FC2ブログ
2009/07/20

創立記念パーティ。

今日は、公私ともども仲良くさせていただいている、株式会社星湖舎さんの創立記念&新事務所移転パーティに行ってきました。
まぁ、なんてたくさんの人だこと。
人に酔いそうだったので、適当に帰りました。笑
(社長、すみません。こっそり帰っちゃいました)

しかし。あれです。
今日は谷町9丁目まで行ったのですが、
普段なら、京阪を使って天満橋まで。そして谷町線に乗って、谷9まで。
こういうルートを取るんです。
でも、今日は自宅から大日まで自転車で行きまして、そこから谷町線1本、
というルートにしました。
なぜかと言うと。
ちょっとお祝いの品を買っていこうと思いましてね。
せっかくなら大日のイオンまで行こう、と。

で、大日のイオンに初めて入ったわけです。
「まぁ、なんてたくさんの人だこと」
笑。

っていうか。
ぼくは昔から思うのですが。
みなさん。せっかくのお休み。
なんで地元の大きなスーパー(ショッピングモールとも言う。笑)に行くのでしょう。
なんかあるでしょ?
梅田に出るとかさ。枚方パークに行くとかさ。

ぼくはこの現象を、民俗学的ドーナッツ化現象と呼んでおります。
嘘です。

ま、去年の年末とか。
枚方のバーで呑む機会があったのですが、
そこで働いている女の子たちに「なんで枚方の店なん?」と聞くと、
逆に不思議がられまして。
「ウチ、ずっと枚方から出たことないねん」という返事でした。
ま、もちろん梅田とかミナミとか行くことはあるけど、
それは年に数回だそうで。

んで、昔。伊丹に住んでいる女の子にも同じようなことを言われましたね。
「ウチ、伊丹っ子やから、買い物とか全部伊丹で済ますねん」とか。

ほんで、ぼくが普段お世話になっている歯医者さんの歯科助手さんもそう。
寝屋川で生まれて、寝屋川で育って、寝屋川で働いているって。


ぼくの感覚だと、それが不思議でしてね。
ぼくが京都に住んでいた時は、休みの時とか友だちとよく四条に出ていたもんです。
神戸に住んでいた時も、三宮や元町に出ていましたね。
大阪に越してきてからは、職場が梅田だったこともあってか、
休みの日くらいは家の近くで。。。

あ、そっか。これだわ。
地元の人対象の大型ショッピングモールが流行る理由。
要は、その近辺の住民のほとんどをターゲットにしよう、って考え方か。
日常生活を地元だけで過ごす人。
普段は梅田とかのオフィス街で働くけど、休みは地元にいる人。
んで地元の中学生や高校生。
ある程度の人口さえ整っていたら、大型ショッピングモールにすることで、
これらの人をみんな呼び込めるわけですよね。

ただ、これって、大日のイオンや、マイカル茨木クラスの、
「そりゃ大きいわ」ってなショッピングモールだと納得するんですけど、
普通の大型スーパークラスだと、
「休みの日くらい、もうちょっといいところに行けよ。そこの高校生カップル~!」
と思うわけでして。
特に、寝屋川のアルプラザの中の、マクドとかで
妙に後ろ髪が長い、チャラチャラしたヤンキーちっくな高校生とかを見ると。
「だっせ~。君ら、その格好で茶屋町とか行ってみ、浮くで」
と思うわけです。


とかとか。
今日も、どうでもいいお話でした。
はい。
笑。
ただの日記 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
No title
僕の場合は、よそに行くのが面倒なんで
近場のスーパーでええです。交通費いらんし電気代かからへんし。
帰るのもスっと帰れるし。
あんまり買い物とかに無頓着なんで、どこ行っても一緒やんって感じで。。。それやったらすぐ傍でええみたいな(笑)
今ならぼくもそうです。
わざわざ人の多いところまで出て…って気にもなりませんし。
んで、今、アマゾンとかで、普段お店とかで手に入りにくいもの、買えますしね。
CDとかなら、メール便で来るから、家に帰ると玄関ポストの中に入れていてくれるし。
便利になったもんだなぁと。

んで、この歳になって、四条とかミナミとか行っても仕方がないですしね。
やっぱり若い子らの街だと思うので。
ただ。。。
北新地は別です。
あそこは、オジサンたちの夢が詰まっています。
嘘です。
笑。

管理者のみに表示