FC2ブログ
2009/09/20

ポッサムをつくってみた。

ポッサムは朝鮮料理でして、ま、簡単に言うと、煮豚です。

普段、まったく朝鮮料理を食べないぼくなのですが、
ときどき、無性に食べたくなる時があります。

昨日、たまたま近くのスーパーで、豚バラブロックが安かったので、
調理方法とかまったく考えずに、衝動買いしてしまったのですよ。

で、家でいろいろ考えてて。
せっかくだから、ポッサム作ってみたろうか、と。

無謀ですが。笑

えっと、ポッサムって、小さなころ、年末ですかね。
お正月料理の仕度をしに、家族で鶴橋に行った時に、
そこで買っていた記憶があります。
小さなころは、そんなに好きじゃなかったのです。
焼肉みたいに味もついていないし。
脂のとこが気持ち悪くて。

ま、でも。大人になって、時々韓国料理屋さんでポッサムがあったりすると
それを頼むんですよね。
大人になるとあの脂身が逆に美味しかったりします。


普段、ほとんど料理をしないぼくですが、
軽くネットで調べて、それを参考に少し自己流のアレンジをして
作ってみたら、意外に美味しくできました。
うん。これです。小さなころに食べていたの。

ポッサム

ちょっと豚バラだと脂身が多すぎますね。
今度は、ヒレブロックで試してみたいと思います。
あ、端の方にある赤いもの。これ、コチュジャンの代わりです。
「キムチの素」ですわ。笑

うちのばあちゃんが作るコチュジャン。
よその在日朝鮮・韓国人宅のものより、この「キムチの素」の味に近いと思います。
韓国料理屋で出てくるコチュジャン、なんか味が違うのです。
こっちの方が懐かしい味に思えます。
実際は、もっと甘かったのですけど。


で、ぼくにしてはすばらしく上手いことできたので、作り方を。

(1)まず、豚肉のブロックを買ってきます。
 多分、ヒレの方がいいんでしょうね。ぼくは今回はバラ肉でした。

(2)豚肉のブロックに、適度な量の塩をまぶしていきます。全体にです。
 この塩の量で、あとあと出来上がりのポッサムの味が変わります。量はお好みで。
 今回のぼくは、全体的にブロックに塗りこんだって感じの量でした。

(3)一晩ほど冷蔵庫におきます。
 前の日の夜に豚肉に塩を塗って、ラップして冷蔵庫に入れて寝る、って感じですかね。
 次の日になると、余分な水分が抜けます。

(4)次の日、ちょっと大き目の鍋に大目の水を入れて、火をつけます。
 沸騰してきたら、昨日の豚肉をそのまま入れます。
 
(5)約30分、煮ます。
 ぼくの場合は、ミョウガとかなかったから、
 かっぱ寿司で買っておいたお茶の素みたいなのも入れました。
 臭みは一応取れたようです。

(6)約30分後、火を消して、2時間ほどそのまま放置。
 ま、その間に用事があったら外出するとか、そんな感じですかね。

(7)その後、豚肉を鍋から取り出して、ラップに包んで冷蔵庫へ。
 んで3時間くらい経つとちょうどいい感じで冷たくなっています。

(8)冷蔵庫から豚肉を取り出して、適当な厚さで切ります。
 この時、包丁で豚肉を切るのに感動します。
 「あ、これこれ、これがぼくが求めていたやつだ~!」って。

あとは適当にコチュジャンをつけるなり、
下地の塩の量が多かったら、そのままでも充分に食べられますし。
逆に、下地の塩の量が多すぎたら、出来上がりも塩味が強くなるので、
コチュジャン、いらんかもです。


ぼくが今回つくったポッサム、脂身が多かったので、脂の部分だけ取り除いて食べました。
残った脂身は明日にでも、炒め物をする時に使おうかな、と思います。


えっと。鶴橋とかで売っているポッサム、高いんですよね。
少しの量で平気で1,000円以上します。
なので、今年の年末は、ちょっとこれ、ヒレブロックでもう一度チャレンジして、
次も上手くできたら、親のとこに持っていってあげたいな、と思います。
はい。
ただの日記 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示