2013/12/11

eden TAB 3Gをもっと使い勝手よく。

11月末にメーカーに送り出したFonepad7ですが、まだメーカーから何も言ってきません。
先日、僕の方からサポートに電話すると、現在検証中との返事をもらいました。
僕的には、買って14日以内でメーカーに送ったんだから、わざわざ検証しなくても、
新品と差し替えてくれたらお互い楽やのに、とか思いながら。

で。Fonepad7が検査入院している間。
思ったより長そうですので。
ま。すでに持っているHW-01EをRootedして、電池を長持ちさせる工夫をしてみたり。
それがなかなか上手いこといったみたいだから、
今度は、eden TAB 3Gでもやってみようかと。

あ。その前に。
今日、これが届きました。

アマゾンから

有線のコンパクトキーボードと、タブレットスタンド機能を持つUSBハブです。
電池面で不安のあるeden TABを家で使いやすくしようと思いまして。

■追記■
あとで分かったのですが、eden TABはUSBホスト機能がないので、つながらないのです…
仕方がない。やっぱFonepad7が帰ってくるまで待とう。


で。本題。
あくまで自己責任のもと。eden TABをRoot化しました。
HW-01Eの時より簡単です。
ネットで調べたら、すぐにやり方が出てきました。

Rootを取った後。すぐにCPU tunerを入れて。
いろいろ触ってみようとしたのですが、edenがちょっと特殊なのでしょうか。
CPUのクロック数がいじれません。
だから、できる範囲で設定をちょこちょこいじってみます。

今回の目標は、常にモバイルネットワークを切断しないで一日持つようにすること。
じゃないと、Gmailなどがリアルタイムに受信できませんので。

ってか、eden TAB。別にRootを取ってCPUを触らなくても、
買ってきた状態でホームアプリを変更する程度のカスタムをするだけで
スクリーンオフ時はほとんど電池を消耗しません。

触ると途端に電池が減ります。
だから省電力アプリなどで3Gを切るって発想をするもの、意味がないのです。
あくまで、3Gを切らない状態でどこまで電池が持つか。

で。キャプチャーを撮っていきました。
これ、ホーム画面です。

eden TAB 3G

タブレットでこのホームにすると、結構サマになりますね。

CPU tunerの設定はざっとこんな感じ。

eden TAB 3G

eden TAB 3G

スクリーンオフ時には、シングルコアで動かすってしました。(多分できていると思う)
HW-01Eの時は、結構細かく調整してみたんですが、edenだとクロック数を触れなくて。
結局、コア数をいじるくらいしかできませんでした。

ほんで、電池の消費具合。

eden TAB 3G

eden TAB 3G

今までに見たことがないくらい、緩やかにカーブしていってます。
いつもなら使った時間だけ、カクンって線が落ちるんですが。

セルスタンバイのパーセンテージがガクンと減りました。
で、モバイルデータの値がドンと増えました。

そして。まぁ遠慮がちに使えば。
edenでも、Gmail受信をメインに使っても1日持ちそう。
とりあえず合格ですかね。


すべてのedenがそうなのか分かりませんが、
僕のedenは100パーセントから75パーセントくらいまでは、ストンって落ちて。
40パーセントから20パーセントくらいで結構粘る。
そんな感じがします。


ちなみに。今日は、edenとHWをほぼ半分。同じくらいの頻度で使いました。
で、HW-01Eの方はこの時点で63パーセント残っています。
まぁ。こんだけ残ってくれたら、安心して使えますね。
EDEN TAB 3G | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示