FC2ブログ
2011/09/03

ドーっとつかれた。

ちょっと母を外に連れ出すだけでも、毎回こんなに疲れるのは、僕が歳をとったからでしょうか。笑
今日は、台風でしたが、時折強い雨は降ったけど、だいたいは雨やんでいましたので、
母を予定通り、外に連れ出しました。
その前に、一度トイレに連れていって、準備万端の上で。

ケアマネさん

まずは、自立支援のケアマネさんところ。
画像はパッチワーク処理をしています。
しばらくおしゃべりしたあと。
そこでコーヒーを飲んで。自販機に缶コーヒーが売っていたので、ブラックを買って。
母、ブラックでも飲めますのでね。
んで、せっかく自立支援のセンターにいるので、
障害者向けの広いトイレと、経験豊かなスタッフさん(ケアマネさん)もいることだし。
またトイレを借りました。

ほんで、アパートに帰って。
ちょっと間、休憩。
以前、病院のスタッフさんにお願いされていた、カレンダー。
デジタルのものは、新しくて。母の記憶に残らないようなので、
家にある、母が慣れている、日めくりを病院に持って帰ることにしたのです。

そして、病院に戻り。
予定時間を少しオーバーしたかな。
ちょうどおやつの時間に戻れたので、おやつを食べてもらって。
僕は、母の家から持ってきた日めくりを、今日の日付までめくっていくのです。

日めくり

あえて、母が今年はじめに救急車で運ばれた時。1月11日からめくっていなかったので、
えらい枚数の紙を、ベリっベリっと、ちぎっていきました。
そして、ここに日めくりを掛けておきました。

日めくり

んで、しばらくして。
そろそろかな、と思って、母をまたトイレに連れていって。
それが済んで、病院を出ました。
が。ちょっとしんどくなりましてね。
病院の駐車場で、車のシートを倒して横になっていました。
しかし。僕、昔からなんですけど、車の中で寝ると余計に気持ちが悪くなのです。笑
10分くらいして「やっぱ起きよう」となって。
きっとこりゃ明日も雨だろうし。今、行けるうちに、母のアパートの家賃を払いに行こう、と。
また、母の地元にUターン。
で、家賃を払って、大阪に戻るのです。
結局、家に戻ったの、6時を過ぎました。


明日。病院のお祭りなんですよね。
台風ってことで。

祭り。

屋外じゃなく、院内となりました。
ま。でも、楽しみです。

明日は、できればバイクのオイル交換もしたいから、本当はバイクで京都に行きたいのですけど。。。
やっぱ雨でしょうかね。


こう、母を外に連れ出す回数が増えるにつれ。
やっぱり、母は認知症で。
ま。以前よりは会話をしていても、いい感じになっていると思うのですが。
もしかするとこれ以上、よくはならないのかな、とか思ったり。
んで、ある時期から、認知症が進行して、いつか僕のことさえも記憶になくなるのかな、とか。

今年の最初、危篤状態から復活した時、しばらくの間、僕のこと誰か分かりませんでしたし。
充分、それはあり得る話で。
あの時の感じにまたなっていくのかな、とか。

特に、病院のスタッフさんと話していてね。
「お母さんの話すことを否定しないでください。この方の場合は、否定すると火に油を注ぐような感じで、余計に収集がつかなくなります」
と、スタッフさんがよくおっしゃるのです。

うーん。スタッフさんと僕じゃ、立場が違うし。
そんな何でもハイハイっていうの。どうなんだろう。
って今まで思ってね。アカンことはアカン。でも、なんでアカンのか。
忘れてもいいから、根気よく説明して。
一応その場では納得してもらう。
って感じで母と接してきたんです。
母は他の人に意見は聞かないけど、僕の意見だけは聞いてくれますので。
僕がちゃんと、真正面から母と向き合わないと、母はきっと孤独を感じると思うのです。

ただ。こうして、母を外に連れ出してね。
いろんな人に会ってもらって。
そして、病院のスタッフさんといろいろ話しながら。

もしかすると。これ。また。
僕が、母の認知症って事実。
頭では分かっているけど、ちゃんとハートで事実を受け入れる。
そういう勇気が必要なのかな、って。

以前、叔父にも言われました。
「お前、自分が納得したいから、毎週土日、病院に通って、親を外に連れ出して・・・ってやってんねやろ?」


そうなんですよね。
僕は、自分自身が納得したいから、毎週土日病院に通って。
時には病院のスタッフさんとやりあったりするのです。


えっと。
ま。でも。
僕はまだまだ、修行が足りんですね。
うん。笑。
ただの日記 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
« お祭り。 | HOME | 台風。 »