--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2013/05/23

今朝。

毎週木曜日は、掃除当番がなければ、朝8時半からKBS京都テレビでやっている「夢ステ」を必ず観るようにしています。
今度、6月の終わりに、高齢者マンションにきてくれる予定なんですよ。夢ステのみなさんが。
駅長さん、とてもいい方でね。男気のある方で。
またお会いできるのを本当に楽しみにしています。


で。その夢ステを観ていますと。
わ、この人、めっちゃ歌上手いし、オーラがあるわ~って人が出てらっしゃいまして。
小田矢かなさんって方なんですけど、
人の名前を覚えるのが苦手な僕が一発で覚えられました。
「小田矢かな」=「穏やかな」
そういう意味で芸名をつけられたのかは知りませんが、僕的には覚えやすい。
九州の方らしいのですが、時々京都にこられるんでしょうか。
いつか高齢者マンションにきてくれたら、みんな喜ぶだろうなぁとか思いながら
小田矢さんの歌を観てましたよ。

ほんで。最後に。
しいの乙吉さんが出てらっしゃいました。
へぇ~、この番組に、あの、しいのさんが出られるんだ~。
すげぇや~、駅長さん!
とか思いながら。

しいの乙吉さんの歌は、高齢者マンション近くのカラオケ喫茶で初めて聴きました。
とあるダンディなじいちゃんが、しいの乙吉さんの「ああ…大阪」って歌がお好きなようで、いつもそればかり歌われる。
んで、僕も覚えちゃいまして、一度友だちのお店で歌ってみたのですが、
自称北新地のスガシカオは、演歌を歌うとまったく冴えなくて。笑
ま。それはいいんですけど。


高齢者マンションでね。
みんなから「かあさん」って言われるおばあちゃんがいます。
そのばあちゃんが、本当に楽しみにしているんです。
夢ステのみなさんが来られるの。
他にも、○○さんや■■さん、あの人もこの人も。
入居者のみなさん、6月の終わりが来るのをとても楽しみにしている。

前に夢ステのみなさんが来てくださった時。
入居者のみんなの笑顔を見てね。
あぁ、歌って人を救えるんだ、とマジで感じました。
歌が人類を救うって、アニメの世界の話だけじゃないねんな、と。笑


ま。今日はこんな感じで。
はい。
ただの日記 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。