--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2013/06/30

夏になると

どうも疲れが倍増するような感じになります。
今日も家に帰ってきて、身体が重たくてね。
やりたいこといくつかあるのですが、何もする気が起きません。笑

高齢者マンションの喫煙スペースにて。
いつも仲良くしてくれる車椅子のおっちゃん・Nさんが、
ケアマネと大きな声で話していました。

眼科に行くのにどうやっていけばいいのか。
って話でした。
眼科は、マンションから車で行けば10分程度のところ。
本来なら、マンションの社用車でヘルパーが連れていく、ってなるのですが、
そうすると、1時間あたり2,500円取られます。
Nさん、それが嫌で、自分で行きたいとのこと。

せめてバス1本で行けたらいいのですが、
駅まで行くバスに乗って、そこからバスを乗り換えないといけない。
マンションから歩いて行くと、2.5キロほどあって、
健常者じゃないので、おそらく1時間くらいかかってしまう。
タクシーだと、往復で3,000円くらい。

Nさん、眼科には2ヶ月に1回程度通院するそうで。
まぁ、マンション的には今まで通り。
2ヶ月に1回程度なら、2,500円払ってもらって、
ヘルパーが連れていくってことにしてほしい。
ただ、本人が2,500円払うのを嫌がっている。

難しい話ですね。
マンションの近くに眼科があればいいのですが。

「兄ちゃん(僕のこと)、連れていってよ」
「…僕、入居者の家族さんって立場だし、多分マンション側が許可しないと思いますよ」


とか何とか話していると、いつもの僕が「かしまし娘」と呼んでいる3人組のばあちゃんたち。
このばあちゃんたちはタバコは吸わないのですが、気分転換に外の喫煙ブースに遊びに来られます。
ほんで、みんなであーだこーだ話しているのです。

この「かしまし娘」のリーダー的存在。
「かあさん」って呼ばれているおばあちゃん。
とてもいい人でね。
辛口でもあるんですけど、とても常識人でして。
今日は、僕のちょっとした愚痴を聞いてくれました。

その「かあさん」も言ってたなぁ。
このマンションの、いわゆる付き添いで外出するのに、取られる費用のこと。
「かあさん」にはご主人がいるのですが、療養型病院にずっと入院されています。
で、面会に行きたいのですが、マンションのスタッフに付き添ってもらうと、
上で書いた通り、お金を取られてしまう。
だから、年に1〜2回程度しか面会に行けないそうです。

これも、本来なら家族が連れていくって話なんですけど、
家族さん、あんまし来ませんやん?
来ても、忙しいって言って、サーッと帰ってしまう。

どうなんやろ。これ。

「家族は家族で、仕事が忙しいゆーて、無理言われへんし」

…僕、毎週土日来てますけど。。。
とか思いながら。


僕。母が在宅の時に思っていたのは、
こういう高齢者向けサービスって、ひとつ何かが足らないのですよ。
通院するにも、一緒に付き添ってくれるサービスがなかったのです。
だから、本来なら僕が平日、仕事を休んで付き添わないといけない。

こんなん、真剣にやってたら、僕、仕事できません。

母のケースはね。
何とか上手くできたのですが。

ま。だから、あれです。
こうして有料であっても、ヘルパーが付き添って通院できるサービスがあるってだけでも、ありがたいのですけど。
Nさんの気持ちも分かる。
たしかに、少ない年金のほとんどをマンションに納めて
(それでも、充分他の施設に比べたら安いのです)
残ったお金を少しずつ貯めて、将来息子さんのために…って感じなのに、
通勤に別途2,500円かかる。
そりゃ嫌だわ。


ちょっと考えてしまいますね。
うん。
ただの日記 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。