FC2ブログ
2011/08/18

コンピュータグラス。

普段の生活でおおよそモニターを12時間以上観ている僕。
それもこの仕事をしだして、もう10年ですよ。
モニターを観ていたら、なんかよく分からん蚊みたいなのが飛んでいるのが当たり前。
んで、時には吐き気までする。
一応、モニターの明るさ調整したり、よく使うソフトの背景色を緑にしたりして
以前よりは少しマシにはなりましたが、やっぱり目の負担は大きい。

まだこの仕事。少なくとも3年はしないといけません。
体調不良で引退ってのも嫌ですし。

こりゃあかん。
なんかないもんかいなぁ、とアマゾンでいろいろ検索すると。

コンピューターグラス CG-012コンピューターグラス CG-012
(2005/02/28)
ヨシムラ

商品詳細を見る


こういうのがありまして。
そういやぁ。僕が中学くらいの頃、京都・寺町のJ&Pとかでこういうの、置いていたなぁと。
いちおう、レビューも読んで。
よし。買おう。ってか感じです。

んで、今日届きました。

コンピュータグラス

僕のメガネに装着。

コンピュータグラス

気になるのが、これ、レンズに挟むんですよね。
んで、若干メガネのレンズとコンピュータグラスのレンズ(←度が入っていないのにレンズと言うのか?)が接触します。
だから毎日使っていると、メガネ側のレンズに傷がつかないかなぁ、ってところが心配です。


今日、午後からずっとこれを装着して使ってみましたが、
ちょっと重い感じはしますね。
でも、目の負担がだいぶん軽減されました。
もう、装着する前と装着後、まったく違います。
コンピュータグラスを装着して、しばらく経ってから外すと、
モニターのバックライトが刺激物に思えるくらい。

いつもなら夕方4時から5時くらいが目の疲れのピークでしてね。
目によく分からん光が一瞬見えたり、もちろん蚊みたいなのが飛んでいるのはしょっちゅう。
偏頭痛が起きたり、吐き気が起きたり。
そういうのが、今日は全くありませんでした。

ま。夜になるとね。
もともとモニターの明るさを暗めに調整していたこともあって、ちょっと暗い感じはします。

んで、あと。
メガネとコンピュータグラスの間にすき間があるので、
ちょっと後の景色とかがコンピュータグラスに映りこんだりします。
ま。これは慣れたら気になりませんでした。

しかし。でも。まぁ。
もうこのコンピュータグラスは、仕事をするにおいては外せないアイテムになりましたよ。


えっと。
グリップなどがレンズと接触する以外に、もうひとつ気に入らない点。

コンピュータグラス

ケースがビニールです。
なんでハードケースじゃないんだろう。
こんなん、バッグに入れてちょっと負荷がかかったら、一発で破損しますよ。
仕方がないので。
今日は事務所のデスクの引き出しに入れて帰ってきました。


これで2,625円だったかな。
なかなかいい買い物をしたと思います。


これを装着して。うちの事務員さんに見せたら。
「これ、何ですか?老眼のやつ?」

失礼な。笑
WEB制作系の話 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示