2013/03/31

今日の高齢者マンションは

朝から夕までパーキングが満車状態でした。

満杯

ってかさ。
年にこういう状態になるって数回しかないじゃん。
家族さん、もっと自分の親に会いに来いってんだ。
今日も何人もの入居者から、「うちの子供、なかなか会いにきてくれへん」って言葉を聞いたか。

とあるおばあちゃん。
耳が遠いので、僕はいつも手をメガホンみたくして、おばあちゃんの耳に近づいて話すのですが。
京田辺から来られた方でね。
僕も育ちが城陽だったもんで、隣町じゃないっすか。
親近感があって。
いろいろ話すんですけど。
ってか、おばあちゃん。ちょうどパーキングの真正面の2階に部屋があって。
僕が高齢者マンションに入ってきて、パーキングに車を停めたら
2階の窓から手を振ってくれます。
僕の名前は知らないけど、顔とナンバープレートは覚えてくれているそうで。
ってか、僕、入居者の家族って知らないようです。

そう。ここの何人かのじいちゃん・ばあちゃんにね。
僕は、ここの職員と思われているみたいで。
いや、入居者の家族ですねん、って何回も言っているのですが。。。
ま。いいや。

今日は、上に書いたおばあちゃんの簡単な生い立ちみたいなのを聞きました。
大阪の浪速区で生まれて育ちまして。
女学校を出てすぐに結婚。
京都の千本中立売に住む男性のところに嫁いだそうです。
その旦那さんがよく遊ぶ人で、浮気はするし、お金は入れないし。
だから、ばあちゃん。必死になって働いて。

子供も大きくなって、旦那さんが60歳になった頃に、
京田辺でお風呂屋さんをすることになったそう。

今で言う脱サラでお風呂屋さん???って思ったんですが、その辺はあまり深く考えずに。

京田辺で15年ほどお風呂屋さんをしてはって。
ほんで旦那さんが先に天国へ行って、
しばらくしてからおばあちゃんはお風呂屋を畳まれたのかな?
この高齢者マンションに入居されてきた。
現在、おばあちゃんは81歳。
ちなみにお子さんはお二人いらっしゃって、長男さんは60歳になるそうです。

ってか。60歳の息子さん。面会にきなさい。
自分の親、ほっといて何しとん。



ま。今日はこんな感じで。
ただの日記 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示