--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2017/07/04

マジェスティSに乗って1600キロ超のロング距離ツーリングをしてきました。その3

IMG_20170702_090856.jpg

今回の旅の一番の目的は大分に来ることでした。
まぁ、あっちこっち行きたかったのでね。
電車だときっと不便だろうし、そもそも行きたい場所の近辺に駅がないかもしれません。
車は母が他界して必要なくなったので、売ってしまったし。
だから、バイクで行こう、ってなったわけでして。

今回の旅で熊本に行くかどうかは最後まで迷ったのです。
出発ぎりぎりまで上司と会えるかどうか分からなかったし。
だから、九州での初日の宿泊は門司にしたんです。
門司からだと、熊本にも大分にも行きやすいからね。

で、せっかくの大分。
できたら、豊後高田に行ってね…と思ったりはしましたが、そんな時間もなく。
ってか、九州はとても広いんです。
隣の市に行くだけでも小一時間ほどかかっちゃいます。

あ、そうです。大分のホテルに泊まった時、夜中地震が起きたんですよ。
震源地は阿蘇。

夕方までおったとこやん!ってね。
何とも複雑な気持ちになっていました。

で、話を戻して。
大分に来た最大の理由。
それは、4月末に他界した母が生まれた地なのです。
母だけでなく、伯母や叔父もこの地で生まれたそうなのです。

僕、一回も見てなかったんでね。
本当は母が元気な時に一緒に行けたらよかったんですが。
こないだ、母の未支給年金の請求をする際に、外国人登録原票の写しというものを法務省から送っていただいたのですけど、
そこに母の出生地が記載されていまして、
大分県佐賀関とありました。
母が認知症になってからも、この地名のことが覚えていましてね。
僕はいつか絶対に行くぞ、って思っていたのです。

今回、母が他界して、いろいろ思うこともあって。
今、行かないとアカンってね。

IMG_20170702_100628.jpg

大分市内のホテルからバイクで約1時間弱。
佐賀関です。

ここから伯母に電話しましてね。
「今、佐賀関におんねんけど、なんか覚えてることないか?」
「小学校があって、川があって、うちはよく学校サボって川岸で寝そべってたわ」
「わかった。小学校に行ってみる」

IMG_20170702_103951.jpg

どうやら、伯母が話していた川は埋め立てられたようで。
でも、小学校はちゃんとありました。
70年近く前でも、同じ場所だったようです。
そう。僕、佐賀関で何人かに「聞き込み」みたいなのをしていました。笑
小さなスーパーがあるのですけど、このスーパーは昔、すぐ近くの工場の中にあった購買。
従業員しか利用できなかったのを50年ほど前かな、工場の外に移設して、町の人にも利用できるようにした、とかね。

IMG_20170702_120648.jpg

僕はここから、フェリーに乗って、四国入りします。
ここのフェリー、佐賀関から愛媛の三崎港まで70分でつなぎます。
本数はおおよそ1時間に1本。
バイクと僕とで、計3,000円でした。

僕、これがやりたかったんです。

IMG_20170702_130106.jpg

大分と愛媛の間は豊後水道って言うらしいのですが、
ほとんど揺れない、平穏な海の旅を楽しめました。
陸はとても暑かったんですけど、海の上は涼しかったなぁ。


その4に続く
ヤマハ マジェスティS | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。