2013/02/24

演歌リサイタル。

このブログがきっかけで実現した、高齢者マンションでの演歌リサイタルショー。
今日、無事はじまって終わりました。

KBS京都の毎週木曜日朝8時半から放送されている、
「夢ステーション」という番組から、何人かの歌手の方がお越しいただけたのです。

演歌リサイタル

前半は各歌手のみなさんが一人2~3曲ほど歌われました。

演歌リサイタル

後半は入居者のみなさんとデュエットタイム。

演歌リサイタル


みんなとても喜んでいただけました。
いつもの、車椅子のオッチャン・Nさんも、あと何人かのじいちゃん・ばあちゃんたちも
「ここに来て一番楽しかった」って言ってもらえました。
歌手のみなさん、ご自分の持ち歌だけじゃなく、入居者のみなさんの年代に合わせて、懐かしい歌も歌ってくださったのです。
中には、それらの歌を聴いて、ずっと泣いているおばあちゃんもいました。
夕食の時間、なぜか何人かのじいちゃん・ばあちゃんが僕に「ありがとう」って。
僕、何にもしてませんよ。笑

あ。夕食の時間もね、あっちこっちで
「毎週木曜日、朝8時半のKBS京都テレビやね」
って声が聞こえていました。
みんなきっと毎週チェックすると思います。


とにかく。ほんとよかった。

このブログにコンタクトをいただけた、車椅子の演歌歌手・ウィリーさん。
そしてカンクラミュージックプロのみなさん、本当にありがとうございます。
ただの日記 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
久しぶりです。
お元気ですか、また慰問に生きたいです。
その節はありがとうございました
なかなか受け入れ側の調整が難しいですね。
主人公は入居者なのですが、どうしても運営側の都合が優先されることが多いです。
またいろいろ調整して、ご相談させていただきます。
その際はご検討よろしくお願いいたします。

管理者のみに表示