--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2014/09/03

Linux系OSのファイルをWindowsに持ってくる。

先ほどのブログ記事で、HP Mini 110から取り出したハードディスク。

HP Mini 110 by Studio Tord Boontje

ただ、これはXPとLinux系のZorin OS Liteをパーテーションで区切ってデュアルブートで動かしていたものなのです。
外部HDDにして、Windows8.1につなぐと。
まぁXPは普通に読めます。
でも、Linuxの方は認識さえしてくれません。
フォーマット形式が違いますのでね。
LinuxだとWindowsのフォーマット形式(FATやNTFS)もサポートしてくれているのですが、
WindowsはLinuxのフォーマット(ext)をサポートしていないのです。

で。いろいろ調べてみまして。
そんでもって、いろいろ試してみて。
僕にとっては一番簡単で確実な方法がありましたので、ご紹介します。

“LinuxReader”

フリーウェアです。これをインストール、起動させると。

Linux系OSのファイルをWindowsに持ってくる。

Linuxで使用していたパーテーションの中身を閲覧できます。
そして、Windowsにコピーしたいフォルダを探します。
まぁ大概のケースは、ユーザー名のフォルダを探せばそこに該当するファイルがあると思います。

Linux系OSのファイルをWindowsに持ってくる。

Zorin OSで使っていたデスクトップの壁紙が見つかりました。
右クリックでセーブ。ドラッグ&ドロップはできません。

Linux系OSのファイルをWindowsに持ってくる。

まぁ、こんな感じです。
まさかこんなに簡単な方法でZorin OS上に置いていたファイルをWindowsに持ってこられるとは思いませんでした。
よかったです。はい。
WEB制作系の話 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。