FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2018/02/11

今年初めてのブログです

この冬は寒いです。
特に、四条畷の山奥に引っ越ししたので、余計にそう感じます。
こないだなんて、朝8時台に168号線、交野方面に走ったら、気温計が-4℃って表示されていました。
この人生、こんなに寒いのを経験したことあるかなぁと思いながら、バイクを運転していたのですが、
狭い山の中を通る国道を、ママチャリに乗ったサラリーマンらしき人がいて、単純に「すげっ!」と思ったわけです。

ところで。12月下旬に中古で買ったマジェスティ 4D9。

IMG_20180211_142930.jpg

多分2000キロほど乗ったと思います。
ま。毎日通勤で50キロほど乗ってますんでね。
2か月足らずでこれくらいは走ります。
今日はその感想を書きます。

まず。第1に。
「燃費が悪い」
多分、今までに乗ったバイクの中で一番燃費が悪いと思います。
普通に通勤で使っていて、ざっと22~24km/リッター。多分、プリウスの方が燃費いいかも。笑
で、アシストモードをオンにしてもしなくても、僕の場合はそんなに変わらないみたいです。
最初はノーマルモードで走っていたのですが、今はほとんどアシスト1モードで走ります。

そして2番目。
「電源を入れるのに苦戦」
バイクなのに電源って…って感じなのですが、
このバイク、エンジンをかける時に、ボタンを押すタイプなのです。
でね、スマートキーをちゃんと持っているのに、電源が入らないってことが最初、何度も起きまして。
不具合ちゃうの?って感じだったのですが、
原因は…
ハンドルロックをかけた際に、少しでも右の方にハンドルが傾いていたら、電源が入らない仕様のようです。
そんなもん、マニュアルに書いてなかったぞ。ってね。
いや、それらしきことは書いていたのですが。
(たしか、ハンドルロックをかけたあと、ハンドルに負荷がかかった場合、電源は入らない…ってニュアンスの文章)
バイク屋で調べてもらって、過去の事例からそういうことがあるって分かりまして。
それからは、一発で電源が入るようになりました。

↑の2点は悪いところってなことで。
今からはマジェスティ 4D9を褒めます。

3番目。
「曲がりやすい」
いやぁ、こんだけバイクを傾けやすいって思ったの、セローの兄弟車・XT250Xに乗った時以来じゃないでしょうか。
ちょうと今住んでいるところが四条畷の山奥なので、どこに行くにしても、山を越えないといけないのです。
なので、クネクネ道をよく走るのですが、このバイクは非常に楽に走ることができます。

4番目。
「I-SHIFT」
某巨大掲示板では「必死ボタン」って言われていましたね。
ちょっと以前フォルツァを乗った時の乗り味がどうだったか…って感じなのですが
マジェスティ 4D9も、ノーマルで走るとなかなかしんどい場面があります。
信号が青に変わってのスタートダッシュは特に問題ないのですが、
普通に走っていて、追い抜きを要する場面、ノーマルモードではしんどいです。
そういう時、I-SHIFTを押すと、グイーンってパワーが入ります。
ただ…僕の場合、I‐SHIFTボタンの位置がね。
ホーンの下にあるんですが、間違ってホーンを鳴らすことが数回ありました。
ホーンを鳴らすことってあまりないので、できれば逆にしてほしかったなと思いました。

5番目。
「アシストモード」
正直、ノーマルで走っていると、ちょっと物足りません。
ちょうどいい速度帯では、特に不満はないのですが、
スロットルを全開に回した時、ついてこないんですよね。
アシストモード(1・2ともに)を使うと、その辺の不満はだいぶん解消されます。
スロットルを全開に回すのより、ほんの少しだけ遅れてバイクがついてくる。
オートマ車なんでね。ほんの少しのタイムラグは全然許容範囲です。
前に乗っていたマジェスティSのような感じに近い乗り方ができます。
ただ、しいて不満な点をあげると、
アシストモードで走っている時、
アイドリング時と、高速域(80km/h以上)の時はノーマルと変わらないのですが、
50~60km/h帯ではおおむねエンジン回転数が500から1000ほど高いんですよね。
それがちょっとうるさく感じる時があります。

6番目。
「窮屈じゃない」
前のマジェスティS。
走りは結構気に入っていたのですが、かなり不満だったのが窮屈さ。
このバイクの合う体格の人、おるんか?って思うくらい、
シート高はあるし、その割にフロアボードに足を置くと窮屈だし。
しかし。4D9は足を思いっきり伸ばして運転することができます。
おかげで、通勤が楽になりました。

ま。車格が大きいので、マジェスティSに比べ、すり抜けはしにくいですし
吉野家・すき家とかのファストフード店の駐輪場に置くのは気が引けます。
んで、フォルツァに乗っていた時ほどではないのですが、
車重があるので取り回しにも気を遣うことがあります。


フォルツァに乗っていた時は、どうも車体の軋みが気になったのですが、
マジェ4D9はまったく軋むって感じはないです。
で、乗り味はフォルツァよりもマジェスティ4D9はダイレクト感があります。
フォルツァってなんか一つフィルターがかかっているような、なめらか感があったのですが、
4D9はそのままっていうか、単気筒のバイクって感じがします。

なので、高速域。
エンジンのフィーリングに関して、100km/hを越えたくらいのスピードですと、
フォルツァはそれでも「流してる」って感じのフィーリングなのですが
マジェスティ 4D9は「走ってる」って感じのフィーリングです。
しかし、車体剛性はあきらかにマジェスティ 4D9の方が高いので、
どっちがいいかってなると、それは人の好みって感じになると思います。

しかしながら街中。
50~60km/h あるいはもう少し上の速度帯。
これは僕的にはマジェスティ 4D9の乗り味が好きですね。
このダイレクト感はフォルツァにはありませんでした。
その上、曲がりやすいしね。


今年の冬はめちゃくちゃ寒いので、あまりツーリングに行ってませんが、
もうちょっと暖かくなったら、ちょっと遠出しようと思います。
100km/h巡行を数時間するとどんな感じなのか、とか知りたいですしね。
ヤマハ マジェスティ 4D9 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。