FC2ブログ
2013/10/21

FC2、どうも画像が上手くアップできないようだ。

なので、ブログの内容を変えます。


今日とある人と話してまして。
最近、フェイスブックで女性をターゲットにした詐欺グループが話題になっていると。
英語でメッセを送ってきて。
女性がレスをすると、甘い言葉で(もちろん英語)いろいろ語り掛けてくるらしい。
で。最終的にはお金が足りないから少し貸してくれ、という話になるそうだ。
その人は30万円だったそうですが、
こないだ会った人もそういう話をしていて。
その方の話では、中には300万ほど振り込んだ人もいるとか。

あ。さっきの30万円の人はちゃんと断ったそうです。

どうも。その詐欺グループ。
クアラルンプールにオフィスがあるとか。

もし。そういうメッセなどが届いた方。
注意してください。


で。思い出したこと。
今から15年ほど前かな。
知り合いの知り合いで、内モンゴルの女性を紹介されました。
あ。その方、既婚者なので出会いうんぬんじゃなく。

一度ご飯を食べにきてください、とおっしゃるのですが、
僕は何回か断りました。
でも、あまりにしつこいし。
「私の知り合いに朝鮮族の人がいるんです。会ってください」と言うので。
その方の家に行ったのです。

で。朝鮮族の人とも会いまして。
おいしそうなモンゴル料理も食べさせていただいて。

…ところで任さん。楽して儲けること、どう思いますか?と。

あ。。。もしかして。。。

そうです。当時流行っていたネットワークビジネスのお誘いでしたのです。
もう。僕、その頃。日本の方に何度もお誘いを受けて、全部断っていましてね。
正直、ウザい。
なので、そのことを伝えて丁重に断りました。


後日。他の内モンゴル出身者の方と話す機会があって。
その女性のこと、ご存じでね。
どうやら、大阪に住む内モンゴル人は、ちょっとしたコミュニティを形成しているみたい。

その方によると、彼女は。
日本にくる際、保証人になってもらった日本人がそのネットワークビジネスをしていて。
その影響で、断れなかったのではないか、と。
その内モンゴル人のコミュニティでも彼女たち家族は少し浮いた存在になっているとか。

ちょっと胸が痛くなって。

「任さん。私。故郷に小学校を作りたいのです。だから確実に速く儲けるビジネスをするのです」

なんかそんなこと言ってらしたのを思い出してね。


彼女の家は大阪郊外の古びた文化住宅でした。
そこにご主人とお子さんたち。たくさんいらっしゃいましたね。

今、どうされているんだろう。


ま。今日。そんなこと考えながら、バイクに乗ってました。
ただの日記 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示