2014/07/29

画像で見る原道 N70 3G

と、少したいそうにタイトルをつけてみました。
が、そんなに深く掘り下げたレビューではありません。
期待された方、先に謝ります。すみません。

原道 N70 3Gのスペック上の特長は

 ・7インチ 1024×600ピクセル
 ・CPU MTK8312 1.2GHz A7 デュアルコア
 ・GPU MALI400
 ・メモリ 512MB
 ・ストレージ 4GB
 ・SIMスロットあり(デュアルSIM)
 ・3G通信 WCDMA 2.1GHz帯
 ・バッテリー リチウムイオン充電池2800mAh
 ・カメラ イン、アウトともに30万画素
 ・MicroSD対応
 ・BT、無線LAN、GPS対応

って感じです。

N70 3Gの電源を入れた時に感じるのは、
「うわ、ぎらついてる」っての。

N70 3G

画像じゃ分かりにくいのですが、
縦画面で持つとかなりぎらついている感じです。
横画面で持つとそのぎらつきが緩和されます。
ってか、これ、もともとカーナビとかさ。
横画面の用途で使う前提の液晶違うん?って思うくらい。
しかしながら、やっぱTFT液晶ですので最低限の美しさは保っております。
NEXUS7とか他の立派なタブレットと見比べなければ大丈夫。と、言ってみる。
あと、付け加えるとしたら、あきらかに他の7インチと比べて縦が長く横が短いです。
なので、若干文字の縦横比がおかしいと思います。
縦で持つと少し長体がかかった感じ。横で持つと少し平体がかかった感じ。


裏面はこんな感じです。

N70 3G

結構持ちやすい。
ここでひとつ注意点。
右下のところに製造番号が記されています。
今回、僕が購入したのはCZから始まるもの。
某掲示板情報によると、
CZから始まるものには害はないのですが
スパイウェアなアプリが入れられているそう。
実際、僕のにも入っていました。
 ・rs_9103_v21
 ・XBKPSearch.apk
 ・XBKP.apk
これ、なかなか消せなかったのですが、
僕の場合は、
一度ファクトリーリセットをして、最初の設定をしなおして、
その後すぐに「システムアプリの削除」をインストールして
それで消しました。
(この方法でも消せない場合があるかも知れません)


SIMカードスロットとmicroSDカードスロットは上部のここをパキッとめくって。

N70 3G

左がSIMカードスロット。右がmicroSDカードスロット。

N70 3G

SIMは2枚刺せます。
下は通話用だったかな。
上がデータ通信・通話どっちも対応できるスロットだったと思います(すみません。あいまいで)。
下のスロット、空きのままでも使えるのですが、
電源を入れた際にいちいち
「SIMカードが入っていませんけど?」
みたいなことを英語で聞いてくるのがウザくて、
解約したソフトバンクのSIMカードを入れております。
それで設定で、下のスロットを使わないってできるので、
そうするといちいち面倒くさいことを聞いてきません。

あと、バンド帯を調べるアプリでチェックしましたが、
WCDMA 800MHz帯のチェックが入っていたんです。
でも、実際はFOMAプラスエリアでは電波はつかみませんでした。

※この記事を読んでおられる方は重々承知だと思いますが、この端末は日本の技適を通っていません。ですので、もし3G・無線LANで通信をされる方は自己責任でお願いいたします。

実際にブラウザでヤフーを開いてみたところ。

N70 3G

解像度が低いので文字がつぶれるのは仕方がないとして。
やっぱぎらつくのであります。

N70 3G


メモリが512しかありませんし、カメラがまったくもって使い物にならないって点。
あと、多少もたつくことはありますね。
だけど、それ以外はごく普通に使えます。今のところは。
前にも書きましたが、

 ・電池が異様に持たないedenTAB 3G
 ・しょっちゅうフリーズするし、そもそもソフトキーの反応がおかしいNOVO7 CRYSTAL
 ・他のすべてが完ぺきに近いのに、売りであるFOMAプラスエリア対応の3G通信で詰まりまくるFonepad7

これら3台触ってきた僕にとっては、N70 3Gがごく普通に使えるって点だけで、素晴らしいと思うのであります。
ほんで小さいんですよ。この子。
大きさ的には、auのSHT21とほぼ同じくらいです。
なので、NEXUS7 2013版より小さいのです。
厚さはNEXUS7の方が薄かった印象がありますが。

いや、この子も致命的な弱点がありましてね。
液晶画面がすぐに傷がつくっての。
ほんと、ちょっとメガネ拭きでフキフキしただけで、スーッと傷がついたんだもの。
これには驚きました。
ま。この辺は先日の記事で対応策を書きました。


あ。多分、N70 3Gですが、購入店により設定が微妙に違うかもしれません。
僕が買ったところでは、使えないATOKが入っていました。
なんか、エレコムのBTキーボードを買った人にしか使えないとかいう警告が出たんですよね。
もともと、僕はGoogle日本語入力を使うので、すぐATOKはアンインストールしました。


だいたいこんな感じです。
今のところ、故障しなければ一番触る時間が多いタブレットになりそうです。
少なくとも、HW-01Eより安心して使えたりします。
無線LANがつながるとこだと、
Fonepad7がスペック的にもしっかりしていますし、電池も持ちますので
そっちの方を触ることが多いです。


あ。あと、電池の持ち。
僕の使い方だと、2日ほど持ちます。
待機では1時間に1~2%くらいの消費でした。

ってか。
なぜ僕は、メモリが512MBしかないN70 3Gを買ったのか。
普通に考えれば7,000円は安いけど、あと2,500円ほど足せば
メモリが1GBでIPS液晶のmomo9 3G クアッドコアやCOLORFLY E708 3Gが買えます。
この3機種は外観はまったくと言っていいほど同じで、バッテリー容量すら同じ。
ただ、液晶とメモリとストレージ容量、カメラの画素数が異なります。
それなら、やっぱメモリ1GBにIPS液晶でしょうってなるのですが、
いかんせんバッテリー容量が2800mAhってとこ。
クアッドよりデュアルの方が電池食わんのと違うかぁ、って思ったのです。
実際、N70 3GはFonepad7に比べて電池は持ちませんが、実用的には充分です。

ま。できればね。
N70 3Gで撮った画像をフェイスブックで上げる、みたいなことをしたいのですが。
ちょっとそれはこのカメラじゃ無理です。
ってか、7,000円ですし。
基本的なところがしっかりしているので、他のところがチープでも許せてしまいます。

そう。この子。B級感とでも言うんですかね。
いい意味でそれがあります。
でも、決してチープな作りではありません。
そりゃNEXUS7に比べたら、あきらかに見劣りしますが。

ただ、このB級感がたまらなく好きなんですよね。
はい。
原道 N70 3G | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示