FC2ブログ
2010/06/13

安房直子 『青い花』

今日から近畿地方は梅雨に入ったそうです。

ま。こんな感じで。家から徒歩15分くらいのところまでクリーニングを取りにいきまして。

あめ

んで。ふと。記憶が。
「そう言えば。小学校の時に、教科書に『青い傘』の話が載っていたよな~」

あらすじ。なんやったっけ。
なんか読んでて、とても印象がよかった物語だったのですよ。
でも。。。
傘の仕立て屋のお兄ちゃんが、たしか青い傘を作るんですけど。。。

くらいしか覚えていません。

えっと。
僕は小学校・中学校と朝鮮学校に通ってました。
教科書に載っていたのは、結構思想色の強いものばかり。
今、思い起こせば、当時は金日成主席から金正日総書記への世継の真っ最中でして。
そりゃ、思想教育も強くなるわな、と。
おそらく僕らの年代が最もそういうの、きつかった時期だと思います。

で。
その頃の教科書「日本語」って科目の教科書に掲載されていた比較的短い童話。
当たり前ですが、まったく思想色もなく。笑

何か一度気になりだすと、調べなきゃ済まないタチでして。

家に帰って、ネットでいろいろ調べてみました。
そしたら、あるもんです。
いやぁ、時代って便利になりましたね。

岩崎創作絵本『青い花』 安房直子作 南塚直子絵
http://www.iwasakishoten.co.jp/products/4-265-91101-3.html

本の説明には
「まずしいかさやさんが,雨の日に出会った女の子にすてきな青いかさを作ってあげました。そのかさは評判になり,かさやさんは大忙し。ところが…。」
とあります。

アマゾンにもありましたよ。

青い花 (岩崎創作絵本)青い花 (岩崎創作絵本)
(1983/01)
安房 直子

商品詳細を見る


絵本ナビには、とてもいい読者レビューが掲載されています。

http://www.ehonnavi.net/ehon00.asp?no=1820


で。もう皆さんお分かりになられたと思いますが、この本はもう買えないようです。
なので、大きな図書館とかで探すしかないようですね。
僕も家のどっかに小学校の頃の「日本語」の教科書あるかなぁと思って探してみたんですけど
多分、母に捨てられてしまっています。



ただ。。。この作品について。大きな疑問がありまして。
いろいろ調べてみるとこの作品。1983年2月28日に刊行されたものらしいのです。

ただね。僕が読んだのはおそらく初級学校(小学校)6年の頃の「日本語」の教科書。
僕が1971年生まれですので、1983年となるとちょうど小学校6年にはなるのですけど、
ちょっと時間軸的に合わないんじゃないかい??

朝鮮学校で本当に習ったのか、ちょっと自分の記憶が・・・って感じでしたので、
もうちょっと調べてみたら、確かに朝鮮学校の初級学校、
6年生の「日本語」ではこの「青い花」を掲載しているようです。

検索で調べたら、どこかのブログに掲載されていました。
ただ、いつからいつまでの話なのかは分かりません。


しかし。この作品。もう手に入らないってところが残念ですね。
手に入りさえすれば、何かが分かると思うのです。
僕は本当に初級学校時代にこの作品を教科書で読んだのか、ってとこも。

あと。すごく気になるのがこの話の終わり方です。
確かちょっと切ない終わり方だったと思うのです。


図書館、探そうかな。
寝屋川で日曜日にあいている図書館でそこそこ大きいところってあるんだろうか。
そもそも。図書館、大学ん時以来、行ってないと思う。
っていうか。今も図書館ってあるの?
TSUTAYAでさえ行かない男が図書館って。。。笑

とかとか。
ま。でも。読みたいので探してみます。
もしこのブログを読まれている方で、
この 安房直子さんの『青い花』についてご存知の方がいらしたら
何か教えていただけると幸いです。
謝礼は・・・晩飯くらいなら奢れます。笑



追記
この日記のつづきは
安房直子作『青い花』 を借りてきた。
をご覧ください。
ただの日記 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示