2014/05/11

おばあちゃんの彼氏

高専賃にて。
月に数回。Kというおばあちゃんに面会にくる男性がいます。
Kさんは確か84歳だったかしら。
その男性はKさんより5歳ほど年下だと聞きました。

今日もその男性が来られていましてね。
夕食の後、僕がタバコを吸いにマンションの外へ出たら、いつものOさんやMさんと、Kさんにその男性がお喋りしています。
僕もその輪の中に入りまして。
約30分もの間、みんなで井戸端会議。

その男性、写真を撮るのが好きみたいで。
あっちこっち行った時の写真を見せびらかします。笑
早朝4時の山城大橋。奈良公園。八幡の桜並木など。

Kさんはあまり写真に興味がないようで、その辺を車椅子でウロウロ。
その男性は僕やMさん、Oさんに写真の説明を何度も何度も。
みんな忘れっぽいので、何度も同じ写真の説明をされていたのです。

ま。その中に数枚程度。
Kさんを写したものもありました。
「綺麗やろ?上手く撮れてん」

「昔はこのばあちゃん、べっぴんやったんやで」

Kさん、何か今日はキャピキャピしてはったなぁ。
結局、面会時間の6時を少し過ぎて井戸端会議は解散。
「次は11日に来るわ」と言って、その男性は帰って行きました。

Mさん 「あんた、彼氏帰ってまうで。追っかけんでええんか?」
Kさん 「追っかけたら、またここまで送ってもらわんとあかんやん。ウチ歩けへんのに」


これ、本当の話かどうか分からんのですが。
Mさんが聞くところによると。
その男性は、Kさんが初恋の相手とか何とか。
お互い伴侶を見送った後、長いことこういうプラトニックな関係を続けているとか何とか。

「恋って大事ですなぁ」
「そやで。恋は大事でっせ」


ま。そんな感じで。
僕もその男性に感化されて。帰りの信号待ちで1枚パシャリと。
彼みたく高級そうな一眼レフのデジカメじゃなく、そこいらにあるスマホですが。笑



さて。
明日は事務所近くの商工会議所に行ってみようと思います。
ただの日記 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示