FC2ブログ
2010/07/04

家にあるバルキリーを並べてみた。

家にあるバルキリーを並べてみた。

左;リボルテック・ヤマグチ 3段変形バルキリー VF-1S ロイ・フォッカースペシャル
中;やまと 1/48 完全変形バルキリー VF-1A マックスタイプ
右;バンダイ 1/100 VF HI-METAL バルキリー VF-1J 一条輝タイプ

あと、やまと製 1/60サイズ 完全変形バルキリーがあればいいんですけど。
ちょっとまだ買う勇気がでないんですよね。

えっと。実はこの中で一番気を遣わないで変形できるの、
やまとの1/48サイズバルキリーだったりします。
慣れてくると結構ガチャガチャ遊べるもんですよ。

バンダイのVFハイメタル版は、胸のところが外れやすかったりするし、
やっぱりキャノピーがね、どの形態にしてもひとつ余るってのが。。。


フォルムですが、
やまとの1/48サイズバルキリーは、ファイター形態を重視しすぎてか、
バトロイドにすると、やっぱ「飛行機が変形しよった感」が気にはなりますね。
でも、発売されてもう何年だ?
今パッとネットで見たら一番最初の型の発売が、2002年の11月ってなってますね。
もう8年になるのかぁ。
やっぱその当時、感動しましたもんね。
今までのどのバルキリーより、バルキリーしている!って。

そう、肩の位置も結構違いがありますよね。
んで顔の大きさも。
バンダイのVFハイメタル版はなぜか足が短く見えますし。笑
逆にやまと版1/48バルキリーは顔が小さすぎますよね。

リボルテック・ヤマグチ版は。。。。
実は一回だけ変形させて、あとはずっと観賞用として置いているだけなのです。
だって、ファイター形態もそんなにカッコよくないし。ズングリムックリっぽく見えるし。
やっぱりこいつは、バトロイド形態のフォルムのカッコよさのためだけにあるんだ、と。


しかし。そう思うと。。。
バンダイのVFハイメタル版。すごいですねぇ。
バトロイドは秀逸ですけど、その他の2形態もサマになっているもんなぁ。


さて。やまと版1/60サイズ完全変形バルキリー。
買おうか、買わまいか。
うーん。。。

って感じでかれこれ2年近く悩んでいる。。。笑
やっぱり5千円が一つの境なんですよねぇ。
5千円越えちゃうと、どうも通販でもポチっとするのに勇気がいります。
だからねぇ。バンダイのVFハイメタル版。
あれ、最初4,444円(税込・送料込)だったのがね。
値段設定が秀逸だなぁと。
衝動買いしてしまうお値段なんですよねぇ。
やまと版1/60サイズバルキリーっておおよそ8,000円弱くらいからなんですよ。



とかとか。
ま。今日はこの辺で。
マクロス バルキリー VF1シリーズ | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示