FC2ブログ
2013/02/11

先日、お墓参りに行ってきたのです。

ウチの祖母が2月8日が命日で、
ウチの4番目の叔父が2月9日が命日。
んで、今年の旧正月は2月10日。

9日の土曜日に「あ。今日は命日だった」と思いだしまして、
ふらっとお墓に行ってきました。

ウチの家、祖母が他界してからそういう行事っぽいの
親戚一同が集まって参加するってのがめっきりなくなりました。

母を車に乗せて、京都の南部にある霊園まで。
ドライブがてらに。

んで母は車の中で待ってもらって
僕ひとりで、お花と線香とお酒を持って、お墓まで。

たぶんね、お正月に3番目の叔父と伯母がお墓参りをしていると聞いたので、
そのあとなのかな。
枯れたお花やお酒が残っていたのを掃除して、
あらためて線香をあげて手を合わせて。

4番目の叔父は僕が高1のころに交通事故で亡くなっています。31歳でした。
祖母は1999年に81歳でなくなりました。

その祖母と叔父が眠るお墓から100メートルほど離れたところに、2番目の叔父が眠るお墓もあります。
2番目の叔父は、1993年(だったと思う)の10月に亡くなっています。43歳でした。
そこも掃除をして線香をあげて手を合わせて。


そっかぁ。来年、2番目の叔父の歳に僕は並んでしまうんだ。
とかそんなことを考えていました。



そう言えば、1番目の叔父にはかれこれ10年くらい会ってません。
ずっとタクシーの運転手をしているはずなのですが、
そろそろ定年退職の歳になるんじゃないのかな。
ウチの母が今年で68歳になるし。
一番目の叔父は今年65歳になると思うのですが。

伯母は今年70歳なのかな。
神奈川と京都を行ったり来たりしてます。
70歳にしちゃ元気です。

3番目の叔父は今年59歳。この人も元気ですね。


多分、昨日か今日に3番目の叔父がお墓参りをしているでしょう。
んで、僕が来た跡を見て
「あいつ、また黙って一人でお墓参りしよったな」って思っているのかな。笑



こうやって親戚同士の付き合いがあるって、
おそらく母の世代(伯母・叔父の世代)までだと思います。
僕の世代になると、まず、僕に家族がおらん。
で、僕自身が従兄弟たちとほとんど面識がない。
おそらく街で会ったとしてもさっぱり分からないでしょう。

昔は朝鮮の人は先祖や親戚を大事にするとか言ったものなのですが、
今はそんなんでもないです。

ウチだけじゃないと思いますよ。
他の在日もきっとこういう感じのところが多いと思います。
これも時代の流れなのでしょう。


まぁ。僕の使命は、何年後か分かりませんがウチの母を天国に送り出すことだと思っていますので、
それまでは頑張ろうかな、と。
母さえ無事に見送ることができたのなら、
その後の僕の人生は、そうだなぁ。結構適当に生きるかも知れません。
頑張る必要ないしね。
正直、いつ死んでもいいとさえ思っています。
ただの日記 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示