--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2014/02/23

人さまの髪を切るって大変なんですね。

今日は母を散髪しました。
ええ。僕がカットしたのです。
というのも。
母は、いつも散髪屋さんに行くと、10分もしないうちに文句を言います。
機嫌が悪くなります。
「もう、早よして~なぁ!」
ってな感じ。

認知症患者に慣れている理容師さんでも「このお母さん、大変やなぁ」と言われる始末。
こりゃもうオイラがするしかね~な、と思ったわけです。

とりあえず昨日。ホームセンターに行ってハサミとクシを買いました。



そしてドライヤーやらヘアピンやら。
一応ハンディクリーナーも用意して。
頭の中でイメトレもして。
なんせ僕も初めて人の髪を切るのでね。
準備万端のつもりで高専賃に行ったつもりでしたが…。

いやぁ、難しい。
結局、髪を切るのに1時間。掃除に1時間かかりました。
ってか、ハンディクリーナーだと髪を吸い取らんのですね。
そういやぁ、QBさんとか。えらい大きな音がする掃除機(のようなもの)を使ってはったもんな。

ま。こんな感じです。



高専賃の管理者に見てもらいました。
「無茶苦茶ヘタっぴですわ」
「いえいえ。そうでもないですよ。でもこんだけ短くなったら数ヶ月は切らなくていいですね」
「来週、バリカン持ってくるので、襟足だけ揃えますよ」

今回、髪を切ったことで、母の後頭部にかぶれがあるのが分かりました。
早速ナースさんにおくすりを手配してもらって、今晩から塗布してもらうことになりました。

しかし。疲れました。
散髪屋さんってこんな大変なことを毎日何人ものお客さんにされているんですね。


ちなみに。今日の高専賃の夕食。



今日も美味しかったです。
が。入居者のMさんやTさんやらは結構残されていました。
なかなか難しいですね。
ただの日記 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。