FC2ブログ
2013/07/28

京田辺の花火大会が復活していた。

あれはいつだったか。
そう。僕がまだ、伸びた青春の影を振り返って確認できた頃。
(なんちゅう表現の仕方だ。笑)
当時お付き合いしていた人と話していたんですよね。
「今年は京田辺の花火大会が中止される」って話。

僕の実家じゃ、宇治の花火大会は少し遠くて。
でも、京田辺の花火大会は堤防から観られたのです。
だから、小さな頃から京田辺の花火大会は特別な思いみたいなものがあって。
で。大人になって。いい歳になってね。
たまたま大阪で、実家がある町の隣町に住んでいる子と出会いまして。
トントン拍子でお付き合いすることになってね。
そして、上で書いたような話を、いつぞやにしていたのを覚えているのです。

ってか。
こないだ。ヘルパーで八幡市に在住の子と話していて。
あそこ、太鼓祭りってのがあるらしく。
太鼓祭りって何やの?と。
同じ京都の南部でも、
八幡は微妙に文化圏が異なるのですよ。山城地区とは。
木津川から向こうの町なので、八幡に関してはほとんど無知なのです。

ま。ほんで。そのヘルパーと。
そういやぁ京田辺の花火大会って知ってる?と。
「さぁ。あ。でも、聞いたことあるかもです」
「あれ、だいぶん前に中止になったんやけど、今も復活してへんのかな」
みたいな会話をね、していたわけなんですよ。


で。今日。
何気に、京田辺のボロニア(任さんお気に入りの喫茶店。カレーが特に美味しい)の
コーヒーが無性に飲みたくなって、母と行ってきたのです。
そしたら。

京田辺の花火大会

あ。花火大会。
ママに。
「花火大会、復活したんですか?」
「えぇ、そうみたいよ。去年からかな。なんか2回目とか言ってました」

京都人の悪いところ。確信的に知っていても、あえてちょっとよく分からんけど…みたいな言い方をする。笑
そんなん、ママさん、きっと商店街にも加盟してはるやろし。
ってか、チラシ、置いてるやん。笑

っていう僕は、こういう言い回しにツッコミたくなる、
大阪人の感覚に染まりきってしまった男。笑


8月15日と16日かぁ。
きっと実家近くの堤防、車でいっぱいだろうなぁ
ま。でも。42歳にもなったし。
ここいらで久しぶりに、観に行こうかな。

あ。8月17日はね。高齢者マンションの近くで花火大会があります。
多分その日は夜遅くまでマンションに残って、花火を観ると思います。
去年もそうしました。
去年はマンションの5階で観たんですよ。
今年はね。その5階に、仲のいい「元極道のおっちゃん」がいますので、
母だけじゃなく、そのおっちゃんや、かしまし娘の皆とか誘ってみたいです。
ただの日記 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示