FC2ブログ
2013/09/20

信用。

いや。最近。頭の中は7世紀の東アジアでいっぱいです。笑
いろいろ調べてみると。どうやら。

高句麗から百済が「暖簾分け」みたいな感じ。
ってか、揉めたようですね。
んで、後に百済を立てる一派が、南方に移動。
そこを占拠した、いわゆる征服王朝が百済。

なので、支配層は高句麗と同じツングース系ですが、
一般民衆は、おそらく新羅とそんな大差なかったのかも知れません。
ま。この2国はよく領土争いしていましたので、
方言の違いはあれど、一般民衆は結構言葉が通じていたのかも。

で。百済の支配層と倭は非常に仲がよかった。
この倭が、奈良の大和朝廷を指すのか、それとも大宰府がある九州北部を指すのか。

ま。いずれにせよ。百済滅亡後、百済の遺民たちと倭、新羅と唐で
白村江の戦いが起きるのです。
そこで百済と倭が大敗して、半島から完全に百済が消えることになります。


まぁ。いろんな個人さんのサイトを見たり、
日本や韓国のウィキペディアを見たりして、
いろいろな説があるもんだなぁと。
ってか、いったい真実はどうなんだ、と思ったり。
ほんと、タイムマシンがあれば、4〜7世紀の東アジアに行って、
いろんなことを確かめたいですよ。

高句麗語・百済語と倭語の差異とか。うん。


ま。そんなことは僕の自己満足なので、どうでもいいのですが。
(こんだけ話をしておきながら。笑)



今日は夜に嬉しい一報が入りました。
いや。僕のことではないのですがね。
先日、紹介の紹介で、とある社長に話を振った案件があって。
どうやら、無事それがスタートしそうだ、と。
今日、丁寧なメッセを社長ご本人からいただきました。

うれしいですね。
こうして、人のつながりで何かが生まれるっての。
ってか。ちゃんと報告してくれるのがありがたい。
本当は、当たり前のことなのですが、
どうも、ここ近年。こういう礼儀とでも言うのでしょうか。
当たり前のことをおろそかにする人が多くなった気がします。

というのか。
僕自身がそういうのに気がつくようになったのかも知れません。

結局。仕事をするにあたって。お金うんぬんはとても大事です。
だけど、それだけじゃなく。
信用しているから、いろんな案件を任せられるし、一緒に進めていこうとも思える。
信用されるためには、やっぱ礼儀が大事だと思います。
あいさつ、ですよね。

あいさつをおろそかにする人とは、やっぱ一緒に仕事したくないなぁと思いますもの。


ま。そんな感じで。
社長からメッセをいただいて。
んで、すぐに僕は、その案件を僕に振ってくれた人に、報告メッセを送るわけです。
僕もね。そういうところはちゃんとしよう、と思うわけなのです。
はい。
ただの日記 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示