FC2ブログ
2011/07/16

今日もとてもとても暑かったですね。

京都のお昼、国道の気温計を見たら37℃ですって。

今日は朝に写真屋さんに行って、暑中見舞いを受け取りました。
あ。母の写真を撮って、それを暑中見舞いにして、今までお世話になったところさんに送ろうと思っているのです。
私製ハガキでしたので、20枚刷って税込み1,500円。
思った以上に安かった。

んでスラックス3本をクリーニング出して。

食事摂ろうと思ったのですが、昨日残業が長かったので遅めの晩飯だったんですよね。
だから今日は朝も昼も食事を摂りませんでした。

そして京都に行って、母のアパートをチェックし、
地元のスーパーで母の差し入れを買って、
この暑さのせい、途中の道のりで傷んだらアカンので
冷凍のアクエリアスを保冷材のかわりに買って。

病院に到着。
すると、相談員と看護部長さんからお話があるということで。
まず、相談員さんは、介護認定の面接、今からしてよろしいですか?とのこと。

あれ?病院の相談員さんだけで済むことなんですか?第三機関の方が面接されるもんだとばかり思っていました。
ま。相談員さん、僕に気を遣ってくれたんですよね。
本当なら病院側でチャチャーっとやってしまえることなんでしょうけど。

んで看護部長さんとの話。
最近、母が夜に病室から出ようとするらしく。(母はその自覚がありません)
本当なら、前のおばあちゃんとよく喧嘩するので、母の病室を変更する予定でいたのですけど
母が出歩くようになったから、やはりナースセンターの前の病室から動かせない、とのこと。
前のおばあちゃんも、要注意もといVIP待遇(笑)の患者さんなので、今のところ病室の移動は考えられない。
今後の様子をみて、病室移動は検討させてもらう、とのことです。

ま。先週相談員さんに、前のおばあちゃんとウチの母が仲が悪いってこと話していましたのでね。
病院側もいろいろ検討していたのでしょう。
こちらとしては、「お任せします」としか言えない訳でして。

あと一つ。僕は母のこと。ま。些細なことでも変わったことが起きれば、電話一本でいいから欲しい、とお願いしているのです。
僕が保護者になっているので、当然だと思っていたのですが、
どうも、そういうケースは今までこの病院ではなかったようでして。
先々週、母と前のおばあちゃんの間にパーテーションが立てられた時も、「できれば一本、僕に電話を入れて欲しかった」とお伝えしていたんですよ。
そこが看護部長さん的には引っかかったようで。
言葉悪いですが「なぜ、些細なことでイチイチ息子さんに連絡を取らないといけないの」って感じでした。

僕としては、病院側がそういう判断ならそれに従うけど(病院に任せる)、
もし、僕が気づいた点があれば、遠慮なく言わせてもらう、と。

看護部長さん的には、「なぜパーテーションを立てたことにこだわっているか分からない」。

いや、パーテーションにこだわっているのではなく。
その理由をあらかじめ知っておく必要があったからですよ、と。

もし、僕があらかじめ病院さんから連絡をいただいて、
今、母と前のおばあちゃん、喧嘩が絶えないと知っていたら、
少なくとも土日の母の面会で対応を考えますよね。
んで、前のおばあちゃんに何か言われた際、どう対処すればいいのか、事前に病院の方に聞くことも可能だった訳で。
僕は看護のプロじゃないので、もしかすると対応にミスをするかも知れません。
事前にどう対応すればいいのか知っていたら、ミスをする可能性が少なくなります。

僕はウチの母に対しては責任をもちます。しかし同じ病室の患者さんに対しては責任をもてません。
だから、素人ですがせめて対応策は知ってミスをしないように。
病気だから入院しているのです。
患者さんには罪はありません。
健常者の方がこういう時、配慮するのは当たり前じゃないでしょうか。

云々。
いろいろ話しました。


疲れました。
あっという間に時間が過ぎて。
家に帰ったら、暑い中、バイクに乗っていたせいもあって、クタクタ。
とりあえず食事は6時ごろとりました。


てなわけで。
今夜は家でのんびりさせてもらいます。
明日も病院に行きますしね。
ただの日記 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示