
朝からいいことがありました。
ただの日記 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。