FC2ブログ
2011/07/02

またまた、おかしな夢を見ました。

そこそこ大きな商店街の一角にあるおでん屋さんで、僕は後輩と呑んでいました。
そこは生のバンドが演奏をするような店。
んで、バンドの演奏途中に白いシャツを来た、背の低い50行くか行かないかの男性が、
カラオケを歌いたいと言って、バンド演奏を辞めさせて自分が歌いだしました。
ラルクかミーシャか、そんな歌だったと思います。
それを気に入らなかったサラリーマン風の客が、その白いシャツの男性に、突っかかっていきました。

が。その時、僕には見えたのです。
白いシャツの男性。
シャツで隠れているのですが、胸元に立派な刺青が隠れていました。

「あー。突っかかっていったらヤバいかも」

案の定、白いシャツの男性も
「なんやこら、われー」
となりましてね。
普通なら、ここから派手なケンカになるんでしょうが。
実は違った。

その白いシャツの男性。
本当の目的は、そのおでん屋を乗っ取りにきたのです。
おでん屋の店主は早々にそれに気づきまして。

白いシャツの男性がサラリーマン風の男を軽く片つけるために、しばらく外に出ました。
その間、店主は「来る時がきたんや!いずれそうなると思ってた。腹は決めてる!」と大きな声で叫んでいました。

数時間後。
僕は呑みすぎたのか、ちょっとその間の記憶がありません。
結局、白いシャツの男性の事務所が経営権を買ったのかな。
んで、新たな体制でそれまでの店主さんと雇われ店長に。奥さんはパートのおばちゃんに。
あと何人か、組の若いものがバイトをしていました。


ただね。
この後、変な風習がありまして。

もうすぐ始発の電車が動く頃、って時間。
僕はおでん屋のトイレに行くのです。
トイレは、お店を出てちょっと歩いたところ。

トイレの中に入ると。
新札が、1万円3枚、5千円3枚、千円が数枚、トイレの周りに並べられています。
なんか。お店が新しくなる際に、この地域ではトイレにお札を並べる風習があるそうで。

僕はネコババするかどうか、一瞬悩んだけど
やっぱり駄目だよなぁ、って思って
結局、何も取らずにトイレを出ました。

なんか時間が、朝から夕方に変わっていましてね。
おでん屋が入っている商店街も人通りが激しくなって。
駅へと続く連絡道には主婦やサラリーマンが沢山歩いていました。

僕がトイレの方を振り返ると、
おそらくCDショップから出てきたのでしょう。
AKB48のCDやポスターをたくさん買った20代のお兄ちゃんがトイレに入ろうとしていました。
「あの子、どうするんだろう」
とか僕は思いながら、またおでん屋に向かうのです。




ってな夢。
昨日は12時に寝まして。
今朝は10時半に起きました。
人間って、こんなにも眠れるんですね。
さて。今から京都に向かいます。
ただの日記 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示