--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2016/05/12

さよならWR250X

実はこの1か月ほど、WRの調子がよくありませんでした。
よくエンジンが止まるなどなのですけど。
そしてこの1週間。走行中にアクセルを戻すとエンジンが止まります。
それでも騙し騙し乗っているとバッテリー警告ランプがつき、それからは普通に走ってくれます。

バッテリーの寿命かな?と思ったのですが、セルはかかりますのでね。
おそらくインジェクションの誤動作ではないかと。
もしインジェクションの誤動作なら、下手すりゃメインハーネスの交換になってしまいます。
そしたらそれだけでも10数万の修理費。

それに、前後タイヤ、ブレーキパッドの交換などなど。
それらを含めるとおそらく20万くらいの修理費がドカーンとやってきます。
あ、あと。シートが経年劣化によって水漏れします。笑

まぁ、距離を乗っているので、
それらに加えて、チェーンの交換やスプロケットの交換などもそろそろ考えないといかんでしょう。
んで、ちょうど自賠責保険の切り替えの時期でもあったし。

こりゃそろそろ乗換かな…。
走行距離は68,500キロ。
約6年のお付き合い。

ま。ここは今の自分の経済力も冷静に見て。
やはり乗り換えようとなったのです。

で、昨日。いつもの京都南部にある某バイク屋さんに行ってきました。

13177165_1306730516021439_4852963235413233049_n.jpg

査定をしてもらったのですが、やはり。
検査をしてもらったところ上記の懸案事項に加えて
・フロントフォークに若干のブレ
・クラッチセンサーが異常
など。モロモロ出てきました。

で。査定額は9万円。

うん?そこそこ高いぞ。
ま。エンジン自体はまだまだいけますしね。
インジェクションの誤動作さえ治れば、あとは消耗品の交換みたいなもんだし。
これらを治せば、WRだし中古で30万前後で店頭に並べば、きっと売れます。
それもバイクが好きな人が買うでしょう。


で。次のバイク。
ってか、なぜ京都の南のバイク屋で今回も買ったか。なんですけど。
最初は地元・寝屋川のバイク屋でいろいろ物色をしていたのです。
ただ。次乗り換えるとしたら、125ccのスクーターがいいよな、と。
そりゃ、WRに乗っていたんでね。できれば走りを楽しめるものがいいんですけど。
実際問題、仕事での移動に使うことが多いから、やはりメットインがいいなと思ったのです。
で、高速道路にも乗りませんし。ここはもう割り切って125ccだろう、と。

しかし。寝屋川の某バイク屋。ほとんど中古でタマがなかったのです。
ってか、今、125ccバイク市場が結構盛んなようで、新車も即納できないことも多いとか。
その上、中古となると程度のいいものがなかなか見つからないウンヌン。
ま、その店は全国に店舗を構えているので、探そうと思えば探せるし、簡単に取り寄せできるんですけど。

やっぱいつものバイク屋がいいなぁと。
ま、ちょっと電話かけてみよう、ってなノリでいつもの京都南部のバイク屋に電話してみると、

「任さん、今ちょうどね、125のバイクが揃っているんですよ」
「じゃ、今からそっちに行きます」

エンストするバイクを騙し騙し走らせて京都へ。

…125ccの中古バイク、5台しかないじゃん。
それも1台仮契約されてるぞ。笑
その上、あと2台はさっき入ってきたばかりみたいな、まだ洗車もされてないし値札もついてない状態。

「これ、なんぼですのん?」

まだ値札もついてない、インナーカウルが経年劣化で白く色あせたシグナスXがありました。
距離はなんと6400キロ。
ワンオーナーだそうで、前の方がおじいちゃんだったらしく。
買ったはいいけどほとんど乗らない状態で、バッテリーだけ放置で切れてしまうことばかりだったそうです。
「いい加減お金もったいないし、売るわ」ということで入荷してきたシグナスです。

そのシグナス、2007年型。国内仕様。キャブの最終版だったようで。
本体価格が14万8千円。
諸経費、ざっと3万ちょっとするから、乗り出し18万ですかね。
それに下取りの9万が差し引かれて、残金9万円。

即決しました。

外観は少しぼろいですが、樹脂部分の白あせは光沢を戻すスプレーがあるようなので、それで補修します。
ま、あとは乗っていくうちにちょこちょこ外装をいじるかも知れません。

距離が短いので、当分は消耗品の交換もないでしょうし。
ま、今回のシグナスは長くて2年乗ればいいや、と思っているので、
それまでのつなぎとして動いてくれればいいです。


えっと。約6年間乗り続けた相棒、WR250X。
今までお疲れ様でした。
まぁ、よく働いてくれましたよ。
なんせ高速道路でもなんら不安を感じない走り。
250ccでこれ以上のバイクはない、と僕は今でも思っています。
ってか、また乗りたいですね。
僕の長いバイク人生。
16の時に原付免許を取って、最初のバイクはMTX50Rっていうオフロードの原付でした。
それ以来なので、もうすぐ30年ですよ。バイク人生。
その中で間違いなく一番のバイクです。
WRを操れなくなった時、僕はバイクから降りるつもりでしたよ。
ま、6年間も同じバイクに乗ったっての、これまでありませんでしたしね。
修理にかけるお金が充分にあったのなら、引き続き乗りたいバイクです。

ってなことで。僕の次の目標は…
もう一回WRを買う。そのために働いて儲ける。

ちょっとは自分の欲を持ってもいいかな、と思うのです。笑

ほんと、何となく予想はしていたけど、ほぼ突然の別れ。
まるで男女関係みたいな。笑
そんな感じで、今回WRとお別れしました。
でも、悔いはありません。
バイク屋とも話していましたが、6年間で68,500キロもWRを乗った人。
おそらく日本で数えるくらいしかいないだろ、と思うのです。
(バイク屋はそんな人おらんって言ってたけど、まぁそれはないでしょう)

あ、おそらく次、元相棒のWRを乗る人。
もしかするとこのブログを発見するかも知れません。
その方にお願いというのか…。
大事に乗ってあげてください。
できれば、エンジンはまだまだいけそうなので、あなたがWRのオドメーター・100,000kmの表示を見てください。
どうか、ウチの元相棒・WR250Xをよろしくお願いします。

あはは。
ヤマハ WR250X | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。