FC2ブログ
2009/11/06

これはキツかった。

MRI

行ってきました。MRI検査。
行く前から結構怖かったんですけど、
やっぱりキツかったです。

筒の中に入れられて、約30分間
ただ身動きも取れなくて、目を瞑ってジッとしているだけ。

何か、質の悪いアンビエントテクノっぽい作業音が
流れては止まって、止まっては流れての繰り返し。
で、中はそこそこ明るいのですが、
目を開けると間近に壁があります。
なので、閉所恐怖症の人はまず無理な検査でしょうね。

途中から汗をかいてきまして、
こういう時って、あと何分とか考えると余計にキツくなるもんだと分かりました。
目を開けると精神的にキツいんでね。
目を瞑って、極力何も考えず。
自然と身体に力が入るので、途中で何度も深呼吸して。

でもやっぱり、ちょっと平常心を保てる環境ではありませんでした。
途中から、「死」について考えるようになったり、
「神」の存在について思うようになったり。
うん。


終わった時も、担当の方から声をかけられて、
筒から出てきて、ようやく
「あ、終わったんだ」って感じです。

音がなって、音が止まって、の繰り返しなので、
途中、自分で「終わったのかな?」と思うんですけど、
実はそうじゃなかった、ってのが何度もあり。
なので、本当に終わって担当の方から声をかけられるまで、
「まだまだ続く」と思うようにしていました。
じゃないと、余計に精神的に追い詰められるような気がしましてね。


ま、終わった直後はすぐには立ち上がれなく、
その後も1時間ほど気持ち悪い状態が続き、
こんな苦しい思いはもう二度としたくない、とまで思ってしまいました。


ほんと、人には勧めることはできても、
いざ自分がこういうのを受けるはめになると、
あきませんね。
ちょっと考えてしまいます。

今日の結果は火曜日に教えてくれるそうです。
ま、自分では特に異常がないと思うので、
それを証明してもらうために受診する、って感じですかね。
はい。
ただの日記 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
No title
私には無理な検査かも知れません。(笑)

目をあけると目の前に壁が迫っている状態で、30分以上なんて、想像しただけでも・・・ですね。
No title
たぶんぼくはあと数回、入らないといけないと思います。
時間を置いてだと思うんですけどね。

ま、これも長生きするためです。
仕方がありません。

やっぱ落ち込みますよね。
はい。
笑。

管理者のみに表示