2013/11/27

Fonepad7を買ったのですが。

先週の木曜日に届きました。

ASUS Fonepad 7 TABLET / ブラック( Android / 7inch touch / Z2560 / 1G / 16G / BT3 / microSIM ) ME372-BK16ASUS Fonepad 7 TABLET / ブラック( Android / 7inch touch / Z2560 / 1G / 16G / BT3 / microSIM ) ME372-BK16
(2013/10/18)
ASUSTek

商品詳細を見る

購入理由は、それまで使っていたHW-01Eの電池があまり持たないため。
またHWと併用して使っていたedenTAB 3Gも同様に電池が持たないので、
いつも電池の残を気にしながらつかうのも、嫌だなぁ、と。

ちょっと高かったのですが、今まで「安物買いの銭失い」と言いましょうか。
ま、人柱的な購入が多かったので、今回はちゃんとしたものを買おうと思ったのです。
とは言っても、HW-01Eを購入して数ヶ月後に、FonePad7を購入。
まるで「Youtubeに商品レビューを載せている、ユーチューバーみたいだな」とかとか。

Fonepad7については、先日。
アマゾンでレビューをしていますので、よろしければそちらも合わせてご覧ください。
Amazon "Fonepad7" 「買って5日目の感想です。」


edenTAB 3Gと並べてみた。(左がFonepad7、右がedenTAB 3G)
だいたい大きさは同じです。少しだけedenTABが縦に長いくらい。

fonepad7

重さは、スペック上ではほとんど同じですが、実際に手に持った感じだとFonepad7が軽く思えます。
で、手に持った感じは、Fonepad7の方が持ちやすいです。

今回は長く使おうと気合を入れて購入したので、保護フィルムも一緒に購入しました。

fonepad7
(この時点ではまだ貼っていません)


この端末。とても電池が持ちます。
満充電から電池がなくなってシャットダウンするまで、僕の使い方じゃ3日ほど持ちました。
電池が残1パーセントの状態で、ブラウジングをずっとしていたのですが、それでも15分以上持ちました。
なので。多少ガシガシ使って電池が減っていても、「充電しなきゃ」ってビクビクすることがなくなりました。

Fonepad7は全機種のFonepad同様、CPUにATOMを採用しています。
なので、一部のアプリがちゃんと動作するか懸念したのですけど、僕が普段使うアプリはすべて正常に作動しました。

電池も持つし、画面も大きいし。なんせスリープ時に3Gを切らなくて済む。
edenTAB 3Gは、スリープ時に3G回線を切っておかないとどんどん電池が減っていくので、Gmailやフェイスブックのメッセージ受信には向かないのです。

家ではWiMAXを使っていますが、普段からWiMAXをオンにしていませんし。
あと。時々田舎の方に行くことがあるので、そこでもしパンクとかしたら…
WiMAXはほぼ圏外でしょうし。ウィルコムも圏外でしょうし。
やっぱFOMAプラスに対応している端末にはこだわるのです。


Fonepad7はLTEに対応していませんが、LTEよりもFOMAプラスの方を重要視する僕としては、ほぼ満点の端末。
…と、最初は思っていたのですが。

どうもね。Fonepad7、3G回線の掴みが悪いと言うのか。
ブラウジングやGmailを使っていても、時々ウンともスンとも言わなくなる時があります。
パケ詰まりのような現象です。

HW-01Eをしばらく使っていて。
電池の持ち以外はあまり気にしてなかったのですが、このHWには大きな長所がありました。
僕は普段。HW-01EはLTEを切って使っています。裏設定で"WCDMA ONLY"を選んでいるのです。
で。HW-01Eの3G回線。むちゃ速いです。パケ詰まりも滅多に起きません。とても快適です。
部屋の中だとLTEは不安定です。
だけど3Gでも充分速い。3G回線のみの運用でも特に不便を感じません。
むしろ、LTEと3Gの切り替えが起きないので、電池も節約できます。

Fonepad7を数日間使っていて。
「うん?何か遅いぞ」と。んで、「あれ?パケ詰まり?」とか。
edenTAB 3Gを使っている時よりも、なんか画面が止まる回数が増えたような。
どんどん疑問が沸いてきまして。


ちょっと実験してみました。
よくユーチューバーの方たちが回線速度のチェックで使用されている
OoklaさんのSpeedtest.netで、Fonepad7とHW-01Eの回線速度を同時にチェックしてみました。
edenTAB 3Gは今回、特に理由はありませんが除外しています。


■ テスト内容 ■
 ・回線速度チェック
 ・OoklaさんのSpeedtest.netを使用して、複数回、Fonepad7とHW-01Eを同時にテスト
 ・SIMはIIJ mio ファミリーシェアプラン契約(SMS機能付)のものを使用
 ・実施日時は、2013年11月27日、13:52から14:02までの10分間
 ・場所は、大阪・天王寺区の鉄筋コンクリートビル4階、室内
 ・HW-01EはLTEを切り、WCDMA(3G)のみ
Speedtest.net (Ookla) テスト

ざっとこんな感じです。

時間下り上りPING
HW-01EFonepad7HW-01EFonepad7HW-01EFonepad7
13:521.470.520.300.23273282
13:532.471.000.370.34558277
13:530.91×0.34×431×
13:542.060.690.370.35381349
13:553.241.250.400.291728504
13:562.740.530.380.32248529
13:572.950.760.370.30382354
13:581.570.660.370.20250507
13:591.441.380.360.30260244
14:001.461.610.020.33260231
14:013.27×0.31×301×
14:023.150.730.390.29215499
14:023.161.350.390.281735241
平均2.300.950.370.29540.15365.18

単位は省略しています。
それぞれの端末は、30cmくらい離しています。(単なる気休め)

Fonepad7の欄で「×」がありますが、パケ詰まりが原因と思うのですが要は測定不能になったところです。
平均について、Fonepad7の測定不能は回数に入れていません。
なので、HW-01Eは13回、Fonepad7は11回で割っています。

ま。こういう回線速度テストは、あくまで参考程度にしかならないのですけど。
それでも。やっぱり。
下りで結構差が出ていますね。2倍以上もHW-01Eが速いです。
PINGはFonepad7が速いのですけど、ただパケ詰まりらしきもので測定不能が、13回のテストのうち2回起きているので、何とも言えません。




ってなことで。エイスースさんに電話しました。
「こうこう、こういう感じなのですが、これって不具合?それともこの端末はこういうものなの?」と。

いや、本当はメールで問い合わせしようとしたのですが。
エイスースさんのサイト、とても分かりにくい。結構不親切。
なので、繋がらないのを覚悟して電話したのです。だけど、すぐに繋がりました。

結果。一度診てもらうことになりました。
今日は水曜日なのですが、金曜の午前に会社まで宅配の方が引取りにきてくれます。
おおよそ1週間以内に。これが不具合なのか、正常なのかの判断をしてくれるそうです。

いちおう。
・ファクトリーリセット
・複数のSIMを差し替え
はしてみたのですが、まったく変わりませんでした。
「省電力設定」が何かしら影響しているのかな、とも思ったのですが、
「パフォーマンスモード」にしてもしばらく様子を見ましたが特に変わらず。



まぁ、長々と書きましたが。
他にFonepad7の受信感度について、書かれているサイトなどがありませんでしたので、ちょっと詳細に書いてみました。
エイスースさんにFonepad7を引き取ってもらって、それが返ってきたらまた後日談を書こうと思います。



■ 追記 ■
「電波強度チェッカー」というアプリを使って、電波の強度を調べてみました。
場所は同じく、天王寺区の4階建て鉄筋コンクリートビルの室内です。

HW-01E

スクリーンショット

Fonepad7

スクリーンショット

こりゃ、違うわ。
そりゃ、速度や電波の掴みに差が出ても仕方がない。
うん。
ASUS Fonepad7 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示