2014/05/24

連絡ノート。

今日、高専賃にて。ひとつ引っかかるところがあってね。
施設トップの管理者と主任に、ちょっと話をしていました。

結果。
約1年、書いてきた連絡ノートが廃止されました。

連絡ノート

ま。高専賃が決めたことなのでね。
僕はこれ以上、何も言わないのですが。
ただ、上の画像にもあるように。
時々、はっとするようなことが発見できたりします。

在宅介護の場合は、こういう連絡ノートをつけるケースが多く。
僕もこういうのに慣れていましたので、
高専賃でこれが導入されるってなった時、
おっ、いいじゃん。
って思ったものです。
なんせ、ヘルパーと入居者・家族がコミュニケーションズ取る上で、
これがあると、だいぶん円滑に行くからです。

ただ。まぁ、高専賃にしょっちゅう面会にくる家族って、僕くらいしかいないようで。
だから、これが機能していたのは、
100人いる入居者の中で、ウチだけ。
それもちゃんと機能していたか、と言えば
どうでしょう。うーん。

あれです。
高専賃側がどういうきっかけか分からないけど、はじめた連絡ノート。
それを真面目につけていた家族。
だけど、それを生かせなかった高専賃。
結果、高専賃の都合で廃止。

ハートがないね。

ま。そんなこと言ってもしょうがなく。
僕としては、ちゃんと機能しなくなった連絡ノートを延命させるより、
高専賃側の組織編成をちゃんと機能させてくれる方が
ウチの母の身を守れるから、いいに決まっています。
ちょっと大げさかも知れないけど、
家族にとっての介護って、それくらいの思い入れがあるんです。
ただの日記 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示