2013/05/01

オンラインストレージ。

タブレットとか、スマホとか。
ほんで、会社のPCとか家のPCとか。
いちいちケーブルで繋ぐのも面倒だし。
ま、ブルートゥースでやりとりをするのもアリなんですけど。
画像ならブルートゥースでもいいんですけどね。

特に。今回、東芝のウルトラブックを買って。
これからこいつをプライベートのPCではメインにしていこうと思う時。
どうもSSDの容量が256GBだと、心もとない。
ってか、家のデスクトップのデータを整理していたら、
いちいちUSBストレージや外付HDDに移動させるのも面倒。

あと。仕事を家に持って帰ってくる時とか。
出先でファイルを触らないといけない時とか。
今は、USB3.0規格があって、それに対応した外付HDDなら記録も速いんですけどね。
あいにく。僕が持っている外付HDDは2.0規格。

ま。こんな感じでいろいろ考えていたのですが、
たまたまGmailの画面を観ていた時。
「ドライブってあるじゃん」と気がつきまして。
ほんで昨日、まずはGoogleドライブを使ってみることにしました。
無料だと5GBまで。
「なかなかいいじゃん、これ」って感じでね。
ウェブ制作で使うファイルだと、そんなに重くもないですし。
5GBもあれば充分かな。

普段、メモ書きとかスマホで撮った画像とかは、よくEvernoteに上げてね。
たとえばこのブログを書く時とか、PCからEvernoteに入って、画像を落として・・・
って感じで使っていたのです。
ただ、Evernoteは、制限が多くて。

Googleドライブを試してみて。
家のデスクトップの画像フォルダ。
じいちゃん・ばあちゃんがたくさん写っているやつ。
ほんで風景写真。ネコの写真。
これらも、いったんクラウドに預けよう、と。
ただ、Googleドライブは無料で使えるのは5GBまでだったよな。
あ。前にKDriveに登録してたのを思い出した。
30GBまで無料でした。
よしそれを使ってみよう。

と思ったのですが。
何となくアマゾンを観ていたら、アマゾンでもクラウドがあるじゃないですか。



・・・。
結局。僕は、GoogleドライブとKdrive、そしてAmazonクラウドドライブ
の3つを使うことにしました。
あ。Evernoteもクラウドって考えるのなら4つね。

いちおうそれぞれ役割分担してます。
Evernoteは、ほんとノート代わり。時々画像を保存したり。
Googleドライブは、会社のサイト制作で使うファイル中心。
KDriveは、主に外付HDDに入れていたもの。例えば請求書のフォームとか、イラレで使う素材とか。
Amazonクラウドドライブは、プライベートで撮った画像や動画など。


でね。Amazonクラウドドライブに関しては、5GBまで無料なのですが、僕は有料で50GBまで借りました。
50GBで年間2,000円。一ヶ月換算167円程度。

50GBのクラウドを借りるにあたって、一番安かったのがアマゾンだったのです。

いちおうKDriveも30GBまで無料で、あとアプリ落としたり友だち紹介したりすると最大50GBまで無料になるらしいのですが、そんなのするのが面倒くさい。



というわけで。
それぞれのクラウドサービス。
いったいいくらするのか、まとめてみました。
各社、いろいろ容量のプランがバラバラなのですが、100GBなら各社のプランにあったので、それで比較してみます。
実際に僕が使っているところです。

まずは、Googleドライブ。
グーグル
4ドル99セント/月。
ってことは、今1ドル100円弱だから、年間なら、単純に500円×12ヶ月で6,000円程度。

続いてKDriveです。
Kドライブ
100GBが18,000円/年。
ただし、ここは30GBが無料でついてくるので、実質130GBになるはず。
その30GBもいろいろ頑張れば50GBまで増えるらしいので、そうなると150GBになるのかな。
(多分です。間違っていたらごめんなさい)
ここのいいところは比較的回線が空いていて、上げやすく同期がとりやすいってところでした。

そしてアマゾンクラウドドライブ。
アマゾン
なんと100GBで4,000円/年。安い。
ただ、アプリからだと同期するスピードが遅いようです。
あと、僕は日頃からアマゾンでよく買い物をするから、クレジットカードの番号をすでに登録しているってのも、有料版を使うにあたって大きかったですね。

最後にEvernoteです。
これは他のクラウドサービスとはちょっと使い方が違うのですが、ま、参考に。
エバーノート
年4,000円で月にアップできる容量が1GB。でも、●●GBまでって感じじゃなく、保存できる容量は無制限だったと思います。
ってか、最大容量どこにも書いてないし。

他にこういうサービスだと、ドロップボックスとかが有名ですかね。



僕の使い方だと。
会社のPCにアプリを入れて、私物のウルトラブックにはアプリを入れていません。
アプリを入れてしまうと、そのPCのCドライブもしくはDドライブに、クラウド専用のパーテーションができてね。
結局、PCのドライブ容量をくってしまうのです。
ま。もともとは、同期するってのが主旨だから仕方がないのですが。
だから、会社のPCならSSDの容量も多いし、それをメインにして、クラウドと同期させて、
ウルトラブックではクラウドのウェブページから、必要なファイルのみ落としたり上げたり。

ただ、会社のPCも、やっぱ会社のものですしね。
だから、もしかすると、ロースペックでHDDのウィンドウズマシンを、家用にもう一台買うかもしれません。
それを365日、電源入れっぱなしにしておいて、常時クラウドと同期できる環境にしておくとか。
まるで、自宅サーバーみたい。。。笑
そうなると、家用にもう1回線、必要になるってことになるなぁ。

こうしてどんどん出費がかさんでいく。。。
何のためのクラウドだっつーの。笑

ま。今日はこんな感じで。
はい。
その他(デジモノ関連) | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示