--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2013/08/25

また言われた。

高齢者施設にて。

「この業界の方ですか?」

こないだ入られたヘルパーさんから。
これで4回目くらいです。このセリフを言われたの。

「いいえ。全然違う仕事してますねん」
と言うと、一瞬向こうの空気が止まる。
うーん。。。



入居者の中でひとり、神経質な人がいましてね。
結構文句言いの人なのです。
確かに。彼女の言っていることは8割ほど正しい。
残りの2割は、過剰反応だと僕は「分析」しています。

で。高齢者施設の偉い人たちを捕まえて、文句を言います。
それが結構長い期間続いているようでして、
おそらく。捕まった職員たちは、彼女が満足行くような対応をしていない。
ま。時間がないから、とか、ちょっとした心遣いができないような表現を使ったりとか。
なので、彼女は怒りがおさまらない。引きずる。
さっき、残りの2割は過剰反応と書きましたが、
その2割を解決すれば、きっと残りの8割は彼女からすると我慢できる範疇だと思われる。


ってか、もっとしっかりせーよ、と思います。
肩書きがついている職員。
僕が知る限りの情報で言っても、
なんでそういう対応するかな〜と。
そりゃ何時間彼女と向き合っても、彼女の怒りはおさまらない。


先に感情があるのです。
で、後から理論付けをしていくのです。
だから、最初の印象が大事でもある。
なのに、ちょっとした苦手意識を出したら、
相手は神経質なのだから、簡単に見破られる。
そして心を開かない。

テクニックで対応できないのなら、真正面から相手にぶつかるしかありません。
ただ何を考えているのか。
結局、どこかで自分本位の対応をしてしまうから、
相手が「わたしのことを理解してくれない」と映る。

彼女が言うこと、全部真に受けるとややこしくなる。
本当に彼女が言いたいことは、おそらく全発言の中の数十パーセント。
それをブレないで彼女から引き上げて、対応する。


僕がはたからみて怖いと思うのは、こういった流れの中で、
彼女に対して、間違った判断をすることです。



僕は今でも母への対応について悔やむことがたくさんあります。
その時その時、最善の対応をしてきたつもりなのですが、
今振り返ってみると、
「あの時、エンシュアで乗り切ろうとしたことがダメだったのかな」
とか。いろいろ出てくる。

僕は、介護は常に100店満点の対応をしないといけないと思っています。
ちょっとした選択ミスで人は簡単に死んでしまうのです。

お医者さんは、目の前の症状に対して対応する。
でも。その目の前の症状を引き起こしたのは?
それは本人であり、家族であり、介護職員たちでもあり。
もちろん通院している主治医でもあり。

そして、それらの全責任は、保護者である家族にあります。



となると。さっきのおばあちゃんの件。
本質的なところで解決を試みるのなら、
家族が出てこないといけない。

彼女が今不満に思っていることは全て施設に関することです。
ただ、もし、出すぎたことをして、施設が困っているのなら、
ケアマネの力だけではどうにもなりません。
ってか。ケアマネって学校の担任の先生じゃありませんし。

うん。今の状態はね。
学校に置き換えると。
学校にいろいろ不備な点があってね。
それを生徒さん一人で、担任や校長らとやりあっている状態。
で、校長や担任が生徒の立場を心底から理解せずに、
結構失礼なことを言っているって感じ。
生徒は、言われた失礼なことを、かなり根に持っています。

これ、保護者が入らないと問題の解決にならんでしょ。

と書いてみたものの。。。
僕は中学の時、学校と揉めたのですが
その時は全部ひとりで解決しました。
でも、いろんな人の知恵は借りましたね。
教育委員会の人とか、市役所の方とか。
ま。いいや。



僕がケアマネだったら、家族さんを呼んで、
んで、管理者を含めて、四者面談をするよなぁ。
とか、ばあちゃんの話を聞きながら思っていました。

ってか。
この施設。
サービス担当者会議がないのです。
おそらくそれがあれば、ある程度、彼女の怒りが治まると思うのですが。


なんかいろいろ考えさせられます。



あ。そうそう。追記します。
今日、腹抱えて笑った話がありまして。

いつもの「かしまし娘」。
最近では、施設からまったく出られないってことで
自ら「箱入り娘」を名乗っていらっしゃるグループ。
そのばあちゃんたちがイチオシするヘルパーさんがいます。
ま。その人をIさんとしましょう。

で。今日の夕方、外でIさんとしばしダベる時間がありまして。

「Iさん、入居者のみんなから人気ありますやん」

みたいな話をしていたのです。
すると。

「実は、こないだ詰所に貼ってある、スタッフ一覧表が勝手に変えられていたのです」
と。

詰所の前に、今日の出勤スタッフ表みたいなのがあってね。
スタッフの顔写真と名前と役職が、マグネットで一覧となって貼られているのです。

んで。ヒラのIさんが、チーフのところに。
チーフが、枠外のところに。
っていたずらがされていたそうです。

夕方、箱入り娘のみんなと話している時。

「あ。聞きましたよ。Iさんの写真をチーフのところに持ってきて、チーフを枠外にしはったでしょ???」

「はーい、それ、うちがしましたーーー」

と、とあるばあちゃんが挙手。

もう、腹抱えて笑いました。
はい。
ただの日記 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。