FC2ブログ
2013/01/31

AtermWM3800Rが発売されます。

昨日、UQから発表されましたね。

AtermWM3800R

AtermWM3800R

3600Rより30%ほど小さくなったそうです。
名刺よりも小さいんですって。
んで、重さも80グラム。

しっかし。あれです。
毎度のことながら、このピンク。何とも言えませんなぁ。

サブディスプレイも付いたし。
ボタンなどを見る限り、3600Rより使い勝手がいいのかなぁと思います。


スペックを見て。
ひとつだけ。
ほんまかいなぁと疑心暗鬼なところが。
それは。
休止状態からWi-Fi接続まで約6秒で接続ってところ。

これ、どうも信用ならん。笑

だってね。
3600Rが確か約15秒って書かれていたんですよ。
それが、実際に使ってみると
素の状態で40秒近く。
軽く設定をいじってようやく20秒くらい。

だからこの6秒って値もどうも信用できません。
まぁ、2月7日に発売ってことですので。
それ以降の有志たちのレビューを参考にしたいと思います。


あと。電池の持ちが悪くなったのが痛いですね。
休止状態だと、3600Rより長くなったんですが、
接続状態だと、2割ほど短くなっています。

まぁこれも。休止からオンになるスピードが本当に6秒なら耐えられるとは思います。

あと。これ。ブルートゥース搭載スマホなら、本体を触らなくてもオンにできるそうな。
アンドロイドなら専用アプリで管理できるとのこと。
確かに便利です。

でも。僕的にはそんなんより。
物理的なオン・オフスイッチが欲しかったなぁ。
きっとこれも、電源ボタンの長押しとかでしょ?
赤く点灯したら電源オフで、緑ランプなら休止とか。
それが結構面倒でねぇ。
シンセイの端末だと、側面にそういうスイッチがあるらしく、
それなら簡単じゃんって。


ちょうどね。
これの発売時期が、3600Rが出てからすぐに契約した人たちの縛りが解けるころになるので。
僕もそれに該当します。
買い増しでいくのか。
いったん解約して、新たにこれを契約するのか。

別に今のまま3600Rを使い続けるのもいいし。
ってか。むしろの方が余計なお金遣わなくてもいいし。
まだ電池ヘタってないように思えるし。

とかとか。


来年だったっけ。
WiMAX2が本格始動するって聞いたんだけど、
本当にするんだろうか。
どうも世間ではLTEばっか話題になっているので、
ちょい半信半疑です。

僕的には、スピードがいくら速かろうが、
帯域制御されるキャリアは、怖くて使えませんので、
WiMAXに期待するわけです。
UQ WiMAX | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示