--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2015/02/22

キムチ屋さん

宇治田原町を車で走っていたら、偶然見つけたキムチ屋さん。



なぜこんなところにキムチ屋さんが?
ってな感じだったんですが、勇気を出して中に入って
白菜キムチを買って、家で食べてみたら
なかなかイケルじゃん!みたいな。



屋号は「ソンマッ」って言います。
直訳すると、手の味。
手で丹念に揉まれた、手作りの味って感じでしょうか。

昔、祖母が生きていた頃よく話していました。
ゴム手袋とかしないで、手で直に丁寧に揉まれたキムチが美味しいんやって。
まぁ、今ならね。食品衛生的にどうなのか分かりませんが
昔の人はやっぱ手の味ってのを結構重要視されていたと思います。
このソンマッさんは直に手で揉まれているか分かりませんが。

キムチの味は、いたって普通。
この場合の「普通」は、いい意味です。
スーパーで売っているキムチは、なんか変。
焼き肉屋さんで出てくるキムチも、なんか違う。
韓国料理店で出てくるキムチは、なんかよそ行きの味。
鶴橋のキムチもそう。毎日食べていたキムチと違う。

店主さんもおっしゃってましたが、
在日が毎日食事の時に食べていた、あの味。
特に辛いって訳でもなく。
酸っぱくもない。
旨みが強すぎるって訳でもない。
匂いも強くない。
魚臭くもない。
普通に美味しい。
そう。毎日食べるためのキムチ。

店主さん、鶴橋の味ってチラシに書いときながら
「うちは鶴橋のキムチと違う」とおっしゃいます。

ってかなぜ宇治田原でお店構えはったんですか?
地の人やないらしいんですけど。笑

えっと白菜には相当こだわってはりまして
国産(日本産)のどっか←ゆーてはったけど忘れた
だそうで。
キムチのほんのりとした甘味を出すには、日本の白菜じゃないとアカン!と力強くおっしゃってました。

僕的には美味しいですし。
なんせ、店主さんと気が合うので。笑
あれからちょくちょく通っています。
今日もソンマッさんのキムチ、美味しくいただきました。
ただの日記 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。