FC2ブログ
2013/08/11

団結。

高齢者マンションの入居者の人たち。
かしまし娘(でも4人)のみなさんや、元極道のおっちゃん。
みんな何かしら施設に対して思っていることがあります。
で、その「何かしら」はほぼみんな同じことです。
僕も同じこと感じています。

で。夕方はまた、かしまし娘のみなさんと元極道のおっちゃんとダベるのですが。
それ以外の時間。
何人かの入居者の人に、それとなく
どう思っているか聞いてみました。
この施設について、です。

ただ、僕はあくまで入居者の家族で。
その立場は崩してはいけません。

世間話の延長のように。それとなく。
すると。
「ウチもいろいろ腹立つことあるよ。でも、ゆーても仕方がないし、諦めてるねん」

こう答える入居者、多かったなぁ。
で。だいたい腹立つところ、みんな同じ。


今日の夕方。いつものメンツが集まって井戸端会議をします。
僕は基本的に聞き役に徹します。
ただ、今日は僕は少しだけ仕掛けました。
普段なら、グループが違う元極道のおっちゃん。
彼をかしまし娘のみなさんを、同じテーブルにのせたのです。

だって言っていることは同じです。
それを、それぞれ別行動で動いて、施設の偉い人をつついても、
元極道のおっちゃんいわく「まるで破れ太鼓や」となります。

破れ太鼓のちゃんとした意味を調べてみたのですが、
映画のタイトル以外に検索では出てきません。
ま。でも、だいたい意味が分かるから、いいや。ってことでw


僕も不満を持っていて、あまりに気に障った時、偉い人に結構ボロクソに言うのですが、
他の入居者のみなさんとはやはり違う立場ですし。
彼らの中に入りすぎたりしたら、
下手をすると扇動したってとらえかねない。
扇動ならいいけど、そそのかした、とか言われたら嫌ですし。


僕が以前。ここの取締役クラスの人に、ケチョンケチョンに言ったこと。
かしまし娘の一人が知っていました。
どうやら、○○さんを通して聞いたそうです。
だから、ある意味、僕も入居者のみなさんと同じスタンスなのですよ。


今日は、僕はなるべく黙っていて。
元極道のおっちゃんとかしまし娘のみなさんが話すのを、
ただただ「うんうん」と聞いていました。



で。近々、みなさん。行動を起こすことになりそうです。
みんな団結して、偉い人と交渉の場を持つ方向に向いています。



不平不満。
と言っても、僕が聞く限りではそれはわがままではありません。
言って当然のことです。

集団交渉の場を持てたとして。
果たしてそれが彼らの納得いくレベルで解決されるか。
すべてが解決されなくてもいいかも知れません。

ただ、それを言って少しでも彼らの気持ちが発散できれば。
ってか、そういう場を持てば、少しは彼たちの言い分を聞いてくれるでしょう。
だって、彼らはある意味顧客でもあるんだし。



ここは、もしかすると最後の家になるかもしれないところです。
「仕方がない」って思うのも正解でしょう。
でも、少しでも安心して暮らせるよう、自主的に問題解決に向けて行動を起こすのも正解です。

僕は一歩下がったところから、彼らを援護できれば、と思っています。

が。ウチの母もしくは僕に何か降りかかってきたら、徹底的につぶしにかかります。
半端な気持ちで介護はできません。
ただの日記 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
« パンの耳。 | HOME | 関西弁 »