--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2013/11/06

今朝、手術してきました。

余談ですが。
さっき、所用で高専賃の主任ヘルパーに電話をしたら、
「お疲れ様です!」って言われました。
距離が近いってことで嬉しいのではありますが、
僕、職員じゃないし、ちょっと複雑でもあります。笑


えっと。
高校の頃から、胸の下のところに良性の腫瘍がありまして。
ここんとこ、それが大きくなってきているなぁと。
寝ている時も少し気になるのでね。
来春、会社辞めるから、それまでに取ってしまいたいと思ったのです。

手術

クリニックに行くと、ここ外科だけじゃなく内科もやってられて。
インフルエンザ予防接種を打ちに来た方や。
どこかの会社が健康診断でここを指定されていたんでしょうね。
制服を着た事務職の女性が何人かいました。

ほんで。ちょっと待って。いやそこそこ待って。
先生とお話をして。
やっぱ腫瘍を取ってしまおう、と。

しかし。腕のいい先生だと思いました。
腫瘍ですが、本当は何か違う言い方をするようです。
でも何だったか忘れました。
要は、袋みたいなのがあって、それを破けないように摘出しないといけないらしい。
何か癒着していたようで、オペの時間。
15分の予定が30分くらいかかったそうです。
(緊張していたから、何分経ったのかよく分からない)

結局、出血はまったくなく。
摘出した親指くらいの腫瘍を見て、
あぁ、これがオイラの身体の中に25年近くあったのか、と。
変に感動をしたのでありました。

手術

で。クリニックを出て。
会社に戻って。しばらくして。
あ。薬もらってないやん。

処方箋、くれへんかったなぁ。

よーく思い出してみた。
10年前も、オイラは堂島の外科クリニックで、違う箇所の良性腫瘍を摘出したのでありました。
その時も最初は薬が出なかった。
あとで、痛くなって処方箋をもらいに行ったのですが。
先生、「薬、いるか?」ってなノリでしたね。

ちなみに。今日は午後の診察はお休みらしく。
なのでどっちみち、痛くても明日の朝まで待つしかありません。
今は、軽くジンジンするくらいかな。
ま。寝る時、痛むんでしょうね。


手術の時。軽く緊張しながらも、いろいろ見ていたのですが。
先生の動きに軽く感動しましてね。
まったく無駄がないなぁと。

手術中。
「先生、まるで『最強のドクター』みたいですなぁ。動きに無駄がまったくないように思えます」
とか何とか。えらそうなこと言っちゃって。

えっと。先生いわく。
ああいう医療現場が舞台のドラマ。最近はものすごくリアリティがあるそうだ。
『白い巨塔』とか。本当にありそうな感じらしい。

だけど。先生も僕も。
『半沢直樹』は、「あんなん絶対二人ともクビやんね~」って。
ま。手術中、そういう話で盛り上がりました。
はい。
ただの日記 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。