FC2ブログ
2011/11/08

新しいポメラ

ポメラ

キャプチャはデジタルメモ「ポメラ」より拝借。

ライターさんやテキスト打ちをよくされる方には必須ともいえるアイテム。
キングジム・ポメラに新機種が出ました。

僕的には、普段そんなに多い量のテキストを打つこともなく。
たとえば喫茶店やどこかの待合室で、カタカタと原稿を書いたりすることもないので、
このポメラっていうアイテムは、興味はありましたが
購入などは考えたこともありませんでした。

が。
今回のポメラは違います。
ま。前のポメラみたく折りたたまれたキーボードを出す、っていうギミックがなくなり、
まるで、富士通のLOOX Uや、ソニーのVAIO Pみたいな外観。
液晶がセンターにあって、両脇の余白が無駄そうに見えるのは、LOOX Uみたいな。
でも、この外観なら普段持ち歩くバッグなどに入れておいて、
喫茶店とかでさっと出して、コーヒーを飲みながら、カタカタってキーを打っても
そんなに違和感がありません。

いや、僕はそれより。
ひとつ。きっとこれ買っても使わないだろうなぁと分かっているのに、
うわ、欲しい!って思えるポイントがあるのです。
それはこの新しいポメラが、親指シフトに対応しているってことなのです。
はい。ただそれだけ。


まだワープロ専用機が市場にあったころ。
僕はずっとオアシス、親指シフトモデルを使っていたのです。
もちろん、こうしてPCで文章を連ねているので、ローマ字入力もスラスラ打てたのですけど、
たまたま。間違って買ってしまった親指シフトオアシス。
(↑そう。実は上新電機のバーゲンで特売していたワープロを買ったら、なんかキーが違う。
親指シフト???って感じだったのです)

最初は、なかなか上手く日本語が打てなかったのですが、
3日目くらいから、スラスラと打てるようになり。
すると面白いことに。
肩がこらない。頭に浮かんだ文章を、ローマ字入力に比べてロスなく打てるようになりました。
大学の懸賞論文も、卒論も親指シフトオアシスで書いてました。


でもね。時が経ち。
ネット時代になって。
こうしてほとんどの作業をPCでするようになって、
親指シフトキーボードに触れること、なくなっていったんですよ。
ま。やろうと思えば、親指シフトキーボードを買ってきてね。
PCにつなげれば親指シフト配列で打てないこともないのですけど、
親指シフトキーボード、確か高かったですしね。

とかとか。


なんせ。あれです。
僕がオアシスを触らなくなってから、十ウン年。
こんな形で、新しい親指シフトモデルに出会うとは、、、って感じです。
欲を言えばね。
親指シフトでも、スペースキーの手前に「変換」「無変換」があるタイプが好きでしたが、
ま。仕方がないですね。JISにも対応させないといけないし。


あぁ。どうしよう。
買う必要がないアイテムですが。
親指シフトってだけで、気になります。笑
その他(デジモノ関連) | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示