--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2013/10/13

やっと秋。

実家近くの堤防です。

堤防

何となく車で走った和束町。

和束町


夕方、めっきり涼しくなったのに。
いつもの「箱入り娘」は井戸端会議をしよう、と施設の表に出てきます。
僕も、気がひけるのですが、お話をたくさん聞きます。
風邪ひかせたら、おいらのせいだな。

「ばあちゃん、寒くないですか?」
「そうおもて、カーディガン持ってきたで」
「用意周到やろ、うちら」

嬉しいんですが、ちょっと。。。
日が暮れるのも最近めっきり早くなりました。
5時半過ぎになると、だんだん辺りが暗くなります。
ばあちゃんたち、見えるんかいな。

「ヘルパーさん、ちょっと、街灯をつけて」
「ここ、手動やさかいなぁ。誰か担当つけんとあかんなぁ」

ばあちゃんたち、強いわ。

「旅行でも行きたいなぁ」
「昔はよー連れていってもろた。家族旅行」
「でもな。こーんなとこ、入れられてもうたらな。もうおしまいや」
「なぁ。うちもそう思う」

いやいや、そんなことないですよ。

「今日の夜勤、誰や?」
「山口さんとちゃうか?」
「ここ、山口さんゆーても多いさかいに」
「あ。山口さん」←僕
「この人も山口さんゆーのんか?」
「はい。私も山口って言います」
「…あ。うちの旧姓も山口って言いますねん」
「ほんまですの。なら、今度から百恵ちゃんって言いますわ」
「うち、あんな美人とちゃうで」

「明日は祝日やろ?」
「そうなんですけど、明日は出勤なんです」
「なんでや~。また喋ろうなぁ」
「ま。そう言わんと。お兄ちゃんも忙しいんやさかいに」

「来週、また来てくれんねやろ」
「えぇ。もちろん」
「来週もまた喋ろうなぁ。よろしゅうやで」
「こちらこそよろしゅうお願いします」


ばあちゃんたち。
僕の今一番の友だちかも知れません。
ただの日記 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。