FC2ブログ
2010/10/15

イザベラ・バード著 『朝鮮紀行』

朝鮮紀行

興味があったのでアマゾンから買いました。
せっかく本人の自覚がないまま、アマゾンのプライム会員になっていましたし。
たまには利用しないともったいないですもんね。

この『朝鮮紀行』という本。
19世紀にイギリスの旅行家、イザベラさんって人が日本から
朝鮮に入ってしばらくの間各地を旅行した、ってのをリポートしてらっしゃいます。
結構分厚い本でしてね。
昨日から読み出しまして、まだサラっと40ページくらいしか読んでいませんが、面白いですね。

19世紀後半のアジアって、公衆衛生って部分ではおおらかだったというのか。
いくつかの書評にも書かれていましたが、
北京を訪れるまでソウルが世界でもっとも不衛生な都市だと思った、てな記述があります。
でも、お城から田畑を抜けて農園につながる(←この辺、僕の記憶あいまいです)景色は他のアジアの国には観られない美しさだった、とか。

ま。このことから。
街の臭いはきついし、住みたいとは思わないけど、遠くから眺めたりすると非常に美しい外観。
そんな感じかなぁ~と思って読んでいました。


とかとか。
この本、結構な厚さですので読むのに時間がかかると思います。
数か月後になるでしょうけど、読み終えたらちゃんとアマゾンで感想を書きたいと思います。
ただの日記 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示